過去日記目次へ
ばっくとぅとっぷ

今日の日本日記 5月31日(日)


 セントラルパークでジャパン・デイなる催しをやっていたので、日本人の知り合いとともに行ってみることに。

 

 結構な人出です。 ……まあ、全部無料だというのは大きいでしょうけど……



 私達がついた時には、舞台上ではコスプレした人たちがバトルっぽい寸劇をやっていました。殺陣……というほど洗練されてはいませんでしたが、楽しんでる感はあったのでよし。 …しかし、NARUTOはわかるとして…… あとは誰?



 お客さんの中にもコスプレした人がちらほら。ブリーチ、ナルト系が多かったですが、中にはこのようにミクリンレンや黒執事の赤い人と思われる人たち、さらにハルヒなんかも。 ……が、一般人の同行者がいたため直接接触できなかったのが残念でなりません……

 

 ゼルダTシャツに剣装備のあんちゃん。この後この剣を振り回してパフォーマンスをしていました。 …まあいいか、コミケじゃないし。



 インパクト的には、このおっちゃんが最高でしたけどね。黒人のおっさんが猫耳…… ざ、斬新すぎる…… 横の浴衣の奥さんに焚きつけられたか、あるいは本人がその筋の人なのか…

 もちろんコスプレがメインなわけではなく、例えばステージでは空手の演武や神輿、盆踊り、各地のテントではヨーヨー釣り、囲碁、将棋にカブキメイク(顔に描く)なんかの出し物が行われていました。



 でもって、牛丼、讃岐うどん、餃子、味噌汁などの日本食試食コーナーも。無料ということもあって長蛇の列。しかし、並んでは受け取り、受け取ったものを食べながら次の列に並んでいるうちに昼飯が終わっているという。しかも、缶とペットボトルのお茶まで無料でふるまってくれる(しかも、何本も)という豪気さ。しばらく飲み物には困らないくらいのお茶をもらってしまいました(さもしいとか言うな)。

 終盤はステージでコンサート。川嶋あいとorange pekoeが来てました。

 なんか、もっとしょぼくてさっさと会場を出るかと思ったら意外と楽しんでしまいました。終了後は同行者のデジカメのSDカードなど探しに、タイムズスクエアの方に出たりしつつ。



 タイムズスクエアのトイザらスの巨大DS。



 交番までカラフルです。

 そんな感じで本日終了。おお、これだけ堪能したのに夕食の吉野家の鶏丼3.5ドル(税別:フェアやってて2つで7ドル)しか使ってない! 素晴らしい!

今日の自由日記 5月30日(土)




 今日は自由の女神……の見えるフェリーに乗ったり、ウォール街を歩いてみたり。一項にまとめるほどの写真はないのですが、今ざっと全部載せるのも面倒くさいので後々旅行記の方に。要は先送りです。ところで、自由の女神だとアメリカの象徴ですが、自由な女神だとあまり象徴にしたくありませんよね? いやだからどうしたということはあるはずないのですが。

今日の人形日記 5月29日(金)


・コンプエースのなのはVivid、読みました。パシリにされるわその割にハブられるわと着実に扱いが悪くなっているフェイトママにそこはかとない哀愁を感じたりしつつ。

 …いやほら、学校帰りに紀伊国屋に寄ったらなんかコンプエースが一冊だけ入荷していて。そして店を出る時には何故か手元にそれが。おかしいなあ。漫画雑誌なんて、ここ数年買ったことなかったのに…

 あとはふわふわ時間が入荷してましたね。結構速いなあ。

・紀伊国屋の後は韓国人のクラスメートに聞いた日本食屋や日系スーパー、おもちゃ屋などが集まってるエリアへ偵察に。

 

 ラーメン屋は結構たくさん見つかったので、今日の昼はラーメン。やはりチャイナタウンの中華ラーメンとは微妙に違います。だから中華ラーメンはダメだというわけではなくて、どちらもこれから私の昼食ライフを支える重要な戦力になることだと確信しておりますが。

 

 おもちゃ屋。NYを襲撃していると思しき日本版ゴジラっぽいものが目印。

 中はアメコミフィギュアとか日本の古いおもちゃ類がメインで、オタショップとはまた違いますね。そういう意味では期待はずれ、でしたが。

 

 ってく、クラウザーさん!? つうか…クマウザーさん?

