最近の日記へ

ばっくとぅとっぷ

今日の封印日記 1月30日(金)


 しばらく一人家に篭っていたのですが、そろそろ精神的に限界です。緊張の糸とかがプツプツと切れ始め。あー、勉強手につかねーよ。試験三日後なのに。

 緊張の糸をバッサリ断ち切った己を断つ剣はFateなわけですが。まだ、まだ開封してませんよ!?いくらなんでもその程度の決意は脆すぎ!
 ・・・なめるようにパッケージを推奨スペックから細かい注意書きから熟読してたり、とりあえず抱えて布団の上を転げてみたり、カッターを手にして開封しようとしては刃をじっと見つめてまたカッターの刃を収めたりとかなんかちょっとこの人危ないのではないかなあ的な行動で必要以上に時間を無駄にしてますけど!

 ・・・なんか壊れてるなあ。まあ、独り言以外丸四日ほど誰とも喋ってないからこうもなるか。その上昼夜逆転とかそんな生易しいものじゃなかったし。いわば生活サイクルがねじ切れたみたいな。つーわけでとりあえず人の事をなんか勘違いしているような正鵠を射ているような失礼なコメントを書いた男に反応してみたり。や、反論できないのは事実だけど。つーかまさにその通りなのが一層むかつくのですが畜生。
 などと、友人どもにきっぱりと「この巫女スキーが」みたいに断定されているあたり、なんか色々と問題がありますねえ。

 しかし、なんで巫女さんとか和服とか好きなんだろうなあ、自分・・・というか、和風な文化自体をかなり愛しているわけで。今もなんか抹茶とか点てながら更新してますし。眠気覚ましに。やっぱり育ちかなあ。実家が祖父の代まで西陣織織ってて、帯とか着物とか慣れてたしなあ。小一とかで一番楽しみなテレビが大河ドラマだったしなあ。

 原点とかといえば、12月に帰省した時に小学校は低学年の頃の文集とか発見されたのですよ、母君の本棚から。なんか、学年ごとに区内の小学校で一斉に作文を書かせて各小学校から男女一人づつ教師が選んで提出、文集にするみたいな奴。自分でも忘れていたのですが、どうやら私の作文が選ばれてたらしく。うむ、このころから才気走った児童だったというか20過ぎたらただの人というか。で?14年前の私は何を書いたのかな?

 「ぼくのいもうと」

 ・・・・・・現代の言葉で言うところの「生まれたばかりの妹萌え」が原稿用紙二枚半分、いかにも小学生な文体で書いてあったわけなのですが・・・
 ええと・・・私は、小学校低学年の時点でもうなんか破滅的な業を背負ってたのですか・・・?
 ううむ・・・そういえば、確かに小学校の時は妹にダダ甘だった気もする・・・

 中二〜高一あたりは逆に反抗期やら弟君の問題やらで親と衝突しまくってあおりを食って妹君にも「あの時期のお兄ちゃんは怖かった。余計なこというと暴れだしそうだったから」と後に述懐されるほど怖がられていたって俺は狂犬かなんかか妹よ。

 まあ、いいんですけどね。今は関係良好だし。誕生日とかのメッセージの宛名がお兄様であるくらいには。

 関係の改善点とほぼ同時期にこの(当時)少年が乃絵美とであって妹のかけがえなさとかを認識したとかいうのは多分関係ないと思います。ええ、きっと。関係が改善から急に良好に達した時期にシスプリの影が見えるとかも関係ありませんよ。本当に。多分、きっと。

今日の到着日記 1月29日(木)


 たった今、Fate到着。一月も半ばを過ぎたあたりで注文したのにしっかり届いたのでびっくりAmazon。

 最大にして最悪の問題は、月曜から魔の試験月間が始まって二月中は開封すらあたわないという致命的事実でしょうか。まあ、高3受験のときのAir一年間封印に比べたら楽なもんではあるけれど。あの時はほんと、前期受験が終わって東京から帰った瞬間にPCに向かってったからなあ。そして精神耐性が一年間のゲーム封印で退化しきっているところにあのエンディングを喰らってちょっと面白いことになってたり。
 つーわけで、もう既に更新頻度が下がってますがこれから試験なんで仮死状態になると思いますがよろしく。

