最近の日記へ
ばっくとぅとっぷ

今日の更新日記 1月24日(水)


 お久しぶりです。そして今度は期末試験なのでまた暫く潜伏する、かも知れません。日曜くらいにはもう一度更新したいものですが。

今日の電波日記 1月23日(火)


2OO7年度辺境試験科目一覧(科目並び方の参考

(ある意味)一般: 各100点満点、試験時間60分
自動車 野球 三国・戦国(選択)

メカミリ特撮: 各100点満点、試験時間60分
ミリタリーA ミリタリーB
鉄道A 鉄道B
特撮A 特撮B (以上より一つ選択)

ゲーム: 200点満点(配点内訳: コンシューマーゲーム100点、エロゲー50点、一般向けギャルゲー50点)、試験時間80分

映像作品(筆記): 各200点満点、試験時間80分
アニメ 邦画 洋画 ドラマ 韓流から一つ選択

声優(リスニング): 50点満点、試験時間60分(試験時間内訳:機器等説明時間30分、問題解答時間30分)
映像作品(筆記)で「アニメ」を選択する受験生は必ず受験しなくてはならない。ただし、重度の「原作声優原理主義者」については(警備の都合上)免除される。また、「アニメ」以外の映像作品を選択した者は受験できない。

小説(1): 各100点満点、試験時間60分
ライトノベルI 小説総合B (選択)

小説(2): 各100点満点、試験時間60分
ミステリーI

小説(3): 各100点満点、試験時間60分
ホラーI ファンタジーI (選択)

漫画(1): 各100点満点、試験時間60分

漫画I 漫画I・漫画A (選択)

漫画(2): 各100点満点、試験時間60分

漫画II 漫画II・漫画B(選択、漫画B:BL・男性向けと全年齢・BLと全年齢から2題選択)

※工業数理とかそんなのに対応するネタなど知らぬ。存ぜぬ。

Q.あなた馬鹿ですか?

A.今まで私が馬鹿じゃないと思っていたあなたこそ馬鹿ですか?  

 なお、ミリタリーとかのAB分けについては、AはWW2からしか出ないけどBだと古代から現代まで出るとか、そんな感じ。鉄道はAだとJRだけでBだと私鉄・三セクも入ってくるとか。特撮は知りません助けてえらい人。

 漫画はTAが少年漫画・青年漫画、Uが少女漫画でBが同人でしょう、きっと。VCでネチョったり掘ったりする不可思議な作品群が取り扱われると思われます。それBの方が難易度高いって?知らんがな。

 あと、最近の制度変更に旧式な頭が対応してない気もしますが、まあそれはそれ。  

 ……どうやら疲れているようです。もう寝ますおやすみなさい

今日のGEKITSUI日記 1月21日(日)


 表面的なヤバさに気を取られてとにかく露骨に目立つ病巣だけ引っぺがして満足していたら根っこの方に潜伏していた本当に危険な物をみのがしてしまい、気がついたら地味、且つ致命的な感じで病状が進行してもう戻れない…ということは本当にあるんだなあとか、そんなことを思いつつ。

 なにがって今号のミリクラで、マウザー砲抱えた悪魔がGEKITSUIせよとか叫んでいる衝撃のコーナーを見てしまったからですが。すげー。確かに前号の予告でDMCネタ使ってましたけど。まさかここまで直球ど真ん中にパロディネタを投入してくるとは。

 でもって、他のところ…というか硬派な内容の各部にハルヒネタとかネギまネタとかクロスレビューとか助けてマーリンとかネタがちりばめられてるし。ブックレビューにゑろまんがとか同人誌とか取り上げられてるし。こういうのを病巣が各地に転移して処置不能っていうんじゃないんだろうか。

 姉妹紙の方みたいに狙ってます全開でネタを振ってくるのも勿論ありなのですが、こういう何気ないネタ振りというのもまた、こちらのツボを突いてくるもので…実は中の人の深謀遠慮だったりしたら怖いなあ。萌え要素は追放されたのに!だがしかしネタが萌えだけだと思ったら大間違いだわはははは、みたいな。

 ミリタリーに興味がない人も53ページを見たら多分噴く。DMCネタがわかれば。

今日の死亡日記 1月18日(木)