 

 こんな感じで、だいぶ古そうな感じがするものとかも結構あったのですが、価値とかあるのでしょうか。それとも再販とかレプリカとかされたもの?



 イエス、モーツァルト、フロイド、ベートーベンアクションフィギュア。どういうラインナップやねん。

 

 実は人気投票で票を入れるくらいには長女好きです。

 最後のはさっぱり関係ないですが、そんな感じでこの日は過ぎていったのでした。あとは帰りに日系スーパーで味醂・料理酒・だしの素という新戦力が加入したため、晩飯が肉じゃがになったくらいですか。

今日の中華日記 5月28日(木)


 今日も天候・気温があまりよろしくなかったので、チャイナタウンでラーメン食って帰宅。

 

 何故か美容・ファッション関係の店では名古屋大人気。あれか、名古屋嬢(今も絶滅してないんですか?)とかああいうのか。

 

 なんのことはない、女性用衣類店である……と思う……

 

 チャイナタウンのニューススタンドで売ってた中国のミリタリー雑誌。チャイナタウンのあちこちのニューススタンドでこういう系統の雑誌を売ってたのですが、一体何故なんでしょう。中では一番薄いのを試しに買ってみて、3ドルなり。

 で、屋台でベビーカステラっぽいお菓子を売ってたのでそれを食いながらぶらぶら帰宅。 ……? あれ? アメリカの中枢部に来てるはずなのに、なんで俺中華的生活に順応しつつあるんだ…?

今日の寒冷日記 5月27日(水)


 本日はいつ雨が降るか分からない曇り空で気温も寒かったので、特に目立つ行動はせず。しかし、数日前まで夏並みに扱ったのに、ころっと変わりますね、こっち…

今日の国連日記 5月26日(火)




 本日はこくれん!へ。 …決して、北が核落として安保理召集、とかそんな話があったから「ああ、そういや国連ってNYだったなあ」とか思ったわけじゃないと思います。きっと。

 たまたま私が行った時間から少し後に日本語のツアーがあり、それに参加したのですが、解説がすごくわかりやすかったのはいいものの他の参加者がことごとくおばちゃんばっかりだったのはかなり居心地が悪かったです。むしろ英語の方が気楽だったかも。

 

 総会議場の中。今の日本の席は真ん中、わりと前め。



 総会議場前に立つ、記念撮影用事務総長。ぽつんと立っておられる姿が哀愁を誘います。 …結構皆さん写真撮影されてましたから、さびしくないはず、うん。

 

 国連の中では列の仕切りもカーテンも国連仕様なのである。

 そのうち旅行記に一項立てるつもりなので、今のところはこれくらいで。……本当にそこまで旅行記を書けるのか、我ながら無理かなあとも思いますが。

 

 夕飯はタイムズスクエアの吉野家で。これはビーフ&チキンコンボです(紅生姜山盛りなのは単に私の好み)。店のシステムや内装は完全にこちら式でしたが、味は日本のままでよかったというか。値段もこれで6ドルちょい、普通のサイズ(日本換算で何盛りくらいになるのかは不明)で4ドル半くらいというのはかなりリーズナブル。ビバ牛丼。

今日の休養日記 5月25日(月)


・今度は北が核実験? なにが起こってるんだ極東情勢。 しかし、Swine Fluの件といい、結果的に思いっきり国外退避になってますね私。 …いや違う、私が去ったから日本が大変なことに(ないないそれはないそれだけはない)。

・本日はこちらはメモリアルデーで休日。もっとも、私は連投とか利かない航続距離の短い人間なので、今日は一日こうして休養日。アニメとか見よう、うん。

今日の美術館日記 5月24日(日)




 第一次メトロポリタン攻略戦、攻略率は35%くらい。第二次、第三次の攻撃を必要とす。

 というわけで、今日は7thアベニューでやってた露店を覗いたり、セントラルパークを散歩したのち、メトロポリタン美術館へ。

 昔々のNHKみんなのうたに、そのものずばり「メトロポリタン美術館」という曲があり、その優しい歌声とちょっと怖めの歌詞と不思議な背景アニメが幼心に強く印象に残ったものでしたが、まさか自分が本気でその美術館を見れるとは思っていませんでした。