今日の基本日記 1月26日(月)


 そして、予測どおり軽く風邪気味。頭痛い。

今日の追出日記 1月25日(日)


 なんとなく、本日飲みの席で後輩から聞いた心理テスト。
「四字熟語を二つ、上げなさい」意味に関しては後ほど。

 飲みがあったということは稽古か行事があったわけで。いや、なくてもしょっちゅう飲んでる気がするんですけど。それはこのさいどうっでもいいっつうかうるさい黙れ。
 というわけで、一つ上の先輩の追い出し、千本稽古。三年間、本当に色々教えてくださった感謝の念をこめてあと攻撃意思とかこめたとかこめてないとか。ビールの師匠を始め、本当にお世話になりました。
 ぱなそにっく先輩に打ちに行ったときに「お前強くなったな」といわれたのが嬉しかったり、その他色々と感慨。ただ、打ってるときに周りで見ている前主将が「さすがにあいつは重心低いなー」とか言ってたのが聞こえ、「それは・・・足が短いということなのか・・・」とかはまあどうでもいいことかなあ。あと、「ヤタ-!!978ゲトー!!」とか思いながら打ち込んでたり、「打ち込み数が950を超えています。1000を超えると打ち込めなくなるよ。」なんていう表示が頭の中を巡っていたのはちょっとダメだと思う自分。
 しかし、毎年の事ながら四年生以外は寒いなあ・・・風邪引きとか続出しそうな気配・・・
 あと、やっぱり去年と違って「次は自分たちである」という危機感というかなんというかがひしひしと。一年なんてあっという間だろうしなあ・・・なかんずく、今年は・・・来年、あまりダメな姿を晒さないようにしないとな・・・

 で、飲みの席。上記の心理テストとか出たわけですが。一次会と二次会の合間に、一つ疑問解消。
 やっぱりこっち側の世界の人ってどこにでもいるもんなんですねえ。「夏冬の祭典」で大体の意味がわかる人。まあ、前々からそうでないかなあと思っていた人なのですが。夏の稽古の見学のときの理由が「腱鞘炎」だったりして。今度じっくり色々聞いてみたいようなそれはとても恐ろしいことのような。

 あと、チゲ鍋とかピリ辛ポテトとかが席上出されて、みんな「辛い辛い」とかいってるのに自分はちっとも辛さを感じなかったりしてショックだったり。最近、ハバネロとかタバスコマヨネーズパンとか鳥胸肉のタバスコ焼きとかそんなんばっか食ってるからなあ・・・ココ壱のカレーのデフォルトが四辛になってるし。しかし元祖味覚障害男のドッコイ君に味覚障害とかいわれるのはまことに遺憾。

 さて、こんなもんですか。で、最初の心理テストの意味。「一つ目の四字熟語があなたの人生観、二つ目が恋愛観を表す」だそうです。どんなもんになりましたかね?

 ちなみに私は「臨機応変」に「行雲流水」だったわけですが。まあ、行き当たりばったりに生きて成り行き任せなのは間違いないけれど。
 このテストを教えてくれたのが二女のほいみんだったりしたから、他に候補に挙がった「喧嘩上等」と「神風特攻」、「夜露死苦」を「それは四字熟語じゃない」と判断して却下したのは内緒。なんか、二つ目に関しては「神風特攻」の方が正確な気もしますが・・・
 ちなみに、他の連中だと上様の「七転八倒」とかが楽しすぎです。あかんやん。他にもなんか面白い答えの人がいっぱいいましたが、酒の席での話を一日以上記憶できているはずもなく。

今日の梱包日記 1月22日(木)