 …つっても前回日記でフラグ立ててた人じゃなく。奴は無事帰ってきて、猫と炬燵で丸くなってます。

 どうもここ1週間ほど、目覚まし時計の遅れ方が尋常じゃないことに。電池も取り替えて、寝る前にちゃんと時計合わせしてから寝てるのに一日経って帰宅すると6時間くらいズレが。何回直してもそうなってしまうので、もうダメなのかもしれません。 脳天に必殺某氏チョップ(寝起きで威力×1.5)を喰らい続けて10年くらい(さらに後期−正面打ちとか行きっぱなしとかそういう概念を得て威力が更に強化されてから6年)、そろそろダメなのかなあ。

今日の伏線日記 1月17日(水)


 昨日起きた大学生刺殺事件、実は我が愛すべき二親等の大学だったり。
…で、奴は朝、「俺は刺されても死なねー」とか言って学校に行きやがったわけですが。

 慈悲深い兄としてはその発言が死亡フラグに類するものであることを指摘した方が良かったでしょうか。「俺はやられんよ」→やっぱり死亡、は基本であるが故。

 まあ、ピアスじゃらじゃら指輪だらけの絡んだらやり返されそうな奴なんで大丈夫でしょうけど(苦笑:中身はお菓子作りと掃除が趣味で猫好きの平和主義者で外面対応が得意な男なんで、きわめて人畜無害…少なくとも私よりは)。

 最悪の場合「ここは俺に任せて先に行け」で逆転生存フラグを立ててほしいものです。

今日の当選日記 1月15日(月)


 

 今年切手シートが当たった年賀状、この一枚だけというのはどうか。

 ……なお、差出人は麦酒の同志でオカルト呑みの愉快な仲間で東京時代に主に食欲と飲酒欲にスライダーを割り振ったダメ生活を一緒に送った岡山人。畜生、やってくれる!

 …いやまあ、私からの報復攻撃もこんな感じなんですけどね。アホだ。アホの応酬だw

今日の相撲日記 1月14日(日)


 相撲。閣下再び。相変わらず、閣下ご本人だけではなくアナウンサーの人や解説の親方も楽しそうだったのが印象的でした。

今日の四枚日記 1月13日(土)



 メガマック。箱を開けたら半分崩壊してたんだがどうか。 下側のバンズが圧力で亀裂入って非常に持ちにくいです。
 ただ、量的にはそこまで思ったほどではないですね。かつての…ボイラーが老朽化してない私ならごく普通にセットでも食えたかもしれません。今回は単品で自粛しときましたが。…ただ、最後の一口まではさくさく食えましたが、ラスト一切れを飲み込むのに苦労したり。なにしろ味は定番のマクド味だからなあ。飽きるよなあ。

 まあ、もう十分かな、といったところ。

 なお、ただメガマックを食いに街に出たわけではなく、てぃえすさんと一緒にFate/zeroを買いに行ったのでもある。

 なんか、メロンブックスで店売りなのに一限がかかってたりして笑えましたがまあ、確保できたのでよし。

 のろのろと読んでますがイスカンダル&ウェイバーたんの豪放ドジッ子コンビがステキっぽい感じで実に。ってこれシリーズ化する気ですか1巻て…

 しかし、今月は文庫本でない小説を買いすぎです。連射王上下にFate/zeroにDDD、あと電撃の通販で川上稔がなんか出してたのでそれも予約。読む本が多いのは嬉しい反面、時間的にも資金的にもとても痛い。精神的に年末の戦闘体制が完全に解除し切れてない感じがして、これはかなり危険な兆候だぞ、と自戒しつつ。

今日の返答日記 1月12日(金)


 も一件メールフォームから。

 各所に来ているらしき(そりゃまあ100箇所に出してるなら各所に届いていて当然なんですけど)ニュースサイト100ヶ所に記事掲載依頼メールを出すと何通反応が来るか? ニュースサイト100ヶ所に記事掲載依頼メールを出すと何通反応が来るか?(2)のメール、うちにも届いていたらしいです。

 ……らしいですというのは、おもむろに迷惑メールフォルダに誤選別されていて、気付いたのがちょっと遅れたからですが(別に意図したからではなくたまにあることです)。

 で、反応はしましょうということで日記欄で反応してみる。

 まず総論として、メールフォームからきたネタタレコミの掲載基準に関しては、choirisさんが一言欄で仰ってる事と大体同じ感じ(当然中の人が私なんで掲載基準はあるのかないのかわからない掲載便宜主義に立っている上、掲載審査会とかもあるはずがないのでその基準は偏向し倒してるわけですが。魔法の言葉は総合衡量)です。あと、一応ぐぐってみて時機に遅れたネタかどうか軽く判断してるくらい。

 この点、本件年賀状の件についてはそんなもんだよなあとしか言いようがなく、映画の件については管轄違いであるため立件見送り、結論としてニュース欄では取り上げないものの傍論たる(本来は違ったはずですが)日記欄での言及ということにします。

 ニュースサイト反応調査の件については、ニュースサイトの中の人というグループの傾向を考えると余程の超大手でメールを全部見る時間がない方か、たまたま更新時期とずれた方か信念を持ってスルーされた方でない限り、少なくとも一言二言の返答はあるよなあ、などと思われます。
 ……しかも、送り先がこの段階で公表されてる点を考えると、スルーしたら後で自分だけスルーしましたとか書かれそうだし、という心理も多分に影響するような気もしつつ(苦笑)。

 …ただ、「片っ端メール(先方参照)」であってもネタがよければ載せるというのは確かですが、仮に以降その「片っ端メール」に今回みたく反応率調査がくっついていたり、送ったサイト一覧が公表されていたりしても、性格が悪くて偏屈で人と違うことを敢えてやりたがる腐った人間であるところの私は「面白いこの俺様を再び自分の思うような行動に誘導しようというのかふはははは…だが、断る!」的に棄却じゃなくて却下してしまう(中身を見ずに形式審査ではねる)、でしょう(そもそも私はサイト論並びにそれに関連する話題とはあまり関わりたくないという立ち位置にいますので)。そして更新間隔が開きまくっている現状、仮にメールが来ていても更新時点で他の多くのサイトが取り上げていた場合、「時機に遅れたネタ」として取り上げないという可能性も高いと思います。つまり、二度ネタはあまり流行らないぞ、と。

 最後、微妙に喧嘩売ってるような文面になっていますが特に悪意があるわけではないです。ご了承ください。

今日の暗号日記 1月11日(木)


 メールフォームからある指摘を頂きつつ、内容転載不許可なので発信者様にだけわかるような言い方を。

「問題は資源の枯渇なんですよ。産出国の一番大きいところはなんか禁輸措置とってるみたいなんでそれ以外から確保しようとするのですが、なかなか高品質な物は少なくて。こればっかりは永遠の資源輸入国にはどうしようもないところです」

 暗号終わり。すげえわかりやすい気もしますが、理解された方も何のことだかは適当に胸に仕舞って置いてください。

今日の深夜日記 1月10日(水)


 友人が「学校の帰りにお前んちよって本借りてく、ついでにCDを貸す」とのことなので、貿易交渉。

 取引日時:H19.1.11 「0250」。

 なんか研究室帰りのようで。いやぁ、理系の人たちは生活リズムというか研究リズムがガタガタで実に大変ですねぇ。

 …巻き込まれる身にもなれと思わないでもないですが(苦笑)。
 まあ、仕方ないですよね。遥か時空の彼方、到達まで何十時間かかり、その間セーブロードを数十回程度しないと到底生きてはたどり着けないという伝説のド辺境もとい幻想郷たる某キャンパスに通っておられるのですから。最新設備のある陸の孤島の隔離施設げふんげふん郊外の新設キャンパスから由緒正しい本国プロヴィンスからそう遠くはない私の本拠地近辺まで帰ってくるのは大変ですものね。いやぁ、新鋭の設備が使える代わりに島流しにごほんごほん理系の人達ってうらやましぃなぁ。こっちなんか伝統格式だけはあるけど建物のぼろさは折り紙付きだもんなあ。

 …なお、特定学部や特定地方を貶める意図はそんなにありません。あしからず。

今日の割合日記 1月9日(火)


 全国平均:1/660
 大阪府:1/420(全国最高)

 何がって?裁判員候補に選ばれる確率試算です。え?計算式?

 …裁判員制度にかかる重大犯罪の発生件数/有権者数ですが。言い換えれば重大犯罪が日本一起きてるのはやっぱり…

 さすがはだいはんみんげふんげふん。

 ああ、ちなみに最低は佐賀。今年は対象事件(殺人強盗致傷クラス)がなんか7件だかしか起きてないとか。これもある意味さすがというか。佐賀だし。

今日の換算日記 1月8日(月)


 思い立って連射王を電撃文庫の頁数に換算してみたら、ハードカバー598p→約760pになった。上下巻ということを考えると文庫にしてもまあ、そこまで厚くはないですねえ。

 しかし、約600pのハードカバーで上下巻3600円強、文庫なら上下巻として精々が1200〜1500円程度…文庫本ってやっぱコストパフォーマンスいいよなあ。

 ここから暴論を膨らませるなら、中高生がライトノベルを読むのって、中身云々より単に「安い」から(正確には安くてその上で文庫落ちでない)という点もあるんじゃないかとか、少なくとも500円玉の価値が大学に入るまでとかなり違った(それはとても貴重な宝石のようでした)自分の中高時代を思い出しながら言ってみる。どうせ誰かが着目してる視点でしょうけど既に。

 ついでに手元にある一番凶悪であると思われる書物、江頭株式会社法を電撃文庫換算(字がやや大きい「本文という名前の見出し」を3割、小さい「注という名前の実質的な本文」を7割と概算)してみると約1367ページ。最厚記録保持の終わクロ7巻にあと+300ページ。さすが江頭は伊達じゃない。

今日の読書日記 1月7日(日)


・電撃の新刊と歴史群像が出てたみたいなので査収に走る。…朝起きたら雪が降ってたので、それが止んでから。

 電撃文庫×3(とらドラと禁書とれでぃ×ばと)と歴史群像はあっさり回収できたものの、川上稔の連射王を捜し求めて結局烏丸三条まで。メディアワークス産ハードカバーなんて図書館戦争以外どこも置いてねぇ…

 で、やっと査収した連射王。ハードカバー上下刊なのに一日で読んでしまう。

 感想としては……その、(以下バレてるかもしんないんで気にする人注意)



 シューティングゲーム(以下STG)という題材を、ここまで熱く、且つ真正面から描ききった小説なんて、今までもこれからもこれ以外にあっただろうか、いや、ない…

 ストーリーというか粗筋は、600ページ近い本文の殆どを、一人の少年が一つのSTG(のシリーズ)にただひたすら挑んでいく様を描いた、殆どそれだけの内容しかないのですが、妙に熱い。なんか熱い。

 この点私が精々東方シリーズをノーマルで死んで死んでやっとこクリアできる程度のSTGの腕前でしかなく故にあまりに高次元の粗捜しとかができない程度の見識しか持ち合わせていないことと、同時に最近、妖々夢で20億出すようなキチガイじみた(注:誉めてます・なお、評価は私基準)腕前を持つシューターな方と面識ができた上友人がその人に触発されてシューター道を歩んでいたりして、その腕前とか日常の練習過程を知っていたりする程度にはこの作品に描かれている(後半主人公が上達した後の)境地を(他人を通して)垣間見られていることが大分プラス評価を下す修正要因になっている気はします。

 共感できてしまうわけですよ、弾の避け方に気付くとか、当たり判定の意味を知るとか安地の意味を知るとか。とにかく東方で最後のキャラと曲を見る聞くまで頑張る、程度に頑張ってきた純然たる素人としては主人公の上達過程に。

 もっとも、そういう自分が普段非生産的だと自覚していることを臆面もなく600ページくらい使って描写していることから、自分のやっている愚行を肯定されたと錯覚して共感しているという面もありつつ(実際、客観的に見るとこの小説限りなく突き抜けてバカで、登場人物は私と同レベルかそれ以上にダメ人間ばっかりだと思います。野球部とゲーセンを両天秤にかけてゲーセンをとるてお前)。  それでも、ここまで清々しく全力全開で描き切られちゃったら共感するしかないよなあきっと、と。川上文体もいつもに比べてそれほどトリッキーじゃないあたりが、むしろ直球な雰囲気を醸し出していい感じ。

 …あと、作品中にやたらめったらSTGの専門用語とかが出てきて、それに対する解説にも異様なほど力が注がれている(文中での解説だけでなく−その本文での解説自体が既にSTG攻略基礎知識として十分成立してるのですが−よけ方とか当たり判定とかの概念について挿絵?で解説してあったり)あたり、途中ではてこれは小説なのか初級STG技術入門の基本書なのかとか疑問にも思いつつ。そんな使い方もできかねません。でもって上巻最後のSTG略年表にも笑った。

 とりあえず、自他共に認めるシューターあるいはSTGを多少なりとも嗜んだことのある人の感想は見てみたいなあと思いつつ。以上、川上信者がお伝えしました。あと共感はするけど私にはやっぱシューターになるのはむりぽ(ヘタレ)。

・他に今日読んだのは歴史群像。白系ロシアの将軍の話とかマイナーで面白かったなあと。国産プロペラの話はこう、わかっていても泣けてきてアレですが。

今日の謎日記 1月6日(土)


 掻い摘むと、妹から「お兄ちゃんにやったら私100人分あげてもいいよ」とか言われたけど100人もいらん妹は12人で手一杯だ、とか、そんなけったいな会話を妹としてたりしなかったり。とりあえず、うちの兄妹は今日もバラバラとかとは無縁であります。少なくとも今は。

今日の換装日記 1月5日(金)


 最近のPCの調子の悪さはIDEケーブルに由来するのではないかと思い立って換装。なにしろ、二台用のケーブルの一台向けの端子が?げた状態で無理矢理使ってたからなあ。
 したら、今のところ調子は安定。死んだと思って外してたHDDを繋ぎなおしても無事動作してるんで、やっぱ物理的にケーブルが逝ってただけだったかと。これでもう暫く持ちこたえてくれるといいなあ我が愛機。

今日の新年会日記 1月4日(木)


・RGC-OB会の新年会。概ねいつもと変わらない面子なんで、つまりはとても楽しい飲みだったわけですが一点、いつもいるはずのりっぷるまーく氏がいなかったので軽く違和感。 やっぱ先輩はいないとダメですよー、いろんな意味で(苦笑)。

 しかし、あのカリと飲むようになろうなどと、中学の時の私は欠片でも思ったことであろうか、いや、ない(しみじみ)。相変わらずのマウンテンライフをすごされているようで、何か安心しつつ。

・年末あれだけ買い込んだのに、つい立ち寄ったメロンでまたしても散財してしまう。止まる所のない物欲を抱いて切腹した方がいいような気がします。世のため人のため。

今日までの年末年始日記 12月29日(金)〜1月3日(水)



 皆様、明けましておめでとうございます。今年も相変わらず暫くの間は更新頻度は減りこそすれ増えることはありえないような体たらくですが、お付き合いいただける方は生温かく見守っていただけると幸いに存じます。
 …てなわけで、コミケの記録とか、そんなものを書き出してみましょう。

・29日 移動日
 今回は資金難・日程問題等から一日目の参加は回避(結局人に買い物は頼んでるので、あんまり意味がなかった気もしますが)、この日に東京に向け出発。交通手段は勿論青春18切符+東海道線乗り継ぎ8時間強の旅。ええ、基本です。新幹線?なにそれ美味しいの?

 …なんか、出発しようとしたら早速京都近辺吹雪いてる(京都基準で)気がしますが…関が原、突破できるか…?
 で、案の定遅れる電車。だがしかし遅れた理由は吹雪ではなく線路内車立ち往生。なんだそれは。結局、米原・大垣あたりの一面銀色のホームでは寒さに震えつつ、名古屋以降は雪も降らず温暖、快適……とはとてもいい難いおなじみぶらり鈍行の旅。状況手段が鈍行乗継だというと、大多数の人は「自分には無理」といわれますが、私のような歴戦のトウカイダー(東海道線で東京と関西を右往左往する人)にはなに、朝飯前ですよ(但し往路のみ。復路はほんとしんどい。修行が足りないのかもう歳なのか)。
 車内の混み具合と、となりの友人が見てるカタログの傾き具合が連動してる(混んでくると中身が見えないように縦になり、空いてくると気が緩んで横になる)のに笑ったりしつつ、泊地である知人宅へ。

・30日
 この日から戦闘加入。目的地はメカミリ戦域のみなので軽め…と思いきや、人から頼まれて西館は西館でも「あ」スタート、つまり腐女子外周の買い物からスタートする羽目に…まわり、腐女子が7に空間が3、腐女子が7に空間が3であります。男女比1:100くらい、完全に雰囲気に圧倒される…また、周り女性ばっかで背が低いから男としてはかなり背が低い私でも周りをぐるっと見渡せてしまって余計に孤立感が…

 やっとのことでメカミリエリアに帰還してお買い物。本日最大の目的物である内田さんやMURAJIさんたちのところが、メカミリサークルなのに外周に列を形成しているという物凄い伝説を打ち立てられている様(中の方々にはお疲れ様でしたとしか言いようがないです)に戦慄したりしつつ、目当ての本を物色。13時過ぎには撤退。18時からアン中尉さんに連れられてRSBCML飲みに参加。「皇国の守護者」の漆原×新城本なんかを見てお前それはちょっとどうなのか、と思ったり。恐るべし腐女子。

・31日
 ♪本を買う姿まさにオタク チェックリストを振りかざして 叫ぶ「新刊全部」〜列で待つ姿まさにコミケ 千円札が咲き乱れて 並ぶ次のサークル〜(中略) 左の腕に手提げ袋 目に付く本を品定め これを買えと脳が疼くのだハイな脳が疼くのだ どれが内壁かどれが島中か薄い本ばかりが増えていく〜♪
 …とまあ、Romanは見えざる腕よりな感じで頑張る。あやうく帰りの横浜までの切符代とか、バス代とかまでやばいかと思われたものの、蓋を開けてみればそこまで危険な事態にはならずに一安心(結構ギリギリまで使ってしまったことに変わりはないですが)。

 退却は臨時ながら。さすがに元日から東海道線で丸一日潰すだけの根性は私にはないですw
 …勿論、そんな人は多数に上るわけで、「家に帰るまでがコミケです」の至言通り臨時ながら乗客のオタ率はほぼ100%。肌色のやたら目立つ紙袋が転がり、薄い本を読む人が散見される魔列車で新年を迎えました。誰だよ、新年になった瞬間拍手した奴(苦笑)。「ただいまより、西暦2007年を開催いたします」とか思わずアナウンスしたくなったじゃないですか(注:してませんよ?)。
 …ちょっと、乗り合わせたオタグループの女の人が五月蠅すぎ(なんか同じグループの人を勘違い痴情の縺れで糾弾してたっぽい:周りの人を省みず)てイライラしましたが、その人は横浜あたりで降りたので一安心。しかしなんだったんだあれは。何故指定席まで買ってわざわざ品川−横浜間をながらで移動…

・1日
 初日の出を石山近辺で拝みつつ京都に帰還。2時間の仮眠の後親戚対応に忙殺。死、死ぬる…

・2日
 一日親戚対応してたので疲れは2日に持ち越され、結局寝てるか届いたひぐらしやってました。歳ですね、激戦の疲れがなかなか取れない(苦笑)。 というわけで実はまだ半分ほどしか目を通せていないわけですが、戦果発表など。
NOT-ERO:66冊
ERO:36冊
ゲーム:2枚(上記分類各1ずつ:通販に回したひぐらしは含まない)
音楽CD:2枚(上海アリス)
CG集:3枚(含バトルファンタジア)
カレンダー:3つ

 …まあ、こんなところですかね?今回、グッズは殆ど買ってません。これは偶然じゃなくて、経費節減の為に大物グッズを出すサークルはわりと削ったのです。単価高いし。
 あと、企業ブースには例年通り手を出してないのでFate-zeroも委託待ち。予算も体力もないですよ、企業に行けるほどw

・3日
「有明の戦果はどうよ?」とか聞いてきた年賀状があったので、そいつにはこんな写真を貼った年賀状を送りつけてやる。コンセプトは「今年一年、お互いいろんな意味で大漁だといいね」。多分、私が今まで送った中で最低の年賀状だと思います(苦笑)。

 干支にちなんで、祖母の知り合いの旦那が撃ってきたという猪肉で牡丹鍋をしたら、私が食った肉の中から鉛弾(散弾)がでてきました。うーん、新年早々憑いてますねえ。

 なんか、昔から私はこういう肉とかの中の異物によく当たるんですよね。骨がないはずの旅館の刺身で思いっきり骨に当たって喉に刺さったり(これがトラウマで鯵はあんまり好きじゃない)、鱧の骨のたまたま骨きりしてない部分が歯茎に刺さったり。もはやそういう星の下にあることは諦めつつ。

 ……とまあ、こんな感じです。それでは、今年一年もどうぞよろしくお願いします〜。

 あ、あと年賀状を下さった皆様にはこの場を借りてお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。