 しかし、まだ知り合って数日の人と行ってるのにうっかり武器・甲冑のコーナーで軽くはしゃいでしまった自分の空気よめなさっぷりが、今更ながら残念でなりません。



 でもこんなフル勃起アーマー見せられたら、写真とか撮らざるを得ないよなあ。



 日本の甲冑とかもありましたが、やっぱり面白いのは兜ですよね。

 にしてもでかいでかい。今日はいつものように連れがいてあれこれ喋りながらじっくり回っており、いつもみたいに単騎で速攻とかかけられなかったこともありますが、大体1階の半分くらいしか回れませんでした。あと1、2回は行かねばなあ。

 晩飯はチャイナタウンまで行って安く中華。チップ含めて6ドルで済むのはやはり素晴らしい。中華文明万歳。

 ……それはいいものの、休日だということもあり帰りの地下鉄は停まるはずの駅のホームが閉鎖されてるわやっと乗ったらルート変更してるわでわりとわやくちゃ。 公共交通機関の路線設定とか駅構内の複雑怪奇さはともかく、システムの運用・保守、施設・設備の維持・清掃に関しては、やっぱり我が祖国は極めてしっかりしてるよなあ、とありがたみをかみしめる瞬間。

今日の鳥居日記 5月23日(土)


・韓国前大統領死去… だと……? 逮捕までは確定(あの国の慣例通り)と思っていたものの、自殺まではなあ…

 …遺書が自宅PC内とか、ほんとに自殺?かどうかはまず置いておいて。

・今日はホームステイ先のおっちゃんに連れられて、ブルックリン植物園へ。結構大きな桜並木があって、満開の時はさぞや綺麗だろうなあと思わされましたが、残念ながらいくら日本より咲くのが遅い当地でも1カ月は前にこなくちゃいけませんでした。



 初夏ということもあって躑躅とかもいい感じでしたが、一番良かったのはこの一面のライラックでしょうか。そしてここでも結婚式。



 結構よさげな日本庭園もあったのですが、なぜかど真ん中には堂々と鳥居がぶったっていて日本人的には結構シュール。ちなみに額の文字は「大神」か。真ん中だけ小さいのがまたをかし。



 温室には盆栽コーナーまでありました。



 遊撃隊記事も立てましたが、たまたまそこらの露店で買ったソーダがサンガリア製。すげえ、アメリカにも進出してるんだサンガリア。そしてこっちにある方が違和感がない(笑)。



 あとはブルックリンブリッジとかウォール街あたりのマンハッタンを対岸から眺めたりして、お散歩終了。

今日の散歩日記 5月22日(金)



 今日はセントラルパークを散歩。しかも珍しいことに単独行動ではなく連れと行動。贔屓目かかってるかもしれませんが、こっちのストリートライブの人たちはやっぱレベル高いなあ。あとは広場みたいなところで音楽にあわせて結構一杯の人が踊ってたり。いかにもアメリカの週末の昼下がりである。



 なんか公園で結婚式もやってたり。日本でならネガティブ光線全開で見てしまうところですが、今の私なら素直に祝福できてしまう気がします。ってどんだけ日本ではアレなんだ自分。

今日の揚陸日記 5月21日(木)


 




 なんか、来週月曜日のメモリアルデイ(戦没者記念日、とでも訳すのでしょうか)に合わせて、ノーフォークの海軍艦艇が何隻かニューヨークにきて、艦艇公開とか各種イベントをするとのことなので見に行ってみる。マンハッタンのイントレピッドの横に来てたのは強襲揚陸艦イオー・ジマ駆逐艦ルーズベルト

 凄い人出でかなり疲れましたが、揚陸艦のドック部分や上陸用舟艇とか、V-22オスプレイなんかが見れました。

 あとは車両類がわりと登り放題だったので、M1A1にタンクデサントしてみたりとか。これで今のところの戦果(なんのやねん)は戦艦1空母2駆逐艦2潜水艦2(なお、外観だけなら+1)強襲揚陸艦1にイージス艦1、ミサイルコルベット1に航空機多数。我ながらよくやったものです。

 あとはフィラデルフィアのアイオワ級、戦艦ニュージャージーと巡洋艦オリンピアですが… 6月中の週末に遠征できたらいいなあ…

今日の漫画日記 5月20日(水)


・今日はニューヨーク自然史博物館に行ったり、紀伊国屋書店NY店に行ったり。



 それなりに面白い博物館だったのですが、写真のとおり物凄く身も蓋もない理由で一部ホールが既に閉まっていたのは残念でした。結構客入ってたのに、大丈夫なのか…?



