過去日記目次へ
ばっくとぅとっぷ

今日の閏日記 2月29日(金)


 この日付の日記をまさか欠番にするわけにもいくまいて(まるで小学生)。

 …まあ、どうせ本日のご予定は東鳩2AD買ってくるだけなんですけどね。

今日の購入日記 2月27日(水)


 購入:トリコロ、ジパング、未来日記、ひだまりスケッチ、フォーチュン†ブリゲイド。トリコロだけのために結局繁華街にまで出かけてしまうという。

今日の六周年日記 2月26日(火)


 メールフォームより、うみうしさん。

六周年おめでとうございます。 体を壊さない程度にこれからも頑張ってください。 とりあえず10周年を目指しましょう。 では七年目の更新頑張ってください。

 ありがとうございます。というわけで、当サイトは本日を持って6周年を迎えることができました。どうやら多くもないけれど少なくもない程度の皆様に支えていただ……
 いての期間は実はまだ、5.5周年、といったところなんですけど(苦笑)。最初の半年間は純粋に内輪向けのサイトで、半年で7000ヒットくらい(一日平均40ヒット程度)のサイトに過ぎませんでしたから。まあそんな細かい内部事情はさておき、当時と比べると、累積ヒット数、内容ともに隔世の感があり感慨深いものがあります。…よくこんな末期的な趣味をここまで続けてるなあ…
 とはいえ、この6年間で一部世間におけるアクセス数の基準はだいぶインフレを起こしておるため、6年やってこの程度、大手となかよしこよしなわけでもなければ中堅でさえない、メインストリームからは相手にされずにただ細々と続いているだけ、と言えるわけで、この点については忸怩たるもの無きにしも非ず、ですが。まあ、これくらいのほうが自分が取り上げない記事を好き勝手に選べるから気楽でいいんですけどね。それに私、辺境の小国とか好きですし(信長だと東北地方とか極初期関東あたりが好きな人)。

 ともあれ、こんなやくざな趣味をまだいつまで続ける気なのかは私自身にもさっぱりわかりません(10年は…さすがにやってたらすごい(バカだ)よなあ、自分)が、適当にお付き合いいただけると有難いです。

今日の折田日記 2月25日(月)


 Today is "O" DAY!!

今日の積雪日記 2月24日(日)


 三月ももう近い(げ)というのに、また結構な積雪。家の外はまだしも、私の部屋と母屋をつなぐベランダは風もあまり入り込まず日もそんなに差さないため、夜になっても雪が溶けずそのまま凍ってしまうから困ります。しかも近年はベランダが飼ってる犬のトイレ化してるので、うかつに雪の中をざくざく歩くと触雷しかねないという。
 嗚呼、昔は「外の雪は溶けたけどここの雪はまだあるよー」とかいって雪だるまとかつくって楽しめたのに…純白の雪さえも汚染されてしまっているむなしさよ(昔との差異は、単に犬を飼いだしただけ)。

今日の迷宮日記 2月23日(土)


・東方キャラ縛りで命名してるはずなのに、ペット(狼)に「ざふぃーら」とつけてしまうのはお約束ですよね?

 虎にして「ちぇん」、あるいはパンダで「ちゅうごく(めいりんはさすがにかわいそすぎる)」もしくは狼で「もみじ」といった選択肢もないではないとは思うのですが。いや、ないかそれは。

・ガンダム。コーラサワーさんとグラハムさんの格好よさ(ベクトルは少しというかかなり違う)と、中佐の被逆襲フラグ的調子に乗りっぷりが印象的。全陣営に「誰かの気分しだいで行動をストップさせられないけど超強い機体」が配られた中、これからもフラッグで戦い抜こうと決意しているグラハムさんはいろいろ鍵を握る存在になってるのだろうか。
 日本の人は不幸のズンドコまで叩き込まれてしまって、重ね重ねご愁傷様です。 …でもまあ、ルイスのときと違って同情できないんだよなあ。あれだけ出しゃばってたらそりゃ消されるわ、あの姉。

今日の迷宮日記 2月22日(金)


 宿泊専用キャラ作戦が使えないことにより、金欠度は前作よりアップ。よしそれならば採集部隊出撃だ…ってラフレシアっ!?

