最近の日記へ
ばっくとぅとっぷ

今日の熱中日記 4月30日(土)


 TtTが面白い。難易度的に適度にどっぷり浸かれる程度で。とりあえず初見感想としては「蟹食いてぇ」ということで一つ。
 で、今回は英国の、というかケルトとかアーサー王とかそこら辺なんですな、シナリオ背景。まだはじめたところなのでシナリオに関してはなんともいえませんけど。

今日の浪費日記 4月29日(金)


 今日届いた荷物。
 Tears to Tiara。まあ、これは外せないでしょう。
 スクールデイズ。修羅場…もまた、たまにはよかろうて。まだやってないからいえるだけかも知んないけど。あーいやまあ、中和剤投入しながらじゃないと進まない予感もしますが。一気にたくさん買ったゆえの余裕。
 脅迫2。…外せないでしょ?邪悪管理人としては。
 鬼神楽(特別版)。盟友の出資と要請により。
 でもってメロンブックスから灯穂奇譚。これもまあ、私なら当然かと。

 …買いすぎや君。これだけならまだしも、先週にはお嬢様組曲とジブリール2、その前には魔世中ハ終ワラナイとか買い倒してるというのに。予算計画的には月に1〜2本が破綻しないモデルではないのかと。
 なんか、勉強が忙しくなる→ネットでダラダラ時間つぶし厳禁・平日の酒も制限→娯楽がゲームしかない、の流れで以前よりゲームが進んでしまうという。うーん…論理矛盾が起きてるような起きてないような。
 さてはて、どういう風にクリアしていきますかね。

私信:妹に見繕われる兄もいかがなものかと思いますがorz…で、身内の目というのを差し引いても顔がそんな悪くないというのは素晴らしいことではないかと。
 そして風の回廊さんの私信欄経由で、他にもロー生の管理人さん(推定)っておられるんだなあ、とか。萌える予習ノート状態には私も時々なっちゃうぞ、などと。片面的に親近感。

今日の駄文日記 4月28日(木)


 28日戦線の大量の砲撃が着弾する前に、とにかく一つでも終わらせなければ。
 というわけで恒例春日デンキ、お嬢様組曲に見る帝國海軍。シナリオのボリュームが少なくてプレイ時間が短かったのは怪我の功名かなんなのか。

 最近は主にカトゆーさん経由で当該ゲームのページに結構な人が来て下さるようでもう願ったりかなったりというかあんな駄文読ませてごめんなさいなのですが、とりあえず私は別に「このゲームは海軍ネタを使っている!」とか主張するわけではなく、名前に使われてる固有名詞とかから無理矢理に艦名とかと重なるのがあるかどうか捻り出してるだけであって、まじめに全てに帝國海軍をみているわけではないですよ、とかそこのところは御注意ください、と。本格的にデンキヤレベル、ですから。
 …と日記に書いてもあまり意味は無いわけですが。

 今日も木曜なのでCAFE DE JOULE。本当に週一で来てる…お帰りなさいますぎ。帰還しすぎ。さながら航続力の短い陸軍機が野戦飛行場と前線との間を反復出撃するかのごとく。
 今日はメイドさんが階下まで降りてビラ配りとかしていたり。 やっぱりメイドさん、しかも迷彩柄の、が京都の公道にいると…不思議な感じがするなあ…
 秋葉原とかじゃありふれた光景なんですけどね。多分。
 で、KIDDYにメールしたら「二分くらいでつくけど」とか返事。バイト帰りとはいえありえんあの男。

 メールにお返事〜。
相変わらずの妹さんですね…ノロケ?ノロケですね?

 という裸足のランナーさん、ありがとうございます。いやあ…
 妹に惚気てどうなるもんでもないと思うわけですが。それは悲しい。悲しすぎる。私はただ事実を淡々と(略)

 …いつかは、彼女の惚気話を書きまくった挙句数日間思わせぶりに更新停止とかしてみたいなあ…とかいいながらダラダラやってるうちは見果てぬ夢だと思いつつ。

今日の阿呆日記 4月27日(水)


 間違いだらけの呆律用語。
 抱女(ほうじょ)。狂犯の類型。強姦にはいたらないけどやっぱり処罰される。ワンランク上が強咥(きょうさ)。
 ロリキャラの年齢における客観説と主観説。読んで字の如し。この界隈では主観説が通説。一歩外に出ると客観説が通説。
 エロゲーにおける結果無価値と行為無価値。エロシーンを重視する人とそこに至る過程を重視する人と。一時期は行為無価値が圧倒的優勢だったけど最近はそうでもない。なお、行為無価値のほうがいわゆる「行為(エロシーン)」を重視してるわけではないので注意。

 …というわけで今週も地獄の週前半終了。こんなことばっか考えとるから当てられたときにキョドるんだ、というのはわかってます突っ込まないでください。

 自習室での暇潰し…もとい気分転換用文庫本。 昨日あたりから高野秀行。 早稲田大学探検部出身の方で、「コンゴにUMA、ムケーレ・ムベンベを探しに行った人」といえばどーでもいい事を知ってる人たちにはピンと来るかもしれません。
 その、ムベンベ捜索記の「幻獣ムベンベを追え」は以前に読んでいたのですが、他の文庫も書籍部に揃ってたのでまとめ買い。 「飯を食うように文庫本を買う、OR飯代が文庫本に化ける」ような人間には、こういう日常的に読む文庫本が一割引になる大学生協ってやっぱ助かるよなあ、などと。電撃文庫とかも置いてくれたら最高ですが、そこはそれそんな大学はやっぱやだ。
 で。今日読んだ「ワセダ三畳青春記」が面白かったり。いや、「昨日読んだ巨流アマゾンを遡れ」もすごい面白い旅行記なのですが。 なんというか、典型的偏見的に思い浮かぶ「ヘンな早大生」の具現化というか、旧制高校的というか。少しならず憧れます。届かないものへの憧れではあるのですが。  ワセダの片隅のボロアパートのむちゃくちゃな住人と、無茶な筆者と愉快な仲間たちの活動に大笑いしつつ、最後のボロアパートから巣立つあたりの話とかにかなりジンときたり。
 今は「怪しいシンドバッド」へ。アフリカの小国ガボンで日本大使館の電話番号を調べたら、その電話帳に「アンペリアル・ジャポン(大日本帝国)」とあって国旗のところに菊の御紋章が載ってたりした話がステキ。世界って、というか辺境ってすげえ。
 やっぱり、こういう若いときの馬鹿騒ぎ(とその後の寂しさ)とか探検とかの話は血が騒ぐというか、憧れだよなあ。

今日の約束日記 4月26日(火)


 妹君との日常会話。
「(この前切った)髪の毛、やっと伸びてきた…これでくくれるわー。嬉しい」
「…そういえばお前って髪の毛長いときはずっとポニーテールだよなあ、いや、俺は別にいいんだけど。なんで?」
(一瞬の間)「…いや、お兄ちゃんが(妹君が)小学校のころからポニーテールにしろポニーテールにしろ言ってたからで、それからずっとなんとなくなんやけど…」

 …あー、なるほど。俺の趣味かあっはっは。道理で道理で納得納得。そういえばそういうことを昔に言ったことがあるようなないような。やー、確か私が高二位の時の戯言なんだけど、かれこれ五六年守っててくれたわけですかー。いやー、その、なんだか…
 …ごめん、駄目な兄で…

 で、腰までとは言わんが背中の半分は超えるロングにしろとか言わなかっただけ有難いと思えとか言ったら睨まれた。超睨まれた。そりゃそうか。

今日の遊戯日記 4月25日(月)


 予習の合間にお嬢様組曲。…や、前後は逆転してないよ?ほんとだよ?…それはさておき、とりあえず司先輩クリア。
 …ボリュームが少ないというか、話ぶつ切りだなあ…お約束的イベントの期日をほとんどスルー…おかげでイベントCGが少ないのなんの。アレシーンは3つあるんで多いほうなんですけど。コンシューマ前提とはいえかなりその、アレだ。うん。一個一個のイベント自体はいい感じなんで、余計にぶつ切り感があって、ねえ。
 司先輩自体は昔から私を知る人なら絶対納得するくらいに私の理想ではあるわけですが。黒髪和服お嬢様万歳。最近黒髪ロングキャラでそこまで高威力のキャラとめぐり合えず、あわや金髪ツインテール党が私議院初の第一党奪取かと思われたのですがここで政権与党の黒髪党、起死回生の一撃を仕掛けてきましたーみたいな。わけわからん。

今日の地獄日記 4月24日(日)


 脱力状態が午前まで続くことのツケ、やってくる日曜午後の予習ぢごく。むしろ予讐。一週間で一番自殺者が多い月曜に、一番ハードな科目をぶつけてくるってどうよ、追い込みか。追い込みなのか。いや、確かに金曜とかの解放ムードのところに刑訴とかぶつけられても泣くけれど。
 とかいいながら更新してることから戦況は察するべし。

今日の脱力日記 4月23日(土)


 土曜日はなんか気が抜けるんだよなあ…こんなことしてる暇はないはずなのに…
 とりあえずお嬢様組曲に着手。でも牛歩。すごい牛歩。はふう。

今日の酒宴日記 4月22日(金)


 …二月と三月のアクセス解析を見ていると、なんかこの四月、ネタ元としての被リンク回数が異常…いや、一回は年に一度の馬鹿祭りなんで除外するとしても、普段一回あればいいところのアクセスの山が月四回も。ううむ…新しい環境、新しい人たちに適応できない弱い自分が、今までと変わりのない世界へと無意識に救いを求めSOSを放っている…?
 だとしたら弱い、弱すぎるぞ自分。

 …とかいいながらちゃっかり新環境に適応してるかのごとく、なぜか今日も Cafe de Joule。いや、中宮とKIDDYが同時多発に誘ってきたので仕方なく、仕方なくですよ…?ついでに金曜日だから寺町でお嬢様組曲査収したり大学の近辺でジブリール2接収してから授業にでたのはあくまで私がはじめから行く気満々だったということに関しては状況証拠にしかなりません。いや、ほんとだってば。
 でもってだらだらくちゃべってるとm-hiroさんも現れるという。さすが京都唯一の冥土喫茶、いろんなやつらが引き寄せられるぜ!とか。
 …ところで、開店から20日ほどで4回ほど通ってるってこれ常連ですかね?いえ、物の例えなんですけど。僕のことじゃないですけどね?多分きっと。

 なんか人間として最悪ですが、エロゲー担いで授業に。3限休講ゆえに5限のみ。いきなり教官の「大河冒頭陳述・私の妻との出会い:大学編」が始まったり。「今日はクラスコンパなんですよね…よし、延長は10分で終わらせましょう」とか妙に気合を入れてくださったり、実に、実にいい先生だなあと(先生ももちろん参加)。そういうわけでクラコン。刑法の教授(東大系・女性・萌えキャラ(マテ))の実家が、我が青春の杉並泊地と同じ駅だったりする奇妙な縁とか。飲み自体も初めて飲む人たちとにしては結構楽しく。まさかここを見て誰が書いてるか特定できる人はいないと思いますが、ああ、なかなか楽しい人たちだなあとか。普段は無口で陰気で柄悪いやつですがよろしくコミュニケーションお願いします、と。
 でもって、「ビールを注がれるときは一口でもいいから口をつけてから差し出す」「注ぐときは両手で持ってラベル上」「レモンの絞り方」とかの大学時代サークルで叩き込まれた基本事項を本能的に履行していたら、なんか未修出身の年嵩の同期たちから「現役なのにしっかりしてる」と妙に評価を得たり。ううむ、大学時代に学んだことは無駄ではなかったぞ。いい事かどうかはさておき。

今日の四コマ日記 4月21日(木)


 家族と晩飯食いながら、のんびりと毎日新聞夕刊を広げ。作法に則って社会面から。そして目に飛び込んでくる。
 

 四コマ漫画でメイドカフェネタ。…マジかよ毎日新聞。いや、ここの夕刊の四コマ、結構斬新なネタ多かったり絵柄がこれだったりでなかなかアレでソレなんですけど、まさか、ねえ…新聞のコラム欄やら経済面やらで出てくる分にはまあ、なんと言うか理解できるのですが、四コマ漫画。ある意味新聞の裏看板。夕刊とはいえこんな日が来るなんて数年前には誰が思ったでしょうか。ああ、どこへ往く現代日本。

 …何がタイムリーって今日の昼飯Cafe de Jouleだったわけですけど私。木曜日は学校が昼までなのでメイド喫茶の日、という。ああ、どこへ往く私。いや往ったのはだから寺町。

 そんなことしてるからビビットアンテナさんにうちの名前があったりするのですか。ううむ、そんなに通っているということは、ない、はず、なのだけど…

今日の只飯日記 4月20日(水)


 タダ飯の美味さと友人に奢らせる申し訳なさの比較衡量。二つの要素を天秤にかけた瞬間、左皿(タダ飯)が物凄い勢いで沈み込むところに一足先に「社会人様」になった友への嫉妬とか焦りとかミセリとかそれっぽいものを見る。最後のは余計。
 …というかあくまで本人が「俺は社会人だ、プロフェッショナルだ」と主張してるだけであって、実際は単位計算に失敗して留年、学生と公認会計士見習いの二束の草鞋を履かざるを得ない中途半端な奴なわけですが。
 …そんな友人が所用で大学に出てきたため、なんか書類の受け渡しとかを依頼されている私はその礼をするという彼の太っ腹な言葉に甘えて真昼間からステーキ。しかも予想より柔らかくて普通においしい。学食(というかカッフェーな雰囲気の素敵な食堂)にこんなものがある辺り、最近の大学ってすげえなあ、かつてとは隔世の感があるねとか言ってみる。…いや、私まだ22ですけど。
 そんなおされな場所があるかと思えば、大学近郊にいまだ父が在学中にお世話になった食堂が残っていて、普通に学生が利用していたりするあたりもまた、学生街だなあと。嫌いじゃないですな、そういうの。

 …いったいいつの時代の人間の感性かとは思いますが。

今日の戦略日記 4月19日(火)


 授業の忙しさ的には月曜>火曜=水曜>>木曜=金曜くらいだということが大体掴める。よって予習は日月火が地獄になるという…というわけで、更新するなら火曜夜、木曜、土曜の週三ローテが一番なんとかなるかな。その原則で当分回すつもりですのでひとつ。ていうかそれって火曜夜とか無理かもしれませんが。今日は明日健康診断なんでなんとかなってるんですけど。なお、当然ながら言行が一致する保障はありませんのであしからず。

 そういうなつやすみのよていひょう並みの達成不能なスケジュールを組んでる暇があったらちっとは勉強しろと。

 貯蔵MP3が消失したこともあり、ずっとElysion聞いてるわけですが。脳がもう完全に汚染されているというか。授業中でも脳内に流れてるくらいに。
 しかし、歌詞は正直なところ救いなんてひとつもないんで、ある意味精神的影響が心配。別に今のところ別に鬱でもなんでもないんで大丈夫ではありますが。

今日の邪悪日記 4月18日(月)


 魔世中ハ終ワラナイとかにも手を染めている歪んだ自分。万人にはお勧めできないなあとかいいながら平然とプレイしてる自分はもう終わってると思った。
 しかし、このほとんど進化してないシステム面はなんとかならんものか。

今日の復興日記 4月17日(日)


 PC復興(復旧はできなかった)。MP3データとかなんとか、結局吹っ飛んでしまってなんだかなあ。はぁ。…とはいえ、弟のノートという支援要因があるおかげでそこまでの悲壮感がないあたりはいい。ブックマークとかここの最新データとかパスワードとか、自機内別ドライブだけでなくノート側にも退避させてあるので最悪の事態への対処は比較的容易。ここら辺、家族との同居のありがたさを改めて噛み締める。
 …と書くとなんか私が弟のノートを分捕る横暴長兄に聞こえる気もしますが、ちゃんと交渉で向こうの要求も聞いているのです。すなわち、「兄貴の部屋のセガサターンしばらく貸してくれ」とか言う要求を呑んでいるという。
 …何をする気だ弟よ。いや、別にいいんですけど。

今日の吹飛日記 4月16日(土)


 前夜、週末ということで焼酎かっくらってPCつけっぱなしのまま就寝。
 で、起きたらなんか再起動とか繰り返して、しかもうまく行ってないでやんの。なんかCドライブが訳わからないことになってるみたいなんで、断腸の思いでフォーマット。
 …なんか、朝九時に始めて夜八時までかかってるですが…80GBに…あーこりゃダメだと思いながらインストールしようとするも、やっぱり完全に死んでしまったっぽい。嗚呼…明日、買いに行かにゃあ…
 なんかこっちに来てから安定してなかった様な気もするので、引越しのときの梱包とかが甘かったのかなあ。不幸中の幸いというか、秋のときの悲劇対策で環境再構成に必要なフリーソフトやら何やらは別ドライブの退避壕にまとめて放り込んであるし、引越しがあったゆえにブックマークとかは20日ほど前の段階のものが残存しているし、何より弟のノートを借りられるのでそこまで致命的な損失はない、と信じたい…いや、毎日の収集画像吹飛びはかなり手痛いんですけど。ま、まあ11月のときは過去3年半に渡るデータが吹飛んで顔色真っ青でしたけど、今回は高々半年ですから、ね…
 言っててダメージのでかさを認識して鬱。…あー…

今日の歓談日記 4月14日(木)


 今日の京大。

 ルネの隣に建ってる探検部の部室。…モンゴルのゲルですな。ある意味毎日が訓練、お疲れ様です。
 でも草原じゃなくて砂利の空き地の上に建つゲルにはかなりの違和感。

 学校が午前で終わる貴重な日なので、KIDDYテッサさんとCafe de Joule。テッサさんとは正式面通しは多分初めて。といいながらあまりそうも思えないのがいつもサイトを見てたりする故の不思議。
 で、なんだかんだと一時半に入って四時まで喋っていたという。途中KIDDYの持ってきたアレな本(しかも市立図書館蔵)にメイドさんが興味を示されたり、高校時代の話(男子校の進学校なんか大抵変人の巣窟だということは改めて認識するような話)をしてたら「皆さん高校生ですか?」とか聞かれて「院生です」とか答えたり。
 でもって寺町とか錦小路とかをぶらぶら。気がつけば六時半くらいまで優雅に遊んでしまいましたとさ。

 Elysion〜楽園幻想物語組曲〜をエンドレス再生中。現在のところ特に気に入ったのはエルの楽園(EもAも)、エルの天秤、エルの絵本。StarDustもなかなか。 でもってBaroqueの歌詞にはいろいろとつまされることがあったり。 「ねぇ…お父様、その楽園ではずっと一緒にいられるの?」「やぁ友よ、幸薄き隣人達よ。我らはこの世界という鎖から解き放たれた。来る者は拒まないが去るものは決して許さない。仮初の終焉、楽園パレードにようこそ」あたりが気に入ったフレーズ。とりあえず暫くうちの部屋にはこれが流れていることでしょう。

 しかし、「アビス」という単語を見るとどうしてもロマサガ2、3を思い出してしまうのはどうにかならんものか。単語の意味がわからないときに刷り込まれてしまったイメージなんだろうけど。どうしてもアビス、と聞くと「アビスゲート→アストラルゲート」とか「アビスの風」とか「打倒アビスリーグ」とかが思い浮かんで、ああ。

 法律書とライトノベルだけしか読んでない生活をしてると、どうしても色々歪んできます。ということで狂妖(教養ほど高尚ではない)分補充。仁義なき英国タブロイド伝説 新潮新書。英国の誇る通俗文化、タブロイド紙について。
 タブロイドについてはいわゆる新聞とは違う何か、程度の認識しかなかったのですが、読んでびっくり。右に左にエロ、スキャンダルに覗きに特ダネにやらせに煽りに釣りに誤爆、突撃記者(勇者)に大義名分の衣を着た祭りのごった煮。裏では一癖も二癖もある黒幕が暗躍し、時に政局の行方すら左右し時に法すら無視した裁きを下す。
 …ええっと…2ちゃんねる?
 エッセンスだけ取り出したら匿名ゆえの荒らしがないくらいしか2ちゃんと実際違わない気がします。この内容のものを匿名掲示板ではなく、大新聞社が堂々と出していて高級紙よりも数段普及しているあたりに、英国の凄みとかあるんだろうなあ、とか。英国=貴族で紳士で紅茶、というイメージもありますが、そこら辺さすが英国は階級社会。大多数はこっちのタブロイド読みながらパブで麦酒飲んでるオッサンなんでしょうね。

今日の張紙日記 4月13日(月)


 普通、こんなことするのはまだ初々しい、地方から上洛してきて周りをキョロキョロ見渡してるこの春からエロゲーを堂々とできるぞ、みたいな(なんか違う)新一年生だと思いつつ。実際やってるのは20をとうに過ぎ、それでなお勝手がわからず挙動不審な大学院外部生。いや、院生としては最年少なんですけどね!

 というわけで今日も今日とて京大見聞録。今日は新歓活動でサークルとかが配ってたビラからネタ系数枚。


 少林寺拳法はまあ、ありがちといえばありがちな選択ですね。その分手堅いともいえましょう。アニ研は…ええっと、ネタ元不詳。誰かおせーて。
 でもって某ゲームサークル(いや、名前ばれてますけど)。去年はKeyネタ、マリみてネタでしたが…今年はジョジョ+ネギま!ですか。なお、カイジネタのもありましたけど去年のと一緒だったっぽいんで略(なお、去年のは04年8月日記参照)。
 個人的に一番受けたのは、中の人(あるいはその関係者)がみておられるっぽいので心苦しいのではありますが、考古研の

 だったりするわけですが。ええと、その、大学だから当然だと思います。

今日の贈物日記 4月11日(月)


 身はたとひシスコン兄貴と呼ばれても 留め置かまし今日の出来事。

 …などと、なんか妹君が実家への帰還祝いということでケーキ焼いてくれたり、入学祝いでプレゼントくれたりしたことを記録しておく。小遣いで買える範囲で一番役立ちそうなものということでドクターグリップのシャープペンシルとボールペン、あとファイル。妹君の小遣い月三千円を考えると随分奮発してくれたなあ、と。学校の前で配ってた某予備校のタダボールペンと教室で拾ったシャープペンシルから装備改変ができたりして実用的にもありがたいですし。ケーキもなんか無駄に豪華というか本格的。今度なにか礼をしなければ。

 授業。法科大学院の授業は伊達じゃない!
 そして生徒の中に伊達が混じっていることの悲劇…orz
 授業開始二日目にして異様な厳しさに後悔。初日から50分も延長する教授がいたり、もう、ね?…生き延びれるのか、自分…

今日の陽気日記 4月10日(日)


 陽気というか暑すぎる件。なんだこの気温。

 四月三日の写真の件、そのほか。91年度の卒業生さんから、
4月3日の日記に載っている時計台の写真って、修正してますか? 2年前に久々に(6年ぶ りぐらいで)訪問したら時計台の裏をはじめとして構内のあちこちに高層ビルが林立して 景観が大きく破壊されていてがっかりしたのですが…
 という質問を頂きましたが、修正はしていないです。確かに、時計台の裏に高層ビル(法経北館になるのかな…まだ今ひとつ建物の名前がわからない)が建っていますが、たぶん角度の問題で写っていないだけかと。

今日の開始日記 4月8日(金)


 初授業。想像していた、というか恐れおののいていたよりはなんとかなるかもしれないこともないわけがないはずがないなあ、というか。予習にかかる時間はやはり相当大きくなってきそうなんで、徹底的に無駄を減らした生活運営を強いられそうな予感。
 それでもここをやめたりゲームを止めたりオタ趣味を休止したりする意思が今のところはないのが間違ったプライド。自分を捨ててまで勉強なんかできるかばーか。オタ趣味=自分と言い切る辺りはやっすいですけどね、自分。

 とりあえず、授業はじめの自己紹介で「趣味は森高千里の追っかけ、ここ10年来任地が青森だろうがどこだろうが年に一度は必ずライブに行きます」と言い切った某地裁からの客員教授になんか凄い励まされた気がする。

 で、その後懇親会とかクラス親睦飲みとか。まだ知り合いもまったくいない状況ですけど、まあ悪い人はいないかな、とか。しかし、自己紹介で詰まった瞬間咄嗟に「かんぱ〜い!」とかやってしまう大学4年で染み付いてしまった習性を何とかしないとなあ…あかん人やん、最初っから…

 とかいいながらパルフェをクリア。さて、例のコーナー書くか。

 4月3日の日記でネタにした京都大学考古研の萌えキャラ、正式名称を「りょくゆうたん」というらしい、と考古研の中の人からお知らせ。緑釉陶器とかから来てるのかなあ。とりあえず、あの看板とアニ研の観鈴ちんが見えたら学校だよ、という程度に脳にインプットされてしまいました、とか。

 ゲームをしたら感想文を書きましょう。パルフェに見る帝國海軍。…といいながら感想のところ、例によってろくに書いてませんが…今回はさらに気合の入った感想を自分が書く前に見てしまったということもありつつ、やっぱ私は感想とか書くの苦手だよなあ…23個も書いといていうのもなんだけど…

今日の入学日記 4月7日(木)


 入学式まで二時間切ってます。そろそろ着替えて家を出るので更新終了。しかし、3時からって随分遅いよなあ…

今日の使走日記 4月6日(水)


 公認会計士試験に現役合格して監査法人に採用されておきながら、卒業に失敗したお馬鹿さんのシラバス受け取りを頼まれたので経済学部へ(奴は人事に泣きついてもう一年見習いで置いてもらえることになったらしいから、学校には出てきてない)。エイプリルフールのときみたいに偽の正誤表作って挟んでやろうかとも思ったけど馬鹿らしい上に労力かかるのでやめ。
 帰り道、春を通り越して初夏っぽい陽気の中自転車でうろうろ。これができるのは自転車通学のいいところだよなあ、とか。

今日の痛飲日記 4月5日(火)夜


 我らが麦酒魔王が就活で関西に降臨されたので迎撃。「関が原を越えてきた人間を、決して酔わずには帰さない」とか書くと格好いいですね?単なる飲んだくれだけど。
 やっぱり、この人たちと飲む酒は非常に旨い。これから先の戦場でこういう風に酒を酌み交わせる人が見つけられるか、それだけが今の懸案。

今日の散漫日記 4月5日(火)


 学校。開講前集中講義。「羅列型ニュースサイトを否定するやつは、イチローの記録に価値を見出せない田舎白人と同じだ!」とかなんか警句っぽいけど普通に明後日のほうに向いている電波(参考のイチロー語録:「ゴロのセンター前ヒットで良いのなら、全打席打てますよ。」ほーら、矛盾してる)を受信して、燃えよ管理人を作ろうとしているうちに終了。開幕前から先が思いやられますなはっはっは。

私信のようななにか。テッサさんもおられるかなあ、とか思いながら結局声をかけられなかった小心者なのですハイ。あと「学校帰りにちょっと寄れてしまうというのが危険」というのに完全同意。

 じゅのさんがなんかゴスロリ風。赤と緑なんでゴスロリではないような気もしますが、まあこれはこれで。なんかそろそろ、メジャーなコスプレはし尽くされた感が。後はほら…脱ぐしか?

 モノクロの夢に関して。ひょっとしたら、今まで「夜の夢」だと思っていたのはモノクロだったのかなあ、とか思ったり思わなかったり。結構夢の中で舞台が夜のことが多いような気がしたりするのですよ。…内容に「夜の」がついて卑猥な雰囲気が醸し出されるわけでは…ない、ですよ?大体は。
 一時期つけてた夢日記見ればもっと詳しくわかるのですが、なんか起きてから解釈したらそのときの願望とかその日の出来事とかがかなりストレートに出てきてたのであまりに夢がなくて飽きて消しちゃったからなあ。発狂する前に飽きてよかったんだかなんなんだか。

今日の説明日記 4月4日(月)


 なんか、移転→100万ヒット→四月馬鹿→ミリタリーメイド→京大で確変はいってる?最近20日とその前の20日で明らかに人の量がおかしい。いやいや、ありがたいことです。
 ということでこの機に乗じてさらにネタ投下、ゆのはなにみる帝國海軍。…このコーナー、取り上げてもらってもアクセス数にはぜんぜん影響を及ぼさないコーナーなんでこれ以上トップのアクセスに影響はないでしょうけど…
 とりあえず、このゲームやたら伊太利海軍ネタが出てくるので発見したネタのほとんどに出鱈目解説をつけてみたですよ、とか宣伝。おかげで帝國海軍よりも伊太利海軍ネタのほうが多くなったり、今迄で一番無駄に分量が増えたりしましたが。プレイしたけど軍事わからんから電器屋の話がわけわかんねえ、とかいう人には是非。
 是非、と勧められるものではないけどなあ…

 学校。開講前集中講義、という名前のガイダンス。うーむ…さすがに忙しくなりそうだなあ、とか…大丈夫なのか、自分…
 で、同期生の人たちと初めて一同に会するわけで。友人の元クラの人から声をかけてもらったり。数少ない東軍なんでよろしくお願いします、とか。

 あと、新自転車の初走行。前のは95式だったのでその間の自転車の進歩にびっくり。普通の通学用自転車にも変速機ついてるんですねえ、最近は。さて、愛称は何にしようか…

今日の石垣日記 4月3日(日)


 今日の日記というわけではなく、3月31日に京都大学へ初登校。ついでに、なんか面白いものでもないかなあとか思いながら中宮と研を引き連れて構内徘徊。4月1日が恒例の非常事態だったので、今日写真をアップ。

 まずはとりあえず表向きのシンボル。で、
 
 裏のシンボル。去年は落書きとか速攻されてしまったようですが、今年はこの時期でも健在で嬉しい限り。
拡大可 
 字がはげて読みにくいですが、「この付近での歌舞音曲禁止」。内容は至極まともでどこの大学にもありそうなものですが、歌舞音曲という四字熟語を使うセンスが私好み。演奏禁止とか書くでしょう、普通。

 で、京大名物といえばこの、公道に向かって立ち並び自己主張する看板たちだと思うわけです。吉田神社参道の石碑の横に立て看板がある風景もここ以外にはありますまい。いや、吉田神社ってここだけだから当然ですけど。

 その中から一つピックアップ。大学の寮って入るために小論文書かなきゃいけないんですねえ…
拡大可 
 アニ研の看板は観鈴ちん。某東の帝国大学のアニ研はCCさくらやら守護月天やらをここ何年か使いまわしていることを考えると、そのやる気の差に感服。4年位前の看板を引っ張り出してきただけかも知れませんけど。しかもこれ、無駄にドット絵風なんですよね…ポスターカラー塗りの縦看板でドット絵を再現するとは、なかなかやるな。

 ここの剣道部は縮地とか教えてくれるっぽい…

 個人的にツボだったのは考古学研究会のこの萌えキャラ。頭に茶碗とか被ってたりするんで、やっぱり出土品たんなんでしょうか。あるいは背中に刷毛を背負ってるから発掘する側か。文学部卒の中宮いわく、「ここのサークルは結構伝統があって、今の教授にも何人か出身者がいる」とのこと。そんなところにこの萌えキャラ…素敵だ。
 ちなみにこの考古研たん(仮称)との出会いが1日の例のネタ新聞左隅の記事への着想となったことは機密かもしれません。漏らしてるけど。

 で、本日の目玉。京大生に「今京大で一番変なスポットってどこよ?」と聞いたら満場一致でここが挙がる(某研究室調べ)、本丸西北隅櫓こと石垣★カフェ。撤去される撤去されるいいながら3月31日現在、それは厳としてそこに在りました。こう、いかにもな立て看板に守られたいかにもな建造物(?)。そしてそこには期待にたがわず住人が。


 なんだかよくわからない看板や矛盾した看板まであるのがお茶目ですな。しかし山仕事サークルって一体…農学部の人御用達か?

 さすがに声をかけるのにかなり逡巡したのですけど、ここで入らなければサイト管理人ではないというかなり腐った強迫観念により楼上の住人に声をかけ、梯子をよじ登る。手作り感溢れて小汚いのは理の当然ではありますが、造り自体は意外としっかりしています。風で揺れたり私のような重戦が乗っても軋んだりは少なくともしないっぽい。
 住人は私がいるときには男性二人、女性一人。なんというか、「一見して、こういう活動をしそうな人達」ではあるものの、気さくな方々ではありました。快く撮影許可とか頂いて珈琲を飲みながらしばし交流。インターネットが繋がっていたり、古い教科書が転がっていたりして確かに居住、暇つぶし可能な環境。幟にはマンガもあると書いてありましたが、「今はドラえもん一冊しかないんですよ」とのこと。

 左写真の左、下界を睥睨する馬鹿。右、住人氏。4月1日ネタ新聞の写真にも使ったやつ。右写真、睥睨する馬鹿の目に映る百万遍。結構見晴らしが良くて居心地はよい。

 左、真下を見る。結構高く感じるけどこれではわからんよなあ。右、櫓内に貼ってあった何か。えーと、その…だめじゃん。
 他にこんな計画があると1日付ニュースでも載せましたが、さすがにこれは当局がキレて「石垣カフェまでなら理解できるがこれはいかん、3月31日までに撤去せよ」との通達が来たとのこと。って今日じゃん3月31日。


 というわけで裏手に回って長屋撮影。…うーん…しかし、さすがにこれを分譲するのは、ねえ…これから暖かくなるとはいえ、さすがに…

 とまあ、そんな感じ。これから新歓シーズンなんで、面白いビラとか出てくることを楽しみにしながら。

 しかし、久しぶりにメイドさんのいないカフェにいったら石垣の上ってどうよ、自分。

今日の迷彩日記 4月2日(土)


 本日開店のミリタリーメイドカフェ、Cafe de Jouleてぃえすさんと出撃。もとい帰還。なんか隣のテーブルにm-hiroさん御一行がいたりして、ああ、まあホームタウンだしなあとか思いながら。いや、私ももうここがホームですけど。就活のために黒髪になっておられたので確認に時間がかかったりしてしまったのは内緒。

 で、本当にメイド服が迷彩柄なのな。そしてメイド喫茶につきもののお辞儀での挨拶の代わりに敬礼。店の人同士の会話では「はい」のかわりに「いえっさー」。机の上にはモデルガンが飾ってあり。特に店内までミリタリー一色でないだけにこのモデルガンがなかなかのアクセント。
 いやまあ、私は脳内妻とか脳内妹とかそういうものがいない代わりに脳内(萌え)参謀とか脳内(萌え)副官がいるかもしれないということを否定できない人なんで、これはこれでというかもう少し積極的にアリなわけですが。でもってメイリレートに慣れた身としては料理500〜700円というのは非常に良心的で。これなら大学の帰りにふらっと寄っても大丈夫クラス。
 初日ということでオーダーミスがあったりレジ計算に手間取ったりもありつつ。 下のガンショップも面白そうなんで、ちょくちょく行くことになるかもしれません。

 昨日、エイプリルフールネタで電波法改正とかやったら、本気で改正案が出ててびっくり。ライブドアのアレがらみで当然脳うんたらとは関係ないわけですが、なんだこのタイミング。で、昨日から働き出したドッコイ君に「お前のところ見て決断したんじゃねえか、大臣」とかいわれたり。確かに麻生大臣はパソオタらしいけど…まさか、ね…

今日の後始末日記 4月1日(金)夜


 普段どっちかというとパッシブなニュースサイト管理人(偏見)すらも含む各地のサイト管理人どもが、何かに取り憑かれたように無駄な労力を振り絞りネジの外しっぷりを競うネット上のサンクスギビングデー、読み仮名は狂乱の宴、今年も各地で大盛り上がりでしたね。おかげさまでうちの微妙なネタも多数の人に見てもらえたようで、本当にありがとうございます。
 ということでこのお祭りは日付が変わるとともに何事もなかったように痕跡を消し去るのが美学ですよね。とかいいながら過去ログには残しておいたり残骸へのリンクは貼っておきますが。

 で、毎年この日を迎えて思うのが「みんなはっちゃけすぎだよ!まさかそうくるとは!」という感嘆と、「良かった、見てる限りでは被ってない」の安堵の二つだったりします。後者はいつまで維持できるかわかりませんが…
 さて、来年こそは直前になって慌ててネタ出ししないようにしないとなあ(無理)。

 マリみて新刊読了。期待より話は動かなかったが予想よりは動いた、というところか。短編でなかったということもあり最近では面白いほうだったとは思いますが。

今日の懺悔日記 4月1日(金)


 クソ重い上にあんまり面白くないですごめんなさい。

 今回使用させてもらったのは新聞専用DTP「朝刊太郎」。ネタがどうにも見つからなくてこれはもう妹にでも日記を代打させて「これ嘘の日ですけど嘘じゃないですよ?」とかやるか、でも兄の威厳とか信頼とかなんか色々失うの確定だしああどうしよう、とか煩悶しながらネット上を彷徨していたときに発見。で、夕方から突貫で建造。練りこみが足りないのはそのせいです。
 しかし、この手の馬鹿騒ぎって一旦手を染めてしまうと年を追うごとになんか複雑怪奇なことしなくちゃいけないような気分になって、あまりよくないというか危険だなあ…去年は404ネタ、今年は嘘新聞…そろそろどっかで誰か歯止めかけてくれたほうがいいよなあ…(でも自分からはやめられないチキンというかチキンレース参加者)