 こっちは紀伊国屋書店で勝った英語版漫画と、OTAKU USA 4月27日発売分。ここらへんが翻訳の最新になるのでしょうか。あとはCDコーナーにけいおん! のEDが置いてあったりしつつ。

 なお、D.B.Eでは現在、NYにあるオタショップなどの情報を募集しています。以前どこかのサイトで見かけた、自分が旅行した時に行ってみたなどの心当たりがおありの方はメールフォームにてご一報いただけると、暇を持て余した遊撃隊が出動するかもしれません。よろしくお願いします。

・メールフォームより。夜想亭さん、ありがとうございます。

アメリカ滞在記、楽しく拝見しています。戦艦、空母、軍用機が豊富に見れる国はいいですね。

>センチメンタル・グラフィティ  私もはまりこみました。グッズの買いあさりや、聖地巡礼など、今のオタクの行動原理を確立したゲームだと思います。今でも、サイトの起工日に広島の七瀬嬢の誕生日を持ってくる程度には好きなんですが。

>三八式歩兵銃で介護  若い頃に刷り込まれた事は大きいのですね。  …となると、50年位するとハルヒのEDがかかった途端に踊りだす寝たきり老人とか、コミケカタログを渡された途端に有明を目指す老人が出てくるのでしょうかね。


 ありがとうございます。私自身は最近詰め込みで見過ぎてむしろつかれつつあるという、皆さまからぶっ飛ばされそうな心境に陥りかけつつ、とにかくたまってる旅行記を粛々と処理していこうと思う次第です。

 センチメンタルグラフィティ、キャラソン12個バラ売りとかそういうこともしてましたから本当にいろいろ先駆者ですよね。あれと中学の時に出会ってなかったら…

 まあ、どうせ別口で同じルートに入っちゃうんでしょうけど(笑)。今でも京都長崎札幌広島青森あたりは相当好き、それ以外も結構好きなのです。りゅん。

 介護の件に関してはあ、あー、それ、普通にありそうで恐ろしいですw 老人ホームでボケ防止にみんなでハルヒダンスした上でニコニコにアップするとか、普通にやりかねないんじゃないでしょうか… 恐ろしいぞ未来の日本…

今日の空母日記 5月19日(火)


 今日はハドソン川で博物館になってるイントレピッドを見に。

 イントレピッド自体はどちらかというと博物館の箱そのものとしての色合いが強く、空母の中身を隅から隅までみたいのであればホーネットの方が上でした。しかし、展示されている飛行機の種類の変態度ではこちらが確実に勝ってます。米海軍のデーモンとかタイガーくらいまでならまだわかるとして、なんでフランスのエタンダールとかイスラエルのクフィルまでここにいるんだよ、的な。





 ただし、サンフランシスコ(の近くに)あるホーネットとか、ボストンの近く(からなんとかいけないこともあるようなないような)のマサチューセッツと違って、正真正銘ニューヨーク「の中」にあるため、人はやたら多いです。そういう意味での写真の撮りにくさがなければなあ。

今日の返信日記 5月18日(月)


・今日から英語。いやまあ、今日からっつうかこれまでも周りの人は英語しか喋ってないわけですが。

・メールフォームより。理性全壊さん、ありがとうございます。

宮城県民の私からすれば、護国神社じゃなくて青葉神社に行けばいいのにと思うけどね。 あそこは政宗公がご神体だわ、神主が現・片倉家16代当主なのだからw

まさにそうなんですよね。もう少し対象を選別する能力は身につけましょうというか。らき☆すたみたいに、ダイレクトに背景として描かれたりしちゃってると話はまた別ですが、BASARAの場合のように一旦連想が入ってるなら特にちゃんとした場所を狙ったほうがよりハイセンスだよなあと思います。

 私自身の単なるこだわりからいうと、絵馬なんかの形を残すことに関しては実は風神録関連での諏訪大社あたりが結構ボーダーなんですよね。で、ひぐらしの白川村はセーフ。たぶん、「背景画像という目に見える形で使われたところに目に見える巡礼のしるしを残す→問題なし」「ストーリーや設定の骨格という目に見えない形で使われた場所に形を残す→その場所とストーリーなどとのよほど関連性が強くない限り、どうかなあ」みたいな感覚が、根拠もなく私の中にある気がします。あるいは、テレビなどで取り上げられた時に「○○神社は××という作品の舞台とされており…」とかアナウンスされるのを聞いて違和感を感じるか感じないか、なのかもしれません。

 あ、単なる聖地巡礼は後者の場合も全く否定してないですのでそこはご注意を。心の中で「ここが○○ゆかりの地か」と思うこと自体はなんら変なことではないですから。

>私が待ち続けてる宇宙戦艦については…
 昔は私も待ち続けた1人だったけど、我慢できず 見切りつけて売り払ってしまったからなぁ…


 売り払ってはないですけど私も実家の段ボールの奥深くですね。ストーリーもだいぶ忘れちゃいましたが、今から探し出して再読するのは無理だなあ…

 どうでもいいですがキャラデザはアニメ版より原作版の方が好きだったりします。

・どうやら家主氏が大のヤンキースファンらしく、「マツイは素晴らしいがヤンキースに来る日本のピッチャーはダメだな。イガワも、その前のイラブも」とかいわれて、ごめんそれどっちも私の好きな縦縞の縁者(まあ、後者はヤンキースの後で、ですが)と言いだせない下宿人。そういえば完全には追えてないですが今年は予想された通り反動きまくりですねえ虎。試合を見れなくていいんだか悪いんだか。

今日の休日日記 5月17日(日)


 旅装を解いてのんびりと。近所の墓地を散歩したり、食料品を買い込んだり。

 

 昨日NYの駅(DCからも鉄道で乗り込んできたんです)の土産物屋で見かけた、かに道楽の看板よろしくうにうに動く超巨大ビクトリノックス。

 

 同じ店に飾ってあった謎のブロマイド。誰だよこのパンツ一丁。まさか有名人?

 

 アメリカっつったらこういう色ですよね。

 

 近所の墓地。こちらでは墓地は絶好の散歩スポット。こういう画一的な墓だけではなく、無駄に大きかったりなぜかピラミッドだったりするような変な墓石…ともはや呼べない大きさの建造物が結構あったりするので、また適当に撮ろうと思います。なんか別の物は写らないと信じて。


 

 自由の女神とインディアンのお姫様らしいですが… なんなんだろう、これ。独立戦争かなんかの話だとは思うのですが、よくわかりません。

 

 栗鼠はどこの公園にでもいるものだともうわかったのであまり驚きません(それでもかわいいから撮ってしまう)が、野兎は初めて見ました。

 そんな、NYの休日。

今日の到着日記 5月16日(土)


 NYでの滞在先着。

 「フルハウスみたいなとこに放り込まれたら面白そうだけど疲れそうだなあ」などと思っていたところ、全然そんなことはなくてむしろ若干肩透かし風味。

 もっとも、気楽であればあるに越したことはなく、あてがわれた部屋もなかなかいい感じなので異存などはねーのですが。

 とりあえず夕飯は外食しないなら自炊しなきゃいけない風味なのですが、近所のスーパーで醤油を見つけたので一安心です。そう、これさえあれば絶対不敗!

今日の休養日記 5月15日(金)


 そういうわけでスライド休養日。明日からはNYで定住生活に入ります。

今日の惨敗日記 5月14日(木)


 ホステルを出てホテルへ移動。今日は一日休養日……

 のはずが、ホテルへのチェックインが4時からだと言われ、結局明日行くはずだった場所を前倒しで行くことに。でもって計画の詰めが甘かったのと3日間歩きっぱなし&相部屋で疲労が完全には取れてなかったのが相まって、、2か所ほど行きたかった場所への突入を断念。アーリントン墓地にはちゃんと行ったし、スミソニアンの残敵相当も完了したからまあいいんですけれども。

今日の返信日記 5月13日(水)


・メールフォームより。kazzさん、ありがとうございます。

 戦間期のMB2(だっけ?)の爆弾後方に写っている小さな爆弾型のモノは無線アンテナのおもりだと思います。
 電線がリールに巻いてあって、離陸後に機体から伸ばしてつり下げます。
 おもりがないと安定しないし、変な動きをしないように爆弾型に成っています。 長波〜中波の無線機用ですね。