 つうかいきなりクローラーにあって朝の6時から町に追い返されました。

 FOEって倒しても経験値くれないんですね。苦労して鹿倒したのに。しかも毛皮じゃなくてぶよぶよする皮しかくれないでやんの。

今日の迷宮日記 2月21日(木)


 キャラ名と編成、それが第一にしておそらく最大の関門だ。 そんな、なにがしか統一した命名基準に拠りたい派。前回は東方キャラで固めたけど、さて今回は…数が多いから(もちろん二軍も含めて全職種一人は作ります)なのはさんとかでぴったり当てはめるのも難しそうだし… …19人姉妹…? いや、それは多分やってるうちに凹んでくるからやめよう…(結局東方キャラで固めました)

 とりあえず前作引継ぎで勲章はゲット。前作完全クリアなら王冠らしいけど、あの30Fの悪魔なんか倒せるかぼけー。

今日の恐々日記 2月20日(水)


 前回遊撃隊で紹介したニコ動の一つで、なんか私を名指しで指名するコメントがあった、よう、な…?
 しかも、コメントそのものからは肯定とも否定ともとれうるのが心臓に悪いです(苦笑)。 ……私、なんかヤヴァい事しましたか(ブログがニコ房化してる事自体が悪いとまでは言えないにしても少なくともろくでもないことは自覚してる、つもりですけど)?

 いやまあ、そもそも本当に私を名指ししてるかなんてわからない上(HNがフレデリック雲母坂とかだったら一発で誰宛かわかるところですが、いかんせん一般名詞。状況からして私だよなあ、とは思いつつ)、そんなにびくびくするほど深かったり暗かったりする意味はない、と思うのですが。思いたいのですが。すぐ調子に乗る割に基本小心者なのでとても気になる…

今日の悪寒日記 2月19日(火)


 風邪気味なのかなんか悪寒がするので、室内なのにジャンパー着つつ稼動中。耐久力低下しすぎだ自分。

今日の暗号日記 2月18日(月)


 メールフォームから一件、ありがとうございます。ネタ使用「許可」になってましたが、ここは敢えて辛気臭いほうの岡田監督張りに(…どっちもかとか一瞬思いましたが気にしない)「そらそうよ」とだけ返信する方向でw
 いや、そんなもったいぶるほどの事でもないんですけどね。

今日の感想日記 2月16日(土)


・明日は選挙かー。義務だから投票はするけど…どうしたもんかな…
 ああ、でも明日の選挙は電子投票ですか。それは少し楽しみだなあ(別にたいしたものでもないでしょうけど)。

・ガンダム。vsガンダムはそこそこ盛り上がってたかなあと。悪意を持ってみればアレだけわかりやすい敵をぶつけられたらそりゃ盛り上がるわなあともいえますが。しかし、ルイズのシーンは宗教話削ってでももう少し時間を割くべきではなかったかなあ、とか。なんかこうあっさりしすぎのような。

今日も戦車日記 2月15日(金)


・謎戦車の話は続く。今度は夕撃旅団・改のアナーキャさんからご教示いただきました。

T34-85改造なんちゃってタイガーは「暁の7人」という、 なんで朝っぱらに7人なんだかよくわからんイギリス映画に使われたものじゃないでしょうか。 砲塔横のスモークデュスチャージャは後付けかな、と。この手の情報といえば、アニメータの土器手司さんのホームぺージでして、この戦車は左にあるメニューから「暁の七人」を選ぶと見れます。 やる気ナッシングなマフラーカバー、砲塔の防盾の形状、などから、多分これじゃないかと。 以上、参考になりましたら、幸いです。

 ありがとうございます。この「前カラ見テ四角ク厳ツイ戦車ヲてぃーがート定義ス」的防楯、確かにこれっぽいです。スモークディスチャージャーはきっと、使い回されてるうちに(60年代産らしいので、この映画の前にも使われている可能性はありますし、きっとこの映画の後にも出動していることでしょう)増やされたんじゃないかと。ともあれ、これで一件落着…かな?