 弟君の依頼による100/1フリーダムガンダム、竣工したので実家に発送すべく梱包。面倒くさがりにも程があるぞ弟よ、とか色々思うことはあるわけですが。ついでに妹君が(命知らずにも)私謹製の柿ジャムを食べたいとか言ってたのでそれも同梱。作りすぎなんで大歓迎。ただし腹壊しても知らない。さらに親父殿所望の歴史小説も同梱。文庫本二冊くらい買えよとか思いつつ。

 後はこれを送るのが大仕事ですな。

 萌え店員のいる本屋とは別の、なんでもない街の中規模本屋に萌えたんが平積みしてある事実。しかも女性店員が作ったと思しきやたら力の入ったポップでお勧めとか書いてあるという。
 さすがに「妹」は置いてなかったですがあの分だと速攻売り切れかもなあ。日本、終わってるなあ。

今日の回転日記 1月21日(水)


 三話で一巻終了か。それはそうとして予告編の「あなたの脳みそにも革命が必要なようね」が妙に受けた。今私に必要なのは革命よりフォーマットだと思いつつ。

 下北沢に飯を食いに出たわけですが、その帰りにちょっと寄り道、南口から踏切をわたって北口方面に通じる、ちょっと昭和の残光漂うガード下を通る。なんというか、南も北もそれなりに人が溢れている下北にこんな場所があるとは。さながらエアポケット。当然、ドッコイ君と一緒なわけですが。
私:「ほう・・・こんなところがあったのか。全然知らなかったぞ・・・」
ド:「だろ?なんかいい感じな怪しさとか漂ってるよな」
私:「まあ、この時間帯(7時半くらい)だし・・・なんか出そうとか、京極堂テイストとか・・・」

 などと会話中、ふと突き当たりになってる曲がり角の先を見る。その一角だけ蛍光灯がついていて、ふとその光に吸い寄せられでもしたのでしょうか。そして硬直する自分。
 私の異常を察してか、同じ方を見るドッコイ君。そして、同じように沈黙、顔を見合わせて、図ったかのように足早にその場所を去る・・・

 なんか、一箇所だけ蛍光灯の明かりを受けて周囲から浮いてる中で。
 少女が一人、まるでバレエのようにただひたすらにくるくるくるくると回転していたのですが・・・無表情で・・・
 場所が場末感漂いまくる夜のガード下、他に全く人がいないなんていう条件ともあいまって、めちゃくちゃ怖かったのですが。外見的には、小学校中学年〜中学一年生くらい?妹君と同じくらいの背格好だったし。中学校かなあ、制服着てたし。とりあえず、目を合わせたらピンチがクライシスそうな気配がビシビシしていたり。だって本当に目を合わせたらくるくる回転したまま無表情にこっちに向かってきそうな雰囲気だったし。それで「お兄ちゃん・・・」とか言われたら普段とは違う意味で悶絶してしまいますアーメン南無阿弥陀仏。

 また困ったことに連れのドッコイ君、この男、サークルからの帰り道に怪奇現象に遭遇したり(翌日我々がその場所で写真を撮ったら心霊写真が撮れたとか、昔の日記に書きましたねえ)、非常に「そっち系」的な危険のある男でして。あー、大丈夫だろうな、これ・・・

 こんなこと書いてる端から、絶対崩れないような文庫タワーが崩壊したりしてるのですが・・・

今日の回答日記 1月20日(火)


 唐突に答えてみよう本当に訪問者が知りたい 20の質問。ネタがないとかいうな。
 まあ、答えようかなあとか思ってたのですが、諸般の事情でちょっと時間ができたのでこの機会に。

1.サイト名とそのアドレス、あなたの希望する呼ばれ方(ハンドルネーム)についてお答えください
D.B.E http://www5d.biglobe.ne.jp/~d-b-e/ HN某氏(ぼーし 。
HNはバリバリの一般名詞なんで識別のためぼーしの表記でもどっちでも。サイト名、最近型番がついてますがこれまたどっちでも。わりかし枝葉末節です。サイト名にはかなりしょうもない由来があったりなかったり。