 ありがとうございます。その旨追記しておきます。なるほど、そういう用途だったのですね。爆弾にしては中途半端な取り付け方だし… と疑問に思っておりました。

・本日はリンカーン大仏や各戦争の記念碑など、モールの公園地帯を歩きまわったり絵を見に行ったり。三日連続で歩き回ってるので非常に疲れました。

 あとはなんか、国際スパイ博物館とかいう謎な博物館があったのでふらっと。ここはスミソニアンではもちろんないため、入場に結構な金を取られ、展示の半分くらいはかなりアレ、しかも写真撮影禁止というかなりなめくさったところでしたが、ソ連が使った暗殺用傘型ピストルやら口紅型ピストルやら靴の裏に仕込む通信機やらのステキ小物(例の犬のアレもあった…ってこんなん二つも見てもなあ)や、スパイだけでなく諜報関係の展示としてエニグマやらイギリスのミンスミート作戦の話なんかも展示してあったりして、意外と楽しんでしまいました。

 土産物屋にもおもしろげなものがあったのですが、店員の監視が厳しすぎて写真は撮れず。なんなんだろう、あそこ。

 でもって、そのまま進めばFBIじゃん、ということでFBIの写真も撮ってきたり。私以外にも記念撮影してる人が結構いたのが面白いというか。

今日の別館日記 5月12日(火)


 航空宇宙博物館の別館、スティーブン・F・ウドバー・ハジーセンターヘ。

 ここはダレス国際空港からさらにシャトルバスで15分、ダレス国際空港自体も中心部から東京〜成田程度に離れており、その上私の泊まっているホステルが真反対側に街外れ、かつバスの本数が1時間に1本程度であるため、片道2時間以上かかる戦いになってしまいました。

 まあ、それでもマサチューセッツや空軍博物館など、真剣に交通手段が「ない」ところに比べれば、きっちり前まで連れて行ってくれるバスがあるだけで御の字なのですが。これだけ移動して中心部から計3.6ドル、中心部までの地下鉄代が1.65ドル…それ足しても東京成田間移動のことを考えれば、なあ。

 内容に関しては、広さ的には米空軍博物館の方が格段に広い(というか、あそこが反則)ものの、向こうが「空軍の、空軍による、市民の皆様のための博物館」故に米空軍機には異様に強いけれどそれ以外はまだこれから(これから…というのがシャレになってないのが恐ろしい)なのに比べ、民間、海軍、日本にドイツと、さまざまなジャンルから機体が集まってるのは強みでしょう。あと照明が明るいのも。写真を撮れる角度的にはやや制限がきつくはありましたが…

 そんなわけで今日の目的は日本の晴嵐、月光、ドイツのプファイルやブリッツなど。その他ではさっとスルーするつもりで見たヘリコプター関係にアホアホ系の機体がずらっと並んでたり(ああ、垂直離着陸とはどうしてかくも人を狂わせるのだろうか)、宇宙関係の小物(もはや宇宙開発と関係ない物多し)、ベトナムのジャングルで使おうとした犬のアレ風発信機(ベトナムのジャングルには犬がいなくて失敗)なんかが面白かったです。というか最後のはなんでここに展示してあったんだろう…

 …さて、問題は今日撮った写真の公開は果していつになるかということであるが… 先、長ぇなあ……

今日の辞任日記 5月11日(月)


 小沢辞任って本当なんすか? ……よくもまあ、今まで粘ったもんだと呆れつつ。

 本日はスミソニアンの博物館群を三つほど撃破したのち、ザ・白い家を眺めたり。

 



 明日はいよいよ今旅行のラスボス、ウドバー・ハジーセンターですが、交通の便が非常に悪い感じなので気合を入れていきたいところです。

今日のDC日記 5月10日(日)


 DC着。ここから4泊はユースホステル泊まり(残り2泊だけはホテル。だってたけーんだもん、ボストンとかDCのホテル)なので、正規更新は無理だよなあということで一つ。

 さて、じゃ明日はビアン博士とか無意味にリアルな女性型ロボットでも見物してきますか(それDC違い)。

今日の博物日記 5月9日(土)


 地下鉄でハーバード大学の博物館へ。ガラス製の植物標本(というか模型)とか化石とか剥製とか、鉱物標本とかを眺めつつ。これでボストンも終了、明日はワシントンDCへの移動日でいよいよこの転戦のラスボス、スミソニアンを目指します。 ……ラスボス以前に中ボス2体で力尽きそうな気がひしひしとしておりますが…

今日の返信日記 5月8日(金)


 メールフォームより。理性全壊さん、ありがとうございます。

10年以上前ですが、山形の出羽・湯殿山神社に上る階段で白ヘビ見たことありますね。 白ヘビ=神様の使いという事と自分もヘビ年生まれなんでゆっくり通り過ぎるまで 手を合わせ拝んだって記憶を思い出しましたねw

 白蛇はまだ見たことないですね。もっとも、蛇自体動物園とか以外で見かけたのは今のところ10回行くか行かないか、なのですが…

 今日は一日オフの日。ずっと姫狩りダンジョンマイスターやってました。

今日の戦艦日記 5月7日(木)






 本日は戦艦マサチューセッツその他を見に、ボストンを離れて南のFall River という小さな町に。

 一応長距離バスがあるし、これと鉄道を組み合わせてどうしようもないところだけタクシー投入しようか…程度にしか考えずにいったら、金額的に大変なことになってしまいました。 ……ま、まあ、デイトンでは三日で20ドル使ったか使わないかだった(飯は宿泊先で出してもらい、空軍博物館は無料)し、いいか?

 いや、それだけの価値はあったんですけどね。大艦巨砲主義がなぜなかなか根絶されなかったか(というか、いまだに趣味者の中で生き残ってるか)、肌で知りました。何故ってそれはあなた、かっこいいし。異様なまでの存在感があるし。

 あとはソ連製のミサイルコルベットもあって、これも興味深かったですね。もっとも、こちらは艦内なんかの案内板がよりによって全くなくて、どこが何の部屋なのかはなんとなくでしかわかりませんでしたが…

 むしろこの艦にこそそういうのをいっぱいつけるべきのような気もしますが、あれですか、米海軍の人もよくわからなげふんげふん。

今日の海産日記 5月6日(水)


 ボストン初日。今日はコンスティテューション号と駆逐艦カッシン・ヤングの他は普通の史跡巡りだし、それほど写真を撮らないかな… と思っていたところ、何気なく立ち寄ったニューイングランド水族館でうっかりクラゲやらペンギンやらの写真を結構撮ってしまうという(魚も撮ったけれどさっぱりまともに写っていない。あいつら水を得た魚のように俊敏すぎや:まさにその通りである)。ああ、癒される…




 そんなお魚さんたちと戯れた時間の後、無性にシーフードが食べたくなって目の前にあったシーフードレストランに入ってしまうのは、きっとよくあること、です、よね?

今日の移動日記 5月5日(火)


 デイトンからボストンへ移動。ボストンは涼しい通りこして寒いですね。今丁度雨だということもあるのでしょうけど。

 というわけで、デイトンでは自分のPCからネットに繋げられませんでしたが、ようやっと通信が回復しました。実はここのホテルでも最初はなんか繋げられなくて、フロントに行って見てもらうとかのドタバタ(結局ホテル側の危機の問題で、他の部屋も繋がらないところが出ていた−機械再起動したら解決したっぽい)を起こしつつ。

 ああ、メールフォーム返信も行わなければ。

29日の今日の休憩日記の所に貼られた空母の艦名は何ですか? (パッと見だけで判別するスキル持ってないんでw)

 理性全壊さん、ありがとうございます。ご心配なさらずとも私もそんなスキル持ち合わせておりません(一部の特徴ありまくりなやつらを除き)w 空母自体は既にレポートにて書いている通り、ホーネット(二隻目の方、って当たり前ですね。初代は海の底ですから)です。

今日の基地日記 5月4日(月)


 空軍博物館再攻撃。今日も今日とて余すところ…が全くないなんてわけはない(本気で細大漏らさず見ようと思ったら二日ですら足りない)のですが、まあそれなりにない感じで写真を撮りまくり。それは非常によかった(あとで写真を整理して旅行記を書くことを考えなければ)、として。

 …なんか、ライトパターソン空軍基地のどう考えても一般には公開していないようなエリアまで、のこのこ入ってくるとかいう経験をしてきたという……

 いや、今日は例の宿泊先の隣人の米空軍将校夫妻が、自分たちの帰宅ついでに博物館から私を拾って連れて帰ってくれて、その際に空軍基地のオフィス内でしばらく待たされた、というだけなんですけどね。いやー、なんでもないことだとはわかっていても緊張しました。だって明らかに怪しいし自分(超ヘタレ)。当然ながら写真に撮れるはずは全くありませんが、ちょっと面白いものも見せてもらったりしつつ。