一体何が起こってたんだ
 …力…入ってんなあ…

今日の戦車日記 2月14日(木)


 メールフォームより。

はじめまして、理性全壊というものです。戦車が売っていたの画像脇黒十字マークはドイツ連邦軍の主権紋章(国籍マーク)ですよ。Wikipediaの「ドイツ連邦軍」または「国籍マーク」で検索すると詳細がかかれてます。 旧ソ連T-34戦車でドイツ軍という事は旧東ドイツ軍の戦車だったのかも

 理性全壊の雑記帳の中の方、でしょうか。ありがとうございます。えと、国籍マークであることは承知しております。鉄十字とうっかり書いてしまった事が間違いでした(ぶっちゃけ、「ドイツ様の十字の鍵じゃないほう、もしくはやばくない方」的認識でしかいなかった)。

 さておき、「あとから書き加えたのか」の趣旨は、「大戦中に鹵獲してそのまま国籍書き加えて使っていた(エストニアの沼の中から出てきたやつみたいに)ガチな本物」なのか、そうじゃなくてあとから(戦後に)民間人が何らかのルートから入手したもの(この場合はそもそも本物なのか再生車両なのかでっち上げなのか等の疑問も)に書き込んだのかどっちかなあ、という意味でした。見た感じ、今の先が広がった十字じゃなくて昔のまっすぐな十字に見えましたので、大戦当時に描かれたものかもしくはそれをまねたもののどっちかなあ、と思った次第です。

 東ドイツ軍については考えてませんでした…が、あの国ってこの十字国籍マークに使ってましたっけ? 国旗のデザインをそのまま使っていたような気が(こんな写真とかこんな模型とか。ただしここら辺はきわめて自信がない)。この戦車を東ドイツで使っていたにしても、あの十字自体は払い下げ等の後に書き加えられたもの、ということになるんじゃないかなあ、とも思えるのですが。

 …とここまで書いて原文を機械翻訳してみたんですけど、これ、映画かなんかに使われたT-34改造ティーガーもどきなんじゃないかなあ。 こんな感じの。

Ausstellungsstuck Original Nachbau Tiger
最初の再生トラを示してください
Unterbau: Original russischer Panzer Typ T 34 ?
基礎: 元のロシアのタンクタイプT 34。
Aufbau: Original Tiger aus den 60er Jahren
建設: 60er年からの最初のトラ
Der Panzer wurde in verschiedenen Filmproduktionen eingesetzt.
タンクが、異なる場面作品で使われました。

(翻訳はドイツ語翻訳 - Infoseek マルチ翻訳にかけたものから一部抜粋)

 Filmproduktionenとか、字面からすると「映画作品」とかになりそうな気がしますし、断片的に出てくる単語をつなぎ合わせると「T-34を60年代に映像作品のために偽虎に改造した」と読めなくもない、よう、な… 売ってる場所がチェコっぽいというのもそれを補強する事情?
 だとしたらなんかT-34っぽくないというか前が凄く虎っぽい(当初コメントで鬼戦車「らしい」と逃げ道を作ってある(つもり)なのはこのせい)のも納得がいくのですが。

 まあ、私は戦車と装甲車の違いもわからないような素人なので余計間違ったことを書いている可能性が高いというか間違ってることでしょう。その場合はやさしく訂正していただけると幸いです。

今日の無駄日記 2月12日(火)


 単語の途中とか文章の途中でミスタイプするときってあるじゃないですか。「奈良様に賛美(ならさまにさんび)」と打とうとしてならせあmにさんび(変換前であることを下線で表現)、みたいになってしまう時。こういうとき、「せあm」だけ消して「さまに」と打ち直せばいいところ、何故か全部消して一から「ならさまにさんび」と打ち直してしまう癖がある(ひどいときには、そこそこ長いセンテンスの最初で躓いて一からやり直してしまうときもある:長い文章だったら一文字とかだけ消すことのほうが多いですけどね)のですが、これって変でしょうか。
 なんか、部分部分で消すとこう、タイピングのリズムが悪くなる気がするんですよね。明らかに無駄とはわかっていても最低限単語単位で打ち直したほうがいい気がする、みたいな(もちろん変換の際に単語でやりなおしたほうが結果的には早いというのはあるのですが、それと関係ないひらがな単語でもやってしまう)。

 一応、大学の講義をノートでリアルタイム打ち込みするとかそういう経験を積んだ結果、ある程度はこの変な癖も解消されてはいるのですが、気を抜くとつい出てしまうわけで。

 もちろん、今回の更新で長いセンテンスを何度か消してしまってぐんにょりしているのがこんなことを書いた理由なのは、言うまでもない。

今日の荒唇日記 2月11日(月)


 唇の皮がガサガサで煙草吸ったら吸い口が極端に血まみれになり、頬の裏の口内炎はご多分に漏れず犬歯で突き破ってしまった挙句髭剃ってる時に口の端にできたできものをうっかり潰したら瘡蓋が凄い勢いで広がっていく始末。あと昼飯にたこ焼き食ったら口の中火傷しました(それは自業自得:他のも大概ですが)。疲れてるのかなあ、私。

今日の古典日記 2月10日(日)


 微笑みでモンティ・パイソン見てたら一日が終わってしまった。結構今まで気づかずにいたいろんな作品のネタがここから来てるんだなあ。さすがだ。

 しかし、こんなあらゆる意味で凄い(今でも充分面白いとか、むしろ今だったらできないだろうというか当時でもなんでできてしまったんだろうというかなきわどさとか)作品を40年近く前に、それも公共放送で流してたんだよなあ。英国恐るべし。

今日の大雪日記 2月9日(土)


・久しぶりに朝から出撃したときに限って凄い雪になるという。これだけ降ったら交通機関を使って移動しない身としてはむしろ自棄のように喜ぶべきなのかもしれませんが、帰りの足元が大変なことになるから困る。一面食いきれなかったかき氷状態。

 ちなみに朝出撃しようと思って傘を差したら、

                      /\
 A                   
 |(閉まった傘と思いねえ) →         スポーン
 J                    |
                       J

 と、柄だけを残して上の部分が勢いよく吹っ飛んでいったりして軽く凹んだり。普通に開けただけなのに。どうなってるんだ。

・ガンダム。kgmyさん大暴れ。主役らしからぬ主役を相対的に主役っぽくするためによりアレっぽい人を出すことで主役を見かけ上まともに見せようという目的があるなら、それは成功なのかもしれない。

 問題は、主人公四人組よりも(もっとも、刹那はさすがにしっかり見せ場を貰っていたか)より大きな恩恵を受けている人がいる、ということでしょうか。ハムさんつええよ。

 あとは永遠に本編に絡まないかと思われた日本組が無理やり絡まされて、その、ご愁傷様です。絡んだと思ったらあれか…

今日の日記日記 2月8日(水)


 相変わらず9女はすげえなあ

今日の積層日記 2月7日(木)


 電撃の受賞作刊行による新刊ラッシュ。これにより積みラノベが遂に25冊を超える。危険だ、危険な水域だ…枕元に積んでるから顔を直撃しかねないあたり、物理的にも危険だ…
 最近はある程度見切りをつけたシリーズは途中で購入停止してはいるのですが、やはり日常的に電車に乗らなくなると溜まる一方ですね、文庫本は。ある程度以上の距離を電車・バス等で移動している時は一日一冊の勢いで消費できるのに。

今日の感想日記 2月6日(水)


・おかわり。前回よりマシ、というか前回が酷すぎた訳ではあるが…うーん。

・ARIA。今の境遇には少し堪える話。まったく個人的な事情。

今日の感想日記 2月5日(火)


 FAクリア。なんというか、実にオーガスト的だなあ、というか(話こそ宇宙規模になったりはしませんでしたが)。少なくとも、キャラの性能的に瑛理華、白、かなでさんは非常に強力なものを持っている部類に属するぞ、と。

 逆にストーリー的には少々あっさりしすぎかなあ、という気もしないでもなく。元来そこまで過大に起伏がある作品を好まない部類(クライマックス直前の鬱展開が一月近く続く−しかも一日ずつ律儀に「今日も彼女に会えなかった」的凹み文章を流すとか勘弁してくださいマジで)の私からしても少々物足りんなあ、と思うのですから、起伏のある展開が好きな人には不満があるかもなあ、とも思ったり。これは各自のルートが最近にしてはかなり短く、かといって真ルートもそこまで長くない(盛り上がりの点においてもそこまでではない)、という分量的なところにも起因するのでしょう(もっとも、長いゲームやってる暇が今ないので有難いのですが、個人的には)。

 とはいえ、短いとは言っても必要最低限重要と思われる要素はしっかり詰め込んであり、キャラの性能とあいまって充分合格点に達している、とは思います。全分野最低ラインは確実に押さえており、+キャラの魅力で良はあげてもいいかな、けど優をつけるだけの加点要素はないかなあ、的な。そういうところも含めてオーガスト的、と。

 さて、次は…Garden、か…? ……これは、もう少し寝かしておいたほうがいい、か、なあ…?

今日の深夜日記 2月4日(月)


 8ch(真首都基準)で今(月曜2435〜)、「未確認思考物隊」というオカルトネタについて語ってる番組があるわけですが。

 この番組、出演者が本当にただ淡々とUMAとか占いとかのオカルトネタについて淡々と語ってるだけの、まあぶっちゃけグダグダ一歩手前な番組(何で見てるかといえば好きな作家が出てるから:アフリカの奥地とかトルコとかにUMAを探しに行ったりビルマのアヘン地帯に潜入するような人)なんですが、今回「前世が見えるという占い師3人に同一人物を視てもらって、結果を比較しよう」とかそんなことをやっていて、思わず笑ってしまったり。予想通りではありますが結果が一箇所も一致してねえ!

 オカルトネタは変に演出をまぶしまくったゴールデンタイムの番組よりも、こういうローテンションでチープな深夜番組のほうが楽しいです。それか逆に割り切って「本当にあった呪いのビデオ」でも観るか。いやまあこの番組がグダグダで他に誰も見てないんじゃないかと思われる点のフォローにはなりませんけど。

 しかし、次回予定テーマの取材について、  

ほんとうはポルターガイストの家を見に行く予定だったが、その家の人たちが大家を訴えて今係争中でNG。 訴えた理由は「問題(ポルターガイスト)を隠して物件を貸したから

 とか、ほんと…アレだなあ…

今日の末期戦日記 2月2日(土)


・前回遊撃隊で紹介したボイスCD「末期戦少女」、到着(なお、MURAJIさんの感想・簡易元ネタ解説)。で、早速聞いてみた。さて、こんなニッチジャンル、どう料理できたのかな…って…

 ……どうしよう、これ、普通にいい出来だぞ……? ジャンル的に直撃してる人には十分勧められる(そんなジャンル属性持ちが何人いるかは知らん)…

 ただのふいんき台詞連発、ガン○ムあたりを元ネタにしてお茶を濁すやっつけCDであるどころか、そこかしこに史実or別の世界(さとうだいすけ、とでも振り仮名振っとく)で放たれた名台詞がほぼそのまま埋め込まれたりしていて非常にガチなのがなんとも恐ろしい(逆に言えば何も知らない人にこれ聞かせて「個々のエピソードは史実からそんなに狂ってません」と言えてしまう史実のほうがなんかおかしいのですけど)。そのおかげで大部分のネタがわかる人間なんて極少数だと思うのですが、そもそもそんな極少数を狙ってるっぽいしなあ(商売としてそれはどうなのか)。

 とりあえず、佐官トリオ(電波系参謀に督戦隊に臨編陸戦隊の指揮を執る主計少佐)の話だけでもう、勝ったようなもんな気がします(いや全力で負け戦の話ですけど)。ニシクジョウ中佐の話とかニヤニヤしながら聞いてしまいましたよ(ものすごく悪趣味)。大和特攻が元ネタのタザキ少将とか生き残りエースのナツキ飛曹長だけでなく、こういうキャラをしっかり混ぜてくるあたりが、ああ、このスタッフわかってるなあ、と。最前線の悲惨さについても、シグナム軍曹とかヴィータ少年兵だけじゃなくてクボ少佐を出してくるあたりが見事。

 中の人的には、上でも少し書きましたがヴィータとかシグナムの中の人が最前線で戦ってたり。ついあの二人を想像してしまっていけません。少年兵っぽい初々しいヴィータとかあかんすぎだって、ある意味。

 しかし、各話一応リンクしてる(あるトラックの話の中に別のトラックの人と思しき人の動向が出てくることが何度かあった)ということは、全部同じ国の同じ戦争の末期に起こってることっぽいですね。ということは、この国は
・末期日独っぽい悲惨な最前線の状況で
・末期日本クラスの電波参謀が跳梁跋扈して
・赤軍(これは末期ではないですが)さながらの督戦隊がばっちり目を光らせている

 という、少なくとも私が紛れ込むのはぜひとも勘弁していただきたいような状況なわけで…なんともはや…

 で、最後に残る大きな謎はただひとつ、「誰だよこんな企画考えて通して売り出した奴は」に集約されちゃいますね(苦笑)。今まで情報が漏れてきていなかったということからすると、私の知り合い、もしくは知り合いの知り合いクラスの人が「実は私でした」とか名乗り出てきてびっくり仰天、ということはないはずですが…

・現在話題沸騰中の大陸某工場製で回収対象のレトルト・冷凍食品、私の家からも複数見つかるという(幸いというか餃子そのものはなかった)。今回は生協主体の家庭を直撃する感じだったとはいえ、浸透しておるものなのだなあ、某工場の製品。

 …ただ台所から見つかっただけではなくて、私個人の備蓄食料からも見つかったのがかなりしょんぼり。それ私しか食わないのに…

・OO。名言連発機ことグラハムさんが今週も。あと釘宮は切れたら面白そうことになりそうなあたりがいい感じかなあと。

今日の定食日記 2月1日(金)


・飯食いながらランキンの楽園見てたら、なんかお題が「宮崎県の知事がもう一度食べたい東京の食べ物ランキング」だったんですよ。
 で、三位になってた「下積み時代に良く食べていた下北沢の定食屋」東駐屯時代4年間で、おそらく最も飯を食った場所だったりするわけで。ああ、懐かしい。
 …って、もう1年半も前に閉店してたんですね… 軽く、いや酷くショックだ…

・阪神の新外国人の一人の口調をわざわざ大柴語に変換してしまう…あるいは、する予定のあるスポーツ新聞各紙は是非自重していただきたい。来日してわずか数日で危険な徴候が見え隠れする故。
 いやまあ、スポーツ新聞において外国人選手の口調がなんとも調子のいいものになってしまうのはいつものことではありますが、こう、名前が名前だけに。
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO