今日の殺虫日記 8月22日(金) 


 ということはひょっとしたらかの友人を知っている、と。・・・世間の狭さに最近驚きっぱなし。

 居間でごろごろしていたら、ばあちゃんが血相変えてやってきて、「庭の山茶花についた虫を駆除してくれ」とのこと。Gでもでたのかしょうがあるめぇ〜などと、軽い気持ちで庭に降りてみると。

 一見何もいないように見える山茶花の古木。そう、余りの古さに白い苔まで・・・ってちょっと待て。
 顔を近づけてみると、それは苔どころではなく・・・細くて小さい毛虫の群生・・・もう、一時期世間を恐怖のどん底に叩き落した蓮コラ並み。木の幹一面にびっしり。キモい、キモいって・・・
 さらに、絶句した私の鼻先に、すーっと降りて来る白い糸。その先には当然・・・虫・・・
 上を見上げると、枝の先高さ3,4メートルのところまで、びっしり・・・太陽の光を浴びて輝いている・・・

半泣きになりながら、高枝切バサミとはしごを駆使して下から3分の2くらいは新聞紙の上に叩き落して金属の箱に押し込んで焼き討ち・・・でも多分、上のほうに避難したやつがそのうち繁殖するんだろうなぁ・・・

 蓮コラ程度なら平気だったんですが、小さいのが密集して、しかもうねうね動いてる図は想像以上に精神にきました・・・

今日の苦戦日記 8月20日(水) 


 某スパルタ有名進学校に通う中二の従弟の数学の宿題に苦戦する屈辱。

 てか私に聞くなよ。昔から数学はヘッポコなの知ってるでしょあんたら。数学なんてここ3年いじってないよ?いや、現役のときでもダメダメだったよ?数学と世界史の偏差値で20差が付いたこともざらだったんだって。ちなみに自己最高格差は世界史・数学の29前後。
 まあ、私の友人には数学一位・英語最下位近辺とかの「文系」もいたわけですが。

今日の現視研日記 8月19日(火) 


 朝の更新が終わったら一眠りしようと思ったのに。実家の人たち、朝早すぎ。
 ・・・つまり実家にいたころはいつも私が平均就寝時間を一人で遅くまで下げてたのか・・・

 ま、それはどうでもいいや。とりあえず、おそらくげんしけんの舞台となったと思われる大学にいってきたので、今更レポでも。なお、スキャナとかのステキアイテムは持ち合わせていないので、各自お手元の単行本と比較してお読みくださることを推奨しますよ?


 そこは、こんな感じの山の中。一応都内。

 一巻4ページ。時期が時期なら新歓などで賑わっているはず。

 一巻12ページ。惜しくも、最近渡り廊下がつけられたそうで完全一致とはいきませんが。

 一巻38ページ、食堂・・・の天井。訪問時は休業中のため、写真が暗い・・・

 一巻39ページ、食堂の禁煙看板。なお、そぼろ丼は実在しません。後あの丼は本当はうどん用だとか何とか。

 二巻4ページ、一コマめ。模擬店が出てる場所は駐車場で、本当は模擬店出ません。

 二巻11〜15ページのベンチ。ただし、

 手すりのみ上の階のものが合成されてます。

 二巻12ページ六コマめ。

 二巻19ページ一コマめ。しまった構図間違えた・・・


 二巻30ページ一コマめ、二コマめ。

 二巻121ページ〜。

 二巻126ページ、改札。

 ・・・自分でやってて暇だなあと思う。あと何箇所か自分で撮っといてどこのシーンだかわからなくなったところもあったり。


 ここらへん。
 案内してくれた友人いわく、「さらに部室の中が作中レベルのサークルも存在する」らしいのですが、さすがにそれをとるわけにはいかず。後秋葉原と有明の写真(おりよく聖戦中)があれば完璧ですけど、そこまで完璧を期すこともないでしょう。帰省しちゃったし。 

 で、肝心のモデルとなったこの大学。中央大学多摩キャンパスです。隣に動物公園駅(京王多摩動物公園)があり、山の中だけど都内で新宿まで20分。地勢的にも完全一致。

なお、中央大学には、「げんしけん」が始まって以降、本当に中央大学現代視聴覚文化研究班なる組織ができてしまったそうで。ええ、その存在も確認してきましたとも。サークルポスト?に燦然と輝くその御名。おそるべし。

 おまけ。帰り道に見つけたカブトムシ。友人いわく普通にいつもいるそうで。・・・本当に、恐るべし・・・

 追記。「現代視覚文化研究会」そのものは筑波大学に実在し、作者もそこのOBだから舞台は筑波大学ではないのか?という指摘を現役筑波大学現視研の方からいただきました。
 筑波大学にもモデルになっていると思われる風景が存在するようなので、ここだけが舞台でないということを追記しておきます。
 あ、筑波大学に現視研が存在することは知ってました。多分、実際のモデルは両大学のミックスなんでしょう。元ネタ筑波、立地と外観は中央、みたいな感じで。
 ということで、指摘、ありがとうございました。

今日の帰省日記 8月19日(火) 


 例によって東海道線で9時間かけて京都に帰省。西に行けば行くほど、気温と湿度が上がっていく様にびっくり。ていうか東京気温低すぎ。そして京都湿度高すぎ。

 で、実家。例によって妹にまたがって気持ちいいとか言わせたり(マッサージです)、犬と戯れたり、パソコン関係の仕事を大量に溜め込んでいる父に待ち構えられたり、弟に冷静な突込みを入れられまくったり。三食洗濯が何もしなくてもしてもらえるってありがたいなあ。

 そして、逆に実家のネット環境貧弱すぎ。タブブラウザが威力を発揮できないっていうか巡回以前にサイトを開くのが一苦労ってどういうことよ。

 聞いていた人の半分以上が身内と言うか、後の半分は一体・・・?なラジオ、無事終了。今度こそもっと計画を練って事前に告知して身内以外でもわかるネタを・・・って一ヶ月前も同じこといってたよなあ、確か・・・
 どうでもいいけど聞いていた人たち。あの中で私以外の3人は801属性持ちかもしれませんけど、私は、私だけは違いますよ?こればっかりは本当に。

 世間・・・マジで狭いよ・・・ 。京王・井の頭・小田急沿線(すなわち私の行動範囲)の住人さんって結構多いのか・・・?本当に一度お会いしてみるのも面白いかも・・・私は別に面白い人間でもないですけど・・・
 しかし、私は「ネット界有数の武道派お兄さまな管理人」なのか・・・結構謎な称号だ(笑)。あ、なお漢の園だったのは高校までですよ?今はちゃんと女子もいる中で練習してますってか漢の園継続がいやで合気道をチョイスした軟弱ものだったり。女の子の袴姿見放題。もうさすがに見飽きましたが。後見とれてると死ぬんでそんな余裕ないですけど。

げんしけんレポ、書こうかと思ったけど実家のネットのヘッポコさに延期。時間食いすぎ。次回更新時には書きます・・・

今日の丼日記 8月15日(金) 


 大雨の中、死地に赴かれた皆様、お疲れ様でした。いくらなんでも大雨洪水警報の中でのコミケは今までになかっただろ、などと思いつつ。

 私は堅気の友人たちと池袋のナンジャタウンで一日大学生っぽく遊んでいたわけですが。プリン博覧会のプリンをほとんど制覇して、ビールプリンまずい〜とかタロイモヤバい〜とか言ってみたり。餃子スタジアムで全餃子制覇して餃子マスターになってみたり。アイス博覧会でいしるアイス(イカの内臓アイス)生臭い〜とかレタスアイス青臭すぎ〜とか行ってたり。なんかこの年になって集団でメリーゴーランドなんぞに乗ってみたり。なんかもう凄く健全に遊んでいたわけですよ。

 ・・・ほとんど食いっぱなしだったのは気のせいではないですが。しかしお盆だというのにやたら混んでましたね。雨が降ってるから室内型のところに人が集まってたからかもしれませんが。係員の人曰く「本日は一年で一番混みあって〜」だそうですから。まあ、二日後に突入する人の海に比べると何ぼかマシですが。

 混み倒してることもあり、やたら狭い空間にやたらいろいろ詰め込んだ感があり、雰囲気とあいまってなんか高校の文化祭みたいなテイストの漂う場所でありました。昭和30年代を意識したとかのコンセプトもいかにもでしたし。それすなわち、私的に嫌いじゃない。なんと10時にはいって21時まで遊び倒してしまいました。室内だから時間間隔がないというのも一つの原因ですが。

 で、そんな本日の目玉は

プリン丼です。民間伝承に「プリンに醤油をかけたらウニの味がする」なるものがあります。ならばすなわち、ご飯にプリンをのせて醤油をかけたらウニ丼になる・・・んじゃないかなあ、という至極妥当な発想のもと、しかしそれを売り物にするのはどうかと思われながらも人気メニューになっているという代物。なお、3人でとりに行って「プリン丼9個」と頼んだら、レジのお姉さんが一瞬硬直したことからその内容が推して知れましょう。

 で、肝心のお味の方ですが。その前に見た目ですか?一瞬卵豆腐かと思いましたよ。むしろ思いたかったですハイ。それはさておき、ふたを開けた瞬間に襲ってくるバニラフレーバー。やはりプリンはプリンです。この臭いを消滅させるためには醤油をかけるしかありません。ダバダバと。健康に明らかに悪そうです。そして意を決して一口。
 ・・・んー、意外にも食感は確かにウニかも・・・と思った瞬間、再び邪魔をするバニラフレーバー。まるで代用高級食へと貶められることに対するプリン最後の抵抗のように強烈な自己主張。んで、後味に残る塩辛いバニラ味。かき混ぜられてぬるくなるプリン。そしてドロドロのグチョグチョの内容を見てますます萎える戦意。こみ上げてくる思い。となにか。

 ・・・結論から言いますと、とても食えたもんじゃない、と。ものすごく醤油をかけたら、確かに一口目はウニの食感だけはするんですよ?・・・相殺ではなくて味の上塗りなので根本的解決じゃないですが。何よりも後味のバニラがもう・・・ダメです・・・

 結論として、あんなもん食うもんじゃない、と。なお、一杯380円です。ここまで読んでやる気のある方はどうぞ。
 なんか、コミケ行かずにまでやることかどうか、自分でもはなはだ疑問に思えるのですが・・・まあ、いいや。
 しかし、プリンと餃子とアイスで3000円オーバーも使うのはどうなんでしょうかねぇ。いくら戦力があっても足りないバトルがもうじき控えてるのに。まあでも、殺伐とした戦いの前に心の洗濯を行うことは限りなく重要だと自己弁護して。今日の堅気の友人たちとの語らいは、明後日の戦いの糧なのです。

 で、これで大学の友人向けの私はしばし休眠。これよりしばらく、完全にオタ野郎某氏ですよ?やる気満々ですよ?

 ・・・とか言いながら、相変わらずの雨天に二日目に行くかどうか激しく迷っているというかなんか行くの中止して三日目に戦力を傾注しそうな自分がちょっとチキン。

今日の立案日記 8月14日(木) 


 おかしい。

 明らかに予算オーバーしているのだが何故だろう・・・

 まあ、全部は回れなくてとんとんになるんでしょうけどね。

 あ、初日は行かないですよ?なんか友達に誘われたので池袋に行ってきます。女性に誘われたら行くしかないでしょう。
 ・・・三日目は別として、とか平然と言ってのけるあたり、私ももう末期ですが。

今日の清掃日記 8月13日(水) 


 塵芥戦術を取るいろんなものの掃討、一応完了。これで私以外に後二人は入れる、はず。

 つーわけで、そろそろ皆さん集結に向けて策動中ですかねー。などと巡回しながら思ったり。

 私は三日目メインで二日目からの参戦となりますが。てかうちに泊まりに来る連中が揃いも揃って二日目メインとか公言して憚らないのはどういうことだ。

 あ、そうそう。15〜18日のいずれかの夜にねとらじをやる・・・かもしれません。前回某所で犯したようなミスはなければいいなあ・・・と思いつつ、まだ何も決めてないあたり失敗しそう臭ぷんぷんって言うかそもそもコミケ中に誰が聞く余裕あるんだそんなもんって言うかここと規模が桁違いな某所で告知して17人だったらここでただこれだけ言っただけで何人が聞くんだとか非常にだめぽですが。

 ・・・一応、まだ予定は未定なので・・・一応前日あたりには何か連絡するっぽい。

今日の脱兎日記 8月12日(火) 


 コミケのために上京してくる友人を迎え撃つために掃除するために箒その他を買いに行ったことで一日終了。さて、掃除は間に合うのかどうか。

 あと、なんか最近装用感が非常に悪かったコンタクトの交換にも。

 なんてことをしてると、母校は出身部から部刊誌が届く。担当者のサボりにより2年ほど発行されてませんでした(よくあること)ので、懐かしさから読みふける・・・

 ううむ、いい意味でも悪い意味でも全然変わってないのな・・・さすがに、名前と顔が一致しない後輩とか顔を知らない後輩の名前が大部分を占めるようになっているんですが、それでもなお知り合いかと錯覚するばかりの現役当時の自分たちと同じようなノリ。てか私や私の同期たちのOB自由原稿提出比率高すぎます。とか言いながら私もしっかり書いてるんですけど。

 我が部は基本的に毎年、部刊誌を出して文化祭の発表内容の保存と、自由原稿による各自の言いたい放題とを発信しているわけですが、なんか最近中学生たちの間に我々の時代のバックナンバーが大人気なようで。教祖様なんかこっちは名前も知らない8歳年下に顔覚えられてるらしいし。将来が楽しみではあります。
 しかし、部室に顔を出すたびにそんな年の差があるのに後輩たちと親しげに話をしている我々の精神年齢って一体・・・

今日の疲労日記 8月11日(月) 


 合宿終わって一日たって。

 身体が動かねぇ・・・腕が肩が腰が足が・・・重い・・・
 自らの老化っぷりを感じながらゴロゴロ。

 というわけで、5日ほど熱血してきましたですよ。

 一応現役最後ということで、本当にいろんな意味で熱血。怪我が完治しないままに合宿になだれ込んだり、初段審査のしかも先投げの投げのときに痛み出したものの、そのまま見てた後輩やらから「ものすごく痛そうでした」などといわれながらも最後まで完遂したり。武器と多人数は地獄の苦しみでした。いや、まあ受かったからいいんだけど。これで黒帯か・・・なんか、まだ実感が・・・
 そして、師範の観察力に脱帽。いろいろと。

 このサイトで一時期鬱を撒き散らしていたように、初段に関してはいろいろなごたごたがあった末での挑戦だっただけに、いろいろと思うところが。それと同時に、達成感と虚しさと。いつも私以上に元気で私以上に打ち込んでいるドッコイ君が合宿打ち上げのコンパで同じように虚脱していたりしたのが印象に。二人して、結構騒いでいる後輩たちの間にも溶け込めず謎の寂寥感に覆われて。去年まで大体合宿では飲んで飲んで飲みまくった挙句二人して撃沈されていたうちの代の馬鹿筆頭が。
まあ、これで何かが終わったということですか・・・すぐに続編が始まるとはいえ。

 一休みする間もなく故郷から友人どもがやってきて、夏コミへと突入するわけですが。おかげで合宿からほどよく休みを挟み、体力的には無敵の状態で有明へと殴りこむわけです。「人ごみで突進してくる相手を制する方法」やら、「バーゲンで人を掻き分ける方法」やらに応用可能なものをいろいろと師範練で教えてもらいもしましたし。護身技なんかも散々練習しましたし。くっくっく・・・
 ・・・実践はしませんよ?きっと・・・

 とりあえず、ここ数日はつかの間の休息を楽しむことにします。有明に行ったあとは故郷に帰って妹君の宿題を手伝わなければならないらしいので。

今日の帰還日記 8月10日(日) 


 というわけで、無事天国に(いろんな意味で)一番近い場所から帰還。

 無事初段は取れましたが、現役一応最後の合宿が終わったことでいろいろと思うこともあったり。とりあえず、本格的な更新はもう少し休んでから・・・

今日の旅立日記 8月5日(火) 


 明日から日曜日まで、合宿に行きますので更新はないです。なんか16万を合宿中に超えそうというか今日中に超えそうですが、祝辞を下さるような奇特な方がいらっしゃいましたら、反応とかできなそうなのでよろしくお願いします。

 今回はついに初段審査ということでかなり憂鬱だったり。自分の武器のへっぽこっぷりとかは自分がよくわかってますから。八方斬りの改善は何とか間に合いつつあるとはいえ、杖とかはボロボロだし。まあ、全てをぶつけてきますが。

 というわけで、明日。初日なんで多分平和。明後日。100×5。自分よりは一年が辛そう。明々後日。初段。実質最終日。まわってまわってまわるだけ。飲んで飲んで飲むだけ。帰還日。多分ヘロヘロ。などという日程になっております。

 昨日は強化練最終日。一昨日ほどではないにせよ一年で倒れるの続出。っていうか私自身が負傷行動不能だったのですが。その中で一人、女の子が右手をおさえてリタイアしたのです。でまあ、股関節やっちゃってろくに動けなかった私が面倒見たりしたわけですが。
 私:「どうした?」
 後輩:「あ、ちょっと腱鞘炎で・・・テーピングします」
 私:「その年で腱鞘炎か・・・勉強しすぎ?テストとかで?」
 後輩:「いえ・・・そういうわけじゃないんですけど・・・」
 ここで私の中に浮かんだ疑念は原稿?の二文字。こっちから「・・・二日目?」とかいうわけにもいかないので流そうとすると、なんか急に饒舌に説明しだすですよ。「ちょっとレポートで・・・」とかいろいろ。

 練習後、彼女がどうやらそういう人ではないのかなあという噂が一部にあることを知ったり。なんかそれっぽい雰囲気は確かにかもし出してるんですよねぇ。私が言えた義理じゃないけど。
 ・・・合宿の次に遭遇する場所が有明だったら笑えますが・・・

今日の負傷日記 8月2日(土) 


 強化練一日目終了後。なんだかんだで結構筋肉痛とかなったりして、あー俺もまだまだだなーとか思いながら風呂入って就寝。
 翌日。なんか全身いたいなーとか思いながら起きると、一点、明らかに筋肉痛になりえない場所が痛いことが判明。要は関節。この時点ではまだただの疲れかと楽観視してたのですが。

 受身とかまわりだすと大変。右側は130度くらい曲がるのに、負傷した左側は90度曲げると痛くて痛くてたまらない。かばいながら回ったら今度は変な力かかって右足攣るし。

 武器の間は騙し騙しやってましたが、跳び受けとか絶対無理なので離脱。その旨主将に伝えると「いや、早く冷やして来いよ。コールドスプレーあるぞ」

 ・・・ああ、できるだけ冷やしたかったよ。

 負傷場所がmyICBMの発射台付近でなければな。
 つーわけで左股関節が炎症起こして階段上り下りとか正座とかの動作だけで激痛が走る状態に。審査一週間前なのに。強化練の最中なのに。最悪・・・

 でまあ、離脱して更衣室でコールドスプレーとかかけたんですが、ドキドキしましたよ?男の火薬庫に誘爆しないか。昔エアサロンパスを太ももにかけたときに一度火の粉が主砲にかかって地獄の苦しみを味わったので慎重に慎重に。これで新しい道に目覚めたりしたら大変ですから。

 ・・・なんつう下品な日記だ・・・いろいろごめんなさい・・・それにしても・・・あー、凹むなあ・・・

 私信:ウチも実家は昔下宿家やってたけど例外なくお兄さんデシタヨ!クワー!(ぇーとのことで。隣の家も下宿屋で、お隣は男子学生向け、うちは女子学生向けだったのですよ。今にして思えば一軒ずれただけの幸運。
 さりげなく私の過去にはいろいろと素敵なシチュエーションが埋まっているんだなあなどと、ぽろっと過去ネタ書いた翌日なんかには思ってみたり。私のことを大体知ってる友人なんかに言わせますと、「・・・大体事実だがなぁ・・・お前、無駄なことに文才使ってるだろ・・・」という感じになるらしいですが。一応、全部事実です。事実を羅列したらこういうことになるわけなのが我ながら不思議。
 妹君ネタ、下宿のお姉さんネタ・・・あと・・・
 まあ、おいおい書いていく方向で。しかし・・・なんでこれだけのネタがありながら自分は今寂しくこんなもん書いてるんだ・・・?
 それが私の力不足か、現実と虚構の壁かは知らないけれど。
最近の日記へ

ばっくとぅとっぷ

今日の二重日記 8月30日(土) 


 まずは、これを見てください。まあ、NTTの請求書なわけですが。

 見えにくいと思うんで、クリックすると拡大。

 ・・・我ながら、この金額はステキすぎると思うのですがいかがか。通常ありえねえよ。普通にネットにつなぎっぱなしだったのに。

 ・・・まあ、種を明かせば単純かつ間抜けな話なんですけど。

 NTTからの電話でたたき起こされたわけです。6時に寝たのに10時ごろに。で、寝ぼけた頭に「NTTですが**(本名)さんでいらっしゃいますか」といわれて、とりあえず脊髄反射で「あー何月分の滞納ですか?すいませんすぐ払います」なんて相手のお姉さんが何か言う前にさっさと言ってしまうあたりに私の私生活における自堕落っぷりがにじみ出ていますが、それに返ってきたのは予想外の言葉。
「いえ・・・滞納じゃなくて、ですね・・・逆なんです・・・」

 思わず、「・・・は?」とか返してしまいましたよ間抜けにも。お姉さんは続けて、「実はですね・・・6月分が二重に払い込まれていることが発覚いたしまして・・・」
 ちょっとまて。払い込み用紙って普通一枚しか来ませんよ?どういう器用な技を使いましたか自分?
「おそらく、お客様が払い込まれた直後に払い込み請求のはがきが行ったのだと思われまして・・・」
 ・・・あー。確かに、公共料金の振込み期日とは用紙に書いてある日ではなくて収めないと電話なり電気なりが止まる日である、と認識している私が、とりあえず金が入ったときに日付の古い方の払い込み用紙から払いを済ませる、というのはよくあるパターン・・・あれ?
「でも、一月に一度づつ払ってたはずですが・・・」
「7月分が振り込まれていませんので・・・おそらく、勘違いなされたのかと・・・」
 ・・・よく、今まで止まってなかったな、電話・・・
 お姉さんはまだ続けます。「それで、7月分の方が6月分より代金が大きいので、相殺ということにして差額を払っていただきたいのですが・・・」

 ・・・というわけで出てきた差額が上に載せたものです。自分の適当っぷりに感嘆しきり。こんな値段の電話料金請求書、ここまで適当じゃないと手にすることできないんじゃないですか?そりゃニュースの雑学のとこに書いたけどあずまんが大王チェック大阪だよコンチクショウ。  

 ・・・ダメ人間で・・・ごめんなさい・・・

 私信っつーか勝手な反応:えらいは関西でも使うような気がしますと私自身が使っているだけだったらアレなので参考。私自身は関西弁のような京都弁のような標準語のような(というか小説のようなある意味文語体)よくわからない言語を使う人なのですけれど。

 その二。妹さんのご結婚、おめでとうございます。うちのあれにもそういうときが来るんでしょうねぇ・・・こないとそれはそれで問題だし。
 今はまだ、反抗期突入で両親と妹君双方から完全に中立(というか遠くにいるから巻き込まれようがない)の私に愚痴だの相談だのが舞い込んで来るような時期なんで、まだまだ先のことでしょうけど・・・

今日の妄言日記 8月29日(金) 


 極東某国の、世界最高性能を謳われつつ度重なる改修要求のせいで採用は遅延、結局ろくな活躍もできなかった艦上攻撃機とか、某合衆国初の実用ジェット戦闘機として文句なしの性能を持つものの、大戦には間に合わなかった最新鋭機
 よく見なくても、その二つの名前が同じ(日本語英語は別にして)であることがわかります。飛行機の命名に使えそうなイメージって、大体限られてるんですかねぇ。

 ・・・別に、この二者の名前を、度重なる延期で、果たして間に合うのか、というか完成するのか疑問な例のメーカーに掛けている訳ではありませんよ?

 ・・・なお、極東某国のほうでは改修要求の嵐のうちに戦局は悪化の一途をたどり、最終的な生産数はわずか111機。
 某合衆国の方も大戦終結までは5000機の注文が入っていたものの、戦争終結でその生産数は大幅に削減されてしまいました。というのは上で張ったデータベースに書いてありますが。さあ、どうなる第三の流れ星。

 教訓:姓名判断とかって会社とかの場合にも大事、かも知れない。

 だからって社名をムスタングにしたらめっちゃ早く納期を守る、ということもないでしょうけど。(ムスタングは設計開始から102日で試作原型機が飛ぶという超早業)

今日の再起動日記 8月28日(木) 


 なんか巡回するサイトが少ないと思ったら、tripodの消滅時期ですか。はやいなあ。アンテナとリンクの修正しないと。

 久しぶりに稽古へ。大会の練習のため、筋肉の方の副将と初合わせ。
 か、身体が重い・・・ブランクがあるとすぐ鈍るな・・・
 技は片手両手、私は投げなわけですが、副将がものすごい勢いで駆け抜けてきてものすごい勢いで跳んで受身を取ってくれるので投げていて非常に快感。入り身とか。呼吸投げとか。小手返しとか。
 彼いわく、「お前の技は回転量がでかくて疲れる」との事なので、とりあえずものすごい威力をアピールできたらいいなあと。

 後はドッコイ君と組杖で打ったり打ちかけたり、突かれたり突かれかけたり。楽しい。でもむずい。そしてたまに死ぬ。だけど面白い。

 その後、夏の恒例、スーパージャンボかき氷。西の方に存在するエベレストなんかは団体用ですが、これは個人用。ラーメン大盛り用の丼に標高30センチはそそり立つかき氷。3年にもなって挑戦する自分はちょっとバカ。そしてタイムが去年より縮んでるのはさらにバカ。

 うむ、久しぶりに健全な一日。

 あ。激しく証文の出し遅れですけど、一応一昨日の証拠ね。


 ・・・健全なはずの一日が・・・なんか最後の最後に・・・

今日の撤収日記 8月27日(水) 


 寄生帰省終了。
 新幹線の中で隣に座った真昼間から出来上がってるおっさんにコーヒーとか奢られて、酔っ払いの戯言につき合わされつつの帰還。妙にラテン系な・・・

 しかし、やっぱADSLはいいなあ。実家のISDNにいらいらしてから帰ってみるともう。人間、自分の恵まれた環境なんか下の環境を見ないと実感できませんか。

 あ、 例のアレ、敢行しました。5辛で。領収書も取りましたよ?
 ・・・ただ、デジカメのケーブルを実家に忘れていたことが判明しましたので領収書は明日に・・・二日遅れ・・・ごめんよ水月。

 なんか、我が忠勇なる同行者・カレーの奈良様(過去の7辛経験者・なんか変なトッピングマスター)が、カレー本体の写真は撮ってくれてたのでつなぎにはそれでも載せときますか。

 なお、この間の所要時間10分。時間を置くと辛いのが染み渡るため、無言の電撃戦を敢行。

今日の縁日日記 8月26日(火) 


 正確には25日な訳ですが、近所の某天満宮の縁日に連れて行ってと妹君にせがまれたので二人で行ってみる。なにやら、先月になかなかいい感じのかき氷屋など発見したようで。「今月も出てるかな〜」とのこと。
 とりあえず、「浴衣着てこい浴衣」とかいったら「そんなものないしあっても散歩みたいなのだから着ないよ」などと一蹴されてショボーン。ま、そりゃそうかもしれませんが。

 てなわけで、手など握ったり握らなかったりしつつ、ぶらぶらと某天満宮へ。中学へ入ってからの妹君の近況報告とか、そんなのを話しつつ。ああ、こいつも大きくなったんだなあと思ったりするのは母君やら婆様の話題で反抗期っぽい感じがところどころに散見されること。あー、こいつ俺の妹だ思考回路が同じ・・・

 で、縁日など見てまわってかき氷とか水飴とかいろいろ奢ったり。弟君が金満勤労少年なので金銭面での兄貴面は彼の担当、私には何も期待されていないのが家庭内での悲しい現実とはいえ、それくらいはできるのです。目当てのかき氷屋で妹のパイン味と自分の青リンゴ味を時に奪い合いつつ縁日をうろうろ、帰宅。
 さすがに金魚すくいはできなかったなぁ・・・いや、まあ深い意味はないんですけど。

 帰ったら帰ったで妹の宿題の手伝いなど。私と違って随分と真面目に勉強している妹君に、そんなに完璧にしなくても〜などと思いつつ。完璧主義者でありながら親兄弟の力を借りまくりなところとか、突っ込みどころ満載ですが。とりあえず、私が試験勉強など3時間ほどして、「あーよく勉強した・・・今日はこんなもんにしとくか・・・」と、妙に達成感こもりまくりな言い方で口走ったところ、「・・・え・・・お兄ちゃん、たった3時間で勉強終わりなの・・・?私、夏休みは最低8時間は勉強するようにしてるよ・・・」と呆れられ。
 ・・・って8時間ってオイ。私がそれ以上勉強するのって、試験前か高3の時くらいでしたよ?しかもそれで部活のテニスも行ってるって・・・完璧超人志向か貴様・・・万能ネギ・・・?

「お兄ちゃんみたいな天才・・・かなあ・・・えっと・・・紙一重・・・とは違って、私みたいな凡人はそれくらいがんばらないとダメなんだよ」などと、微妙に引っかかる発言がありましたが、気にしない方向で。

今日の旧交日記 8月24日(日) 


 高校時代の友人たちと飲みに。面子が面子だけに非常にバカ楽しく。
 某先輩が昔と変わらず,生大一杯だけで絡み上戸と化したり,そこから無謀にも私に戦いを挑んできて勝手にダメダメになったり。まあ,彼のおかげで私以外はペースが低くてつまらんかと思っていたら飲みまくっても誰も何も言わなかったのでOK。

 で,二次会は例によってカラオケ。例によってアニソン縛り。愛国戦隊大日本とか勇者王誕生(Gバージョン)なんかの大合唱になる業の深さ。

 東京での普段の飲みでは味わえない楽しさ。アレな連中ですがやっぱ楽しいなぁ。