2.あなたのサイトがどんなところか、一言でご説明ください
ニュースサイトとしかいえないですよねえ最近では。たまに日記しか更新してなかったり、更新さっぱりしないときがあるけれど。

3.このサイトへのリンク、サイト内各ページへの直リンクについてどうお考えかお答えください
ご自由にどうぞ。ただ、過去ログは割と管理人の気分によって消されるんであしからず。つーか、トップと一部の日記以外にリンクする価値があるのか、ここ・・・?

4.「サイト上で訪問者にこれだけは絶対にして欲しくない」ということをお答えください
掲示板が寂れきってるので(時々管理人が存在を忘れる)訪問者の方々が取れるアクションというのがそもそもあるのかないのかですが。荒らしたりウイルスメール送ったりはさすがに嫌です。

5.このサイトを運営していく上であなたが何を一番重視しているかについてお答えください
自分が出先で見て面白いネタを置いておくこと。携帯とかで暇つぶしに見るので。

6.このサイトの更新頻度についてお答えください
最低、隔日は・・・最近ちょっとサボりすぎですが・・・

7.1回の更新にかかる時間についてお答えください
3〜4時間?効率悪いよなあ。

8.現在の訪問者数と、今後希望する訪問者数についてお答えください
700〜1000てところですか。増える分にはいくら増えてもいいです。

9.あなたにとって訪問者はどんな存在かお答えください
こんなところを見てくださってありがとうございます。

10.閉鎖の予定についてお答えください
試験期間(もうすぐだよ、うわ)とかで仮死状態になることはままあるかと思いますが、スッパリと閉めることは当分ないだろうなあ、とか。

11.あなたの性別についてお答えください
残念ながらというか当然というか男です。

12.あなたの生まれた年代、できればズバリ何年に生まれたかお答えください
1982年。

13.現在のご職業について差し障りない程度にお答えください
学生。いいご身分なんだかなんなんだか。

14.出身と現住地について差し障りない程度にお答えください
京都市出身杉並区在住。

15.振られたときに得意な話題、分野についてお答えください
エロゲーネタとか萌え関係・・・は実は底が浅いのでたまにボロが出ます。まあ、嗜みくらいには。本職はミリオタと歴オタなんでそっち関係の話題になったら目がもっとも生き生きすることと思います。というわけでこの三つが三本柱。

16.あなたが一番良く使っているパソコンの性能、接続環境について分かる範囲でお答えください
CPU PEN4 2G、メモリ768M。DVD±RドライブがついてHDDが300Gぐらい。昨年の今頃竣工してからちまちまと追加装備している自作機。ADSLは12M。額面通りに出ないのはお約束。

17.毎日あなたが閲覧するサイトの数をお答えください
巡回サイトが大体130、それ以外の趣味とか友人のとことかを加えて150前後。

18.Webを閲覧し始めた時期についてお答えください
高2っつーことは5年前ですかねえ。今みたいにヘヴィに見るようになったのは3年前からだけど。

19.初めてサイトを公開した時期についてお答えください
2002.2.26。日付は趣味で。ああ、もう二周年なのか。よくやるなあ、自分。ただし、はじめの半年は完全に内輪向きにやってたので対外的なニュースサイトになったのは2002.8.26、公開からちょうど半年後です。

20.影響を受けた or 大好き or ここが閉鎖したら落ち込むかも、というサイトがありましたらお答えください
とりあえず第一にe-SCAPEGOATのKIDDY氏がこの稼業をやっていなかったら自分も真似をしようとは思わなかったと思います。ある意味、根本的な影響を受けたということで。最近奴が出てこないけれど。
その他、影響を受けたという点では先輩ニュースサイトの方々からそれはもう色々と。
大好き・・・いつも見てるサイトは大体好きです。というかそうじゃなきゃやってませんこんなこと。
ここが閉鎖したら凹む・・・大好きとも関連しますが、開国時に速攻でリンクしてくださった方々のところにはやっぱり思い入れがあるかなあ。あと、自分からは滅多にコミニュケーションを取らない管理人の日記に反応してかまってくださる一部の奇特な方々のサイトも閉鎖されると落ち込むかと思います。たとえそれが「妹うらやましい」とか「バカ兄貴殺ス」みたいなコメントであろうとも。

 ま、こんなところですか。一部微妙に答えになってない項目もありますがある意味それすらもお約束という事で。知人バレが激しいことから自己紹介消したんで、その代わりにこの質問を抜き出してメニューのところに加えようかなあなどと思うしだい。

今日の店員日記 1月19日(月)


 物凄く久しぶりに飲みを発動。で、そのついでに本屋に寄ったわけなのですが。そこで遭遇してしまったわけです。伝説のドジっ娘店員に。

 ここのところさっぱり外に出ていなかったため文庫本(駅スタンプの本と歴史小説)二冊に吼えろペン、朝霧の巫女、ネギまと計五冊、まとめて買おうとしたわけです。で、レジに並んだらば、なんというか妙に和み系のオーラをかもし出す店員さんがそこに。駅前のよく行ってる店なわけで、ああ、新しい人かなあなどと思いながらレジに並ぶ自分。で、レジ打ち自体もその外見にたがわずお世辞にも早いとはいえなかったわけで、あー、電車乗り遅れるかなこれなどと思いながら、外見とかオーラに免じて気長に待っていたわけです。で、いざ金を払う段。五冊も買ってるので三千円は優に超えるわけなので、とりあえず万札とか出す。あと小銭を減らすために下二桁も(ただし三円のところは五円玉)。すると・・・なんだか、「ピシッ」とかいう風な音が聞こえたような気がして・・・
 店員さん、フリーズ・・・漫画的表現において冷や汗とか流れてそうな表情で・・・ていうか、万札を受け取った状態でフリーズされても・・・
 あー・・・ひょっとして、釣銭計算が処理容量超えた?わざわざ小銭まで出したんですけど・・・ひょっとしてそれ、裏目に出ましたか?

 で、なすこともなく時が止まって約十秒(体感時間)。そして時は動き出す。「・・・お釣りの方、六千三百二円になりま・・・きゃあ!!」ガッシャーン。

 とりあえず、心の中で「これが・・・お約束の力か!」とか、「予定調和!」とか、「ドジっ娘降臨!!」とかのフレーズが飛び交うわけです。そう、この店員さん・・・釣銭ぶちまけちゃった・・・
 そして、耳に入ってくる普通では多分聞かないような音声。そう、「あう〜」・・・それは、半泣きの店員さんから! 「あう〜」ときましたか・・・まさか、本当にこんなこという人がいるとは・・・
 この時点で既に待ち合わせ時刻とか過ぎてるんですけど、このあう〜で割とどうでもよくなりました。どうせ待たせてるのドッコイ君だし。で、さすがに先輩と思しき店員が拾うのを手伝いに来る。って「やっちゃったのは仕方ないから、さ、頑張れ」とか励ましてるし・・・で、私に対して「すいませんほんとすいません」とか謝るドジな方の店員さん。そりゃ、仕方ないんで曖昧に頷くしかないわけですが。で、釣銭拾いはとりあえず先輩店員の方がやってカバーとか文庫にかける店員さん。ここまで来て動揺が収まってるはずもなく、当然のように五冊積んでた本を床に落とすところまで心得ています。完璧だ・・・完璧にダメすぎる・・・なんだろう、この妙にハートウォーミングな気持ちは・・・
 単に約束に遅れるんでヤケになってるとも言います。

 そして、当然のように遅れて下北に着いたら、なぜかドッコイ君が一年の抜刀斎を捕獲していたり。なんでも、「つい三分ほど前に目の前を通りがかってねー。いやー、遅刻してこなけりゃ捕まえらんなかったよ」とのこと。許せ抜刀斎、君の捕獲原因はドジっ娘な店員さんだ・・・
 というわけで、久しぶりということもありステキな出来事に遭遇したせいもあり実にうまく酒を飲む。なんか間違ってる気がしなくもないですが。

今日の続・生存報告 1月16日(金)


 いくらなんでもサボりすぎだ自分。
 引退して束縛がゆるくなった瞬間にこれでは先が思いやられすぎます。あと、リニューアルして速攻ペースが落ちるとか。型番が変わったら稼働率がガタ落ちって・・・三式戦二型かなんかですか。海軍機というよりはむしろ。いや、三式戦は元からアレでしたけど。つーか中の人=エンジンは変わってないからどっちかというと零戦二一型→三二型?あれは別に稼働率落ちたわけじゃないんですけど。
 ・・・と軍オタの人以外はついていけないような日記。仕方ないですけど、もともと私は軍オタ・歴オタなわけですから。

 ちゃん様をみて、普段萌え関係の話題に関して一歩引いた目で見てるというかなんというかな某友人の破壊神様がいきなり「ちゃん様ハアハア」とかメールを送ってくる。怖いことに、私の高校同期ということはKIDDYタソの直接の知り合いでもあるわけでというか新年会には二人ともいたし。イメージイラストの魔力なのか、破壊神様のいつものバグなのか・・・?

 試験が近づいてきたので、プログラムを趣味とする某友人が「ファンタジー系なシミュレーションゲームを作るから設定とかキャラとか考えてくれないか」とか言ってくる。なんか前後の文脈が破綻してるけど気にしない。そしてそれに乗ってしまう自分に関してもコメントしない。とりあえず金髪お姫様、でも和服とかどうよ?とか最近の自分の嗜好の赴くままに参加することに。とりあえず、その友人のつてで参加される絵師さんのラフ絵が妙に気に入ったり。

今日の生存報告 1月12日(月)


 三日か四日更新をサボると、「お前生きてるのか」みたいな電話が友人から入ってくるのはどうかと思います。麗しい友情なんだか、いつもここ見て私の動向を監視されてるんだか。
 別にインフルエンザとかではなく、ずっと幻燐の姫将軍2して寝たような寝てようなでまたゲームに舞い戻って・・・の繰り返しで、他のことなんかしてなかっただけです。おかげで、わずか三日でプレイ時間25〜80時間のゲームをほぼ終えるという荒行。まあ、一週目なんでこれから二週三週と戦いは続くわけですが・・・
 金髪お姫様だらけというのは実にいいです。普段黒髪ロング原理主義者な自分ですが。

今日の幻燐日記 1月7日(水)


 大番長を(キリがないから)一旦停止。キャラクリ、ほとんどのキャラが少なくとも三つは埋まったので。で、幻燐の姫将軍2開始・・・ってこれも無駄に大作だよ・・・てか、ヘタしたら大番長より時間かからないかこれ・・・というわけでしばらく廃生活は続きそう。試験とか近づいてるのに。
 しかしまあ、自分はやっぱりシミュレーションとかやりこみ系のゲームが好きなんだなあとつくづく思う。普通のエロゲーとかのADVは気分によっては5分で飽きて一日分進めて切ってしまうとか良くあるのに(それが攻略が遅い理由)、こういう種類のゲームには徹底的にのめりこむからなあ・・・やっぱり自分はアクションでもADVでもシューティングでもなく戦争ごっこをゲームの原点として認識してるんでしょう。
 後はやっぱりファンタジーな世界観がつくづく好きなんだなあ、自分。というか、戦女神と幻燐シリーズがもろにツボなのか。夢見がちだからなあ。
 だからといって毎度おなじみ朝9時から始めて夜12時までやりっぱなしというのは腐りきってるとは思うけれど。

 なんか、スイスペでえらい怖い心霊映像が流れるらしいとかドッコイ君に聞いた(つか2ちゃんねるのこわい話さん経由でお互いに教えようとしていた)ので、見てみる。おお、確かに最初のビデオのやつはこええ。番組全体は衝撃映像よりは、憑依された人を除霊するストーリーばっかりだったので正直インパクトはあまりありませんでしたが、冒頭一発目を見るだけでも価値があったなあ。どんな価値だか知りませんが。
 ただ、オーブなんかいくら舞ってても別になんとも思わないっていうか埃だろそれ。

 で、マリア様をみてたわけで。まあ、こんなもんかなあ。なんか、一年生とそれ以上で目の大きさが二倍くらい違って違和感があったのだけれど。由乃さん目でかすぎ、特に。祐巳すけはそれなりにコミカルだったかなあ。まあ、一巻とかではそこまで壊れてませんでしたけど・・・

 私信:「萌えたん」購入おめでとうございます。ってそうじゃなくて。下北のツクモ閉店かー。突然のPC故障の際によくパーツの買出しに行ったもんです。しかし何気に多いなあ、下北利用者・・・

今日の修正日記 1月6日(火)


 速攻、「フォント小さい見にくいんじゃボケ」との指摘が入ったので記事タイトルを元に戻す。二一型なんていうこれからの現場からの度重なる改修要求を突きつけられそうな形式にしたのが何か間違ったのかもしれない。そういう問題か?
 なお、「緑が一一型・・・なら、その前の青いのは?」などといきなり田の宮から指摘されましたが、あれは試作機。そのわりに活動期間が長かったような気がしますが、それでも試作機。ほら、一二試艦戦だってそうじゃないか!
 ・・・軍オタしかわからないネタだなあ・・・

 ということで、京都から帰ってきました。
 で、今年の正月何をしたか、と一旦整理。
・三十一日 上洛。弟君と曙を見ながら「弱ぇ〜〜」と唖然。日付が変わった頃から、冬の戦果確認。日付が変わるまでまってから始めるあたりがちんけなプライド。どっちにせよ「新年早々同人誌を見ている」という汚名を着ることにはなるのですが。
・一日 妹君と手をつないでイズミヤまで福袋を買いに。いや、向こうからつないできたんだってば。ガンプラ二割引とかもやってたので弟君に頼まれた分も合わせて都合3個のガンプラ(MGシャア専用ズゴック(自分の分)、100分の1ジャスティス、フリーダム(弟君の分))を下げる兄と福袋を二つほど下げる妹君。どっちが大人なのかさっぱりわからん。
・二日 ズゴックを組みながら藤岡弘、探検隊。今回ははっちゃけてなかったなあ。もっとまともじゃないのを期待していたのだが。
 夕飯の時に酒を飲まないと、「あれ?飲まないの?」などと、家族全員から不思議な目をされる。あんたらは私を一隊なんだと思っているのか。
 ここの改修。
・三日 弟君が「俺は組みあがったのを鑑賞したいんだ、作るのめんどい」などとのたまい、ガンプラを作ってくれと打診してくる。私は作るのが好きなので利害は一致してるんですけど・・・なら、何故二つも買う・・・このブルジョワめ・・・
 古畑。面白かったけど今泉が出なかったのが・・・
 なお、今年は喪中なんで大々的な神社巡りはなし。
・四日 高校のクラブのOB新年会で後輩の家へ。新年早々11人も終結。昔に返ったかのように駄話と大富豪。酒が入らないのにテンションが異様に高くなるのはさすが。終バスを逃して地下鉄の駅から歩いて帰宅。
・五日 田の宮が本とかエロゲとか借りに来る。それを見送った後、東京へ。のぞみは席は埋まっていたものの、名古屋で座れたのでまあまあ。

 結論:非生産的な正月でした。
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO