過去日記目次へ
ばっくとぅとっぷ

今日のNG日記 11月30日(金)


 世界で一番NGな恋。夏夜さんクリア、現在姫緒のたぶん佳境。

 夏夜さんはあれだ、主人公の60倍はダメ人間だと思う。現実にいたら(わりかしいそうな気もする)物凄い苦労してそうな。

 あとは名古屋岐阜ネタとか。いやわからんのだけど。真首都民だし。

今日の読書日記 11月29日(水)


・読了:北欧空戦史。名著だけど読んでなかったところ、学研の文庫になってたので。
 断片的なエピソードはこの本の後に出た各種の本とかで知ってましたが、通して読めばやっぱりフィンランドという国の恐ろしさをひしひしと感じる内容でありました。なんなんだあの国は。多分極東の島国が同じような状況になったらあんなに粘らずパッと暴れてパッと散るところを粘り抜きおってからに。なんというか、さいきょう。

 …あと、なんかカタヤイネンがうぃきぺの珍項目入りしてましたが、絶対この文庫版での再販の影響だよなあ、ちょっと前に見たときはなかったし。

・○本の住人 2

 相変わらずこの作者のセンスは狂っている(超誉め言葉)

・ガンスリ 9

 義体初の殉職者(心中は一人いましたが)が出て、その衝撃をいろんな人(というか大人)が受けてるような。ヒルシャーさんの反応が暴走系死亡フラグっぽいんだけど、大丈夫なんだろうか。あとジョゼさんだけなんか1巻の頃と比べて変わりすぎだと思う。他はそうでもないのに。

・まりあ†ほりっく 2

 主人公の変態化が進行しすぎている。

・NHKは一体何があったんだ…

今日の反省日記 11月26日(月)


 さすがにちょっと放置しすぎましたね。21日からこっち模擬店にバイトに遠足と用事が立て込んでいたのでずるずると一回飛ばししてしまいました。ただでさえ脈拍数低下しまくりなのに一回止まったらご臨終に限りなく近いですが、リアルが充実(…充実?)していたのでやむをえません。ドラクエとかエロゲとかそういうなのとは関係がないのです。そう、決して!!

 …うん、ごめん。

今日の××日記 11月25日(日)


 ヒロインエディット+シムもどきな、××な彼女のつくりかたとかプレイ。TYOUKYOUもシムも好きなので結構面白くはあるのですが、CG・シーン閲覧が使いづらかったり(そのくせイベント回収は結構しんどくね?)性格のバリエーションが少ないうえにそこまでイベントに反映されてなかったり私服も選択肢少ないかもなあとか、不満点もちらほら。なんだかんだで一定レベルの中毒性はあるんですけどね…システムがやや重いとか、そういう点は抜きにしても…

 あとな○はさんプレイはアソビットだけの特典と知って泣いた。全俺が泣いた。

今日の遠足日記 11月24日(土)


 すぐ下、某大学の学祭にまでひそやかに進出していた我が所属部OB会の秋の遠足。なんでそんなに活発なOB会活動があるのか(そもそもOB会公式行事とかなんであるのか)は、私も知りません。ともかく、今回は紅葉目当ての観光客でごった返す真首都を離脱して、隣国は近江八幡市へ。一応目的らしいのは、琵琶湖上に浮かぶ人口400人程度の有人島、沖島。湖上の島に人が住むのは世界的にも珍しいらしいです(大きいところではこの前私が誤読やらかしたマニトゥーリン島とかあるので、唯一ではないでしょうけど)。一応「歴史公民倫理以外の社会科」のクラブであるという建前であった某部のOB会としては、こういうチョイスもアリなのです。いわゆる巡検、てやつですか。…現役時代にはそんな活動、ついぞやってませんでしたがね。



 左、晩秋の琵琶湖の静かな湖面。普段お屋敷で自主閉門している身にとっては心洗われる静かな光景であります。ただし、同行者並びに私がいい歳してはしゃいで写真撮り倒しておったので色々ぶち壊しですけど(苦笑)。
 島へは当然、連絡船で、5分程度の距離。沖と名はつくけれどぶっちゃけ岸からすぐです。そういや去年もこの時期に船に乗る用事がありましたねえ…去年乗った船というか艦は排水量4550トンの堂々たる護衛艦「さみだれ」だったので、湖の渡し舟とは全く比較になりませんが。
 右は船から島を見たところ、うしろに雲じゃなくて山が写るのが琵琶湖クオリティ。参加者の約一名が敢えて山の方とか見ないようにしながらうみねこうみねこ言ってましたけどお前は真っ先に魔女にアレされるといいよ。



 うみねこうみねこ言うアホを増長させた何か(苦笑)。…まあ、壊れてなかったから無事生還できたわけですが。

 

 上陸。小なりとはいえ漁港があり、山肌に階段状に造られた神社は宗像三女神を祀り、家々をつなぐ道は細く曲がりくねっている…というのは紛れもなくここが島であることの証。…ですが、潮の香りがしないという一点が、あるべき何かがないという不思議な感覚をもたらしてきます。滋賀県民の血も混じっていて、幼少時にはよく琵琶湖で遊んだ身とはいえ、やっぱり漁船とかが一杯停泊してる港で何の香りもしないというのはなんか、こう…
 そんな何かが欠けてる漁港でもネコと用途不明のロープはしっかりあるあたりが笑えました。残念ながらネコの写真は撮れませんでしたが。

 まあ、別に見るものがなんかあるわけでもない島なので怪しい20代の男7人ほどで島の中をぞろぞろ巡検しつつ。絶対不審者の集団だと思われてただろうなあ。実際不審だしなあ(苦笑)。島特有の道の狭さ、細さなんかや「なんかどの家もトイレの扉が外に出ている(玄関と並列または直角にトイレのドアがある)」なんていう話を、巡検的にしながら。



 全校生徒7人とかの絵に描いたような「島の小学校」、沖島小学校。校舎の前はグラウンド代わりと思しき空き地を隔てて、すぐ琵琶湖。こうしてみると校舎も年季が入ってるように見えますが、実は築10年程度の新しい建物でした。真ん中はその小学校のスクールボート。当然、「スクールボート…スクールのボート………Nice Boat!!」とか言い合うアホな先輩たちが現れて、それを後輩たちが「また始まったよこの人ら」みたいな目で見ていたことはいうまでもないでしょう。右は琵琶湖クルージング船、ビアンカ。この船、なんかこんなこともしてるのを今検索で知って吃驚というかその、なんだかなあ。



 思いっきり少年写っちゃってます(というかむしろ主題)けど、携帯カメラのショボい画像で顔まで見えないしまあいいですよね? これもやっぱり対岸が写ってるところが日本一とはいえ、所詮は湖。所詮とかいって干上がられたら我々真首都住民も壊滅しちゃいますけど。右は…制御棒付き自転車? この制御棒を親御さんが握って散歩とかしてるとしたら…い、犬の散歩だよなあ…



 本土に戻って、西国三十一番札所、長命寺へ。ここは808段あるという石段が有名な寺であり、まだ一応20代の若々しい男性であるところの我々としては勇躍山門まで駆け抜け…駆け抜け…ぜ、ぜはー……ぜはー……やば…脚が……

 若い男性である以前に自主的に座敷牢に入ってる運動不足な不健康野郎であるということを思いっきり痛感さされました。まさか、健康長寿の寺の石段で死にかけるとは。す、少し運動した方がいいなあ、これは… この後暫く足が震える所為でまともに写真も撮れなかったという…

 帰りは石段の数が本当に808あるのか数えながら戻りましたが、785段くらいしかなかったですね。いやまあそれでも普段微動だにしていない人間の脚を意思とは無関係に振動させるためには十分な数ではあるのですが。



 そして市外を散策。水郷として名高いだけあって、堀端は晩秋の冷たく落ち着いた空気と相俟って静かに佇むにはとてもよい感じでした。人もそんなにいないし。



 近江八幡城址麓の神社にて、餡麺麭男一味が何故か祀られている図。神か…やつらは神だったのか…だとしても黴菌男は間違いなく祟り神だ…!



 このおねがい地蔵堂という文字を見て、なんかおねティとかおねツイとかを連想しちゃったんですけど、私病んでますかね? おねがいとか平仮名で書かれたら連想しちゃうものですよね?
 …と友人に言ってみたところ、「真ん中に☆が足りねえなあ」という指摘が。…確かに。「おねがい☆地蔵堂」なら完璧ってなにが完璧なんだ。



 メンタームで有名なスーパーオウミブラザーズの本拠地。六角と浅井のどっちが赤でどっちが緑かはしらん。知名度で言えば浅井が赤っぽいけど、由緒的には六角か…
 そもそも近江兄弟社にはスーパー付きませんけどね。



 こんな感じで地方都市を一日散策して遠足終了。最後はいつも通り居酒屋で騒いで(一日中騒いでる?気にしちゃいけない)、京都駅の大階段近辺(混みすぎ)で駄弁って一日終了。久しぶりに色々な場所を・ゆっくり歩いて晩秋とバカたちとのバカ騒ぎを堪能しました。

今日の勤労日記 11月23日(金)


 勤労感謝の日ということで妹君が家族に結構高いシュークリームをプレゼントしてくれたんですが、私だけ名目が勤労感謝じゃなくて「DS貸してくれてありがとう」だったんだぜ?

今日の三章日記 11月22日(木)


 破邪の剣の出現確率下がってね? ……前から出ないときはとことん出ないものでしたか。しかし、章ごとに袋でアイテム持ち越せるのはバランスブレイカーだよなあ。具体的には破邪の剣×99。思わずやっちまったけれど。

今日の謎部日記 11月21日(水)


・「高校のとあるクラブのOB連中が」
 「何故か、とある大学の学祭(の前夜祭)で」
 「何を考えたのか、ただそのためだけに集結して」
 「よくわからないが、酒を売る」

 ……という、あまりにも意味不明な企みに参加するというか顔を出すというかしてきたり。まあ、平たく言えば「なんでお前らがここで集まってこんなことしとるねん」的集まり、というわけです。 なんか折田大学の学祭なのにここだけ母校の某部室。カオスだ。カオスすぎる。しかも完売するし。恐るべし、自由な学風。

・efがなんかすごいことに…って、考えたらあの問い詰めのwindの会社か。じゃあさもありなん。しかし、演出だけなら今期最強かもなあこれ。原作やってないからそれ以外の部分はよくわからないけど。

・やっと髪の毛を切ったので前髪主人公状態…というか、前回は矯正かけなかったので好きに曲がっていた前髪庇状態から脱却できました。うん、実に頭が軽い。

今日の不沈日記 11月20日(火)


 読了:不沈艦伝説 大内建二 光人社NF。
 タイトルは偽りあり、というかかなり誇張かも。超強運な艦、何度沈みかけても復活した船、不沈のはずがあっけなく沈んだ艦とか、ある種雑多に紹介されているので。

 しかし、その内訳で言うならやっぱ米艦の殴られても殴られても沈まない度は異常であるなあと。この点、どっかの国は「激戦に参加しても参加してもなんか大打撃を受けずに生き延びた」スノーウィンドはじめとした強運艦こそ何隻か取り上げられているものの、不死身系統の艦はいないしなあ。あとウォースパイトはやっぱり変態。

今日の返信日記 11月19日(月)


・メールフォームから。RKさん、ありがとうございます。

射影機!射影機!

 …ありがとう! 意図したところを適切に汲んでくれて、本当にありがとう!

 …というわけで、前回の適当にも程がある日記への反応があって、少し嬉しい管理人でした。まあ、二度目は使えない手なんですけど。

・なんか風邪ひいたっぽい。寒かったから、だろうけど、単に一回ガチバトルしたらエネルギー使い果たした、とかじゃないだろうなあ…だとしたら体力落ちすぎだ俺…

今日の老朽日記 11月18日(日)


 ガチバトルで手が疲れるのは昔からだけど、最近目が異様に疲れるようになっていて困る。いやもう霞む霞む。目薬は必需品。

 ガチバトルどころか、最近は趣味行動中でも目の疲れが顕著でとても悲しい。もうダメなんだろうなあ。もうすぐ四捨五入も出来なくなるしなあ、年齢も。

 …そもそも、数ある趣味のほとんどすべてが目を破壊しようとしか思えない物なんですけどね。モニタ監視業とか、紙面監視業とか、縮小物組立業とか。

 このままではいつか、今でさえあると断言しがたいマイアイが自然消滅とかもありそうです。あ、今笑った奴睨む。睨んでやる。

今日の感想日記 11月17日(土)


・クラナド6話。岡崎最高〜〜〜!!

・ガンダム。ゆっくりとだけど確実に主人公のキャラを立てつつある、とは思う。現時点で圧倒的に不利な因縁の相手とか、味方間の立ち位置の違いの描写とか。連呼されるのがガンダムマイスターと言うのが非常に間抜けな気がしなくもないけれど。まあ俺はガンダムだ、よりはマシか。あとはバスガス爆発。

…しかし、PMC本部っていうのはなんかのギャグなんだろうか。

・ひぐらし。羽入転校でえらいかわいいなあおい。本筋の方はあの唐突な黒幕の黒幕とかが出てきて、プレイ時のなんだこりゃ感を微妙に思い出したりもしましたが。

今日の欠損日記 11月16日(金)


 紅い表紙の日記:

 今日××××な×××××××ゲ××××××××
×××しかし××××××奈良×××××
どうにかして××××××××××××××××××


 日記の殆どは、長い歳月を経て風化して読めない。後半は何者かに破り取られているようだ…

 とまあ、ホラーゲームの、クリアするだけなら特に必要ないような気もしなくもない手記系アイテムの断片風誤魔化しを三連続で試みてみるほどに、三日続けて特筆事項なし。

 …ああ、一つだけ。東方風神録:諏訪子の帽子って空飛ぶスパゲッティ・モンスターに似てませんか? 
 とか、そんなことを思いつくくらい平穏無事に過ごしているのです。

今日の空白日記 11月15日(木)


 花柄の表紙の日記:




 この日付は空白のようだ。

今日の黒塗日記 11月14日(水)


 箔押しの表紙の日記:

 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


 …日記は黒く塗りつぶされている。

今日の墓穴日記 11月13日(火)


 前々からわかっていたことではあるけれど、私に止めを刺すのは常に、私自身の目立ちたがりで人の興味を引きたがる一面であるらしい。

 …あんなこと、調子に乗って喋らなけりゃ良かった…

 そんな、うっかりと黒歴史っぽい過去を自白してしまい、後から後悔に沈む日。

今日の南朝日記 11月12日(月)


・読了:「皇子達の南北朝 後醍醐天皇の分身」森茂暁(中公文庫)
「○良だらけでややこしいねん」「そもそも「よし」か「なが」かはっきりしろ」と日本史履修者にかすかな怒りを提供する(妹君談)、後醍醐天皇の皇子列伝。一番有名な大塔宮護良とか、征西将軍懐良とかもさりながら、母方は歌道家の家系で自身も歌人、親父がアレでなければ戦になんて出るはずもなかったのに延々と東国を転戦したり漂泊したりしつつ、結局75歳まで生き延びた宗良親王がちょっと印象的だったり。この人は何を思いながら50年余も余り向いてなさそうなことと向かい合い続けたんだろうなあ。
 あとは、南朝の政治組織の制度にも軽く触れてあったのが興味深かったり。というか、漠然と南朝方にそんな組織があったなんて思ってなかった(後醍醐天皇とか北畠親房とかがばっさばっさやってたのかとばっかりてっきり)ですけど、そりゃ一応あれだけの期間存続したんだからある程度の組織は整備されてますよねえ、やっぱり。

・そもそも関西弁女子はあまり好きじゃない(地元であることのネガティヴ効果)のですが、ちょっとここ8ヶ月ばかりでそれが中和されつつある気がします。おそるべし植田佳奈(なのはさんStS→レンタルマギカと3クール連続関西弁キャラ効果)。

今日の吸血日記 11月11日(日)


・ヘルシング9巻読了。次くらいで終わりでしたっけ? それにふさわしくいろんな人が退場しておりますが。

 そんな中、まさかのあの人再登板に噴いた。

・歴史群像、読了。ハーグ陸戦法規の記事は学校で習ったこともあって興味深く。あとは人民解放軍創設史とか血盟団事件の記事が面白かったですね。ここ数号連続で昭和前期のテロ事件の記事が続いていていい。いいけど読んでると当時の日本のアレっぷりに頭が痛くなってくる罠。これは帝国国防方針の記事にもリンクしてる感じですが。

 逆にミッドウェイとかはなあ。なんかもう、なあ。 いやまあ、新規読者というのがいる(そして重要である)以上、有名論点は取り扱われねばならないとはいえ、なあ。

今日の炭酸日記 11月10日(土)



・ガンダム。あいかわらずたかいめっせーじせいをひめたさくひんですね(棒読み)。
 それはそれとしてコーラサワーさん再登場。そしてネタキャラとしての地位をがっつり固めて去っていく。

・クラナド。今回も風子。うむ。

・キミキス。…あれ?勉強嫌いの理由って元のままだっけ? …よくわからんなあ。

今日の空白日記 11月9日(金)


 概ね何もしていない。

今日の弱小日記 11月8日(木)


・コンビニでハバネロスープを見つけたので試してみましたが、これは結構美味しいですね。無駄に激辛でもなく、かといって何口も続けて飲むとちょっと辛さが来る感じで。妹君も気に入ってました。

・購入:歴史群像、「弱小空軍の戦い方」(光人社NF)。歴史群像はまだ読んでませんが、帝國海軍爆沈事件簿と言う記事が、タイトルからして。多分内容は知ってる事な気がしますが、まとめて読むとたぶん壮観なんだろうなあ。…壮観?

 後者は低地諸国とか東欧諸国とか北欧諸国の(弱小)空軍の奮闘記なんですが、出てくる飛行機出てくる飛行機ことごとく複葉機だったり一葉半だったりパラソル翼だったりするのが泣けてきます。第二次大戦の話してるのに。ちょっと英国から買い付けに成功したかと思ったらグラディエーター。やっと全金属製低翼単葉の新鋭機をゲットした、と思ったら独逸様がくれたBf109E。嗚呼。
 列強中では最低だとかやっぱり実はへっぽこだとか言われる極東の島国の航空機ですが、ここら辺と比べると実に精強で進歩的ですよねえ。比べだした時点で敗北主義な気もしますが。

今日のガチ凹日記 11月7日(水)


 …やっちまった。はぁ……(何があったかはトップ記事参照)
 ここまで酷いミスは日記6月だか7月だかの飛行機それ全然違うだろ事件以来ですね…自分が絶対ミスをしないなんて思ってもいませんが、やっぱり…凹むなあ…今回は元記事がそれなりに受けて、各所にリンクされていたから、なおさら…

今日の間抜日記 11月6日(火)



・火曜だ火曜だとばっかり思っていた所用が、実は木曜だった事が発覚。即ち気合を入れた外出空振り。 …逆(木曜だと思っていたら火曜だった)じゃなかったことを喜ぼう、うん。

・そんなわけで外に出てメガ牛丼(今更初)食ってたら、なんかメグメルが流れ出してあー。しかし、メガ牛丼は食べるのに要する時間が特盛と殆ど変わらないなあ。そして特盛と大盛も殆ど変わらないような…最短時間で高カロリーを摂取する手段としては優れているともいえますが、どうにも。物足りないわけでもインパクトがあるわけでもなく…ただ、肉と米ですねえ…なんというか…二杯目は食べんだろうなあ…

今日の在庫日記 11月5日(月)


 

・写真は京都アニメイト・メロンブックス前の丼屋のあんまりな閉店理由。って今まで在庫で営業してたのか!

 なお、私はこの店には一回しか入ったことありません。それも大分前だから在庫オンリー営業モードに入ってから、ではない、筈。

・どっかの党首の件、とある新聞の突出した論調が判明したり、黒幕(の一人)はその新聞の頭で黒い野球軍団の諸悪の根源じゃないか、なんていう話が出てますが、本日関西10チャンネル(日テレ系、というか日テレ以上にそのものずばりな名前の局)の某ワイドショーで、「どうも黒幕はこの局では直接名前をいえない新聞のえらい人らしいですな。今日東京に行かない(あるいは流れない、だったか)から言いますけど」とかさらっと言っていて笑ったり。そりゃ直接はいえないわなあ。というか婉曲的にでも敢えてその件に触れるあたりが関西クオリティ。

今日の紅楼夢日記 11月4日(日)


・東方紅楼夢に行ってきました。何気にみやこメッセイベント初参加。会場一時間くらい前に会場に着いたら、既に疎水西沿いを一ブロックばかり南まで一般待機列が伸びていたりして軽く驚き。ここでやるイベントはいつもこうなのか。それとも、単に最近コミケでスペカ発動戦闘しかしてなかったから私が軟弱になっただけか(多分後者でしょう、いや実際多かったですけど人)。

 戦闘自体は、「逃したら三日は凹む」クラスの超重要物件があるわけでもなかったので、適宜目に付いたものを捕獲しつつ十二時過ぎくらいに撤退。予算は多少足を出しながらも、想定の範囲内。久しぶりにオンリーを堪能いたしました。

 その後飯を食ってるときにふと思い立って、京都御所の一般公開へ。会期最終日の閉門四十五分前に滑り込むというギリギリさ。

 …実は入場時に持ち物検査があったりして、ある種のピンチ(この直前に私がどこに行っていたか考えよう)はあったりしつつ。「この硬いものはご本ですか?」「はい。確認しますか?」「(外から触る)…いえ、大丈夫です」

 一般公開自体は昔に一二度来たことはあったりしつつ、久方ぶりに雅やかな建物周りをうろうろしてきました。庭はもう少しあとの方が色づいていてよさそうだったけど、まだほとんど緑な中にほんの少しだけ紅葉が始まっているという状態も、これはこれで。

・で、帰ってきたらなんかどっかの野党第一党の党首が変な爆弾落としてたり。なんというか、また始まった、みたいな。毎度毎度の事ながら何がしたいんだかなあ。

今日の行当跋倒日記 11月3日(土)


・すなわちいきあたりばったり。なお、跋の字に意味はない。 何がかって、「明日の紅楼夢用の弾丸を稼ぐため今日は日払いのバイト」な私がですが。自転車操業にも程があるぜ。

・ガンダム。初めて面白いと思えた、かも。共感強化人間風とか重力対押し返しとか、歴代ガンダムに則ったシーンを持ってきたりしつつ。純粋な戦闘シーンはなかったものの、「はじめてガンダムどもやるなあ」と思えたような。今までは単に雑魚を蹴散らしてただけ、でしたからねえ。…まあ、おっさんあんなところで演習させんなよとかそういうところは置いといて。この調子で頑張ってほしいもの。

・クラナド。今週も風子。ひたすら風子。しかし、能登ことみはなんか慣れんなあ。PS2版が出た時だっけかにそういう風な話もありましたっけ?

今日の東寺日記 11月2日(金)


 東寺の特別拝観を見に行ったり。何度か書いている通り、マニア人生のスタート(三歳児くらい)を仏像マニアで始めたような人ですからして寺とかもいまだ好きなわけです。久方ぶりに多数の仏様を拝み、心穏やかになった秋の夕暮れでありました。面白さで言うならば観智院の五大虚空蔵菩薩像あたりは結構素敵であったかも。なんかちょっと乗ってる動物が青銅聖衣っぽくて(所詮幼少時の趣味ですから観賞眼はこんな程度です:いや、ちゃんとした見方をしていいなあと思ったのもたくさんあるのですよ?)あとは武蔵筆の水墨画とか。夕方くらいに行ったのであんまりゆっくり出来ないのは残念ではありましたが、やたら観光客の多い寺(当たり前か)なのでまあ、どっちみち、ですか。

今日の中日日記 11月1日(木)


 中日おめ。話題の継投策に関しては、そんなこというけど縞々球団だったら有無を言わさず7回からJFKだった気がするので、あまり責められないよなあ、とか。