 しかし、「でもこの基地に宇宙人はいないよ」というジョークはわかっていらっしゃるというか、そういえばそういう基地でしたね、ここ。まあ、これだけ広ければ秘密裏に怪しげな施設を建造しても外からはバレないような気がしますが……

 あとは金髪ょぅjょをお姫様だっこしたりしつつ、デイトンでの日程終了。明日はボストンまでの移動日です。

今日の遺跡日記 5月3日(日)


 空軍博物館再攻撃は一拍置いて、今日は滞在先のおばあさんにインディアンの遺跡とかに連れて行ってもらったり。そんなに写真があるわけでもなく、また空軍博物館攻略記の間に挟むのもアレなので通常日記のほうに流しておきましょう。



 家の近所の電柱に栗鼠。いかにもアメリカらしい光景です。もちろん家の近所の牧場というか草原には馬とか牛とかがわらわらいたり。



 動物ネタつながりで昨夜の夕飯。なんのことはないステーキに見えますが、実はこれバッファローの肉らしいです。バッファローっててっきり絶滅したとかその寸前とかで保護されているものだと思っていましたが、普通の牛との交配で数を増やしたとか復活させたとかだから大丈夫とのこと。

 味の方は、基本的には牛肉なので食べ慣れた味なのですが、若干後に野性的な風味が残る… か、な…? といったところ。「俺は今変わったものを食ってるんだ」との暗示のせいかどうかは不明。

 本筋に戻って。車で中心部を離れ、散策コース的な森の中へ。なんかキツツキが木を叩いてる音とか聞こえました。



 2000年前くらいのインディアンが残したマウンド(人工の丘)。用途は不明とか。あとは、



 奇岩怪石の並ぶ川の傍を歩いたり、小さな滝を見物したり。実は川沿いにもインディアンの残した石垣とかがあったのですが、なんか写真を撮り忘れてました(涙)。



 昼からは今度は800年前のインディアンの村を復元した公園に行ってみたり。住居の作りは日本の竪穴式住居と若干似てますね。もっとも、こちらでは竪穴を掘らずに地表にそのまま構造物を立てるようですが(それ全然似てへんやん)。

 夜は、隣の家の日本在住経験のある家族とSUSHIバーに。普通の握り寿司が盛られた舟盛りの他に、「なにか他の物も頼んでみなさい」と言われたので、



 当然のごとくチャレンジしてみたSUSHI ROLE(not巻き寿司)。奥がAir Force Role(サーモン、アボカド、クリームチーズを巻いたものの上にフライしたサーモンが乗ったもの。空軍との関係は不明)、前がCrunch Spicy Role(巻いてあるのはツナをピリ辛風味に味付けしたもの、ただし上に砕いた天麩羅の衣が乗る)。私は食べ物に関してはわりと挑戦的(というかネタに走りたがるという宿痾に冒されて久しい)なのでおいしく頂けました。これはこれで。 ……空軍との関係はやっぱり不明でしたが。

 ここで、こんなこともあろうかと出発直前にとりあえず鶴の折り方だけマスターしておいた折り紙が小さい娘さんに効果を発揮したりしつつ、会話…というには余りにも困難を伴う意思疎通を隣人夫婦に試みんとす。まあ、向こうも日本在住経験があるので話題はなんとか見つけられて…

「日本ではアメリカ人ばっかりで固まって住んでたから日本語は全然覚えなかったよ。でも日本のテレビは見ていた。日本のアニメは素晴らしいね! 中でも嘉手納に勤務していた時に見たグレートマジンガー、あれは最高だ! でかくて強くてパンチが飛ぶんだ!! アニメ以外ではゴジラがいい!! アメリカが作ったGODZILLA、あれはダメだった! やはりゴジラは日本じゃないと!!」

 …えー、だからどうしたというわけでもないですが、この人たちは米空軍の中佐・少佐夫婦だったりします。日本では横田と嘉手納にいたとか。しかし、「在日米軍の結構な数の将兵は、日本のアニメやら漫画やらの文化を大いに吸収して帰る。中には「秋葉原がある限り、日本は俺たちが守る」と断言した米軍兵士がいるとかいないとか」という話が2ちゃんのコピペなどでは散見されますが、まさか本気で実例に出会うとは思ってもいませんでした。確かに全くのネタではなくて、ある程度の実話に基づいた(そのうえで大幅に誇張されている)話だろうなあ、自衛隊の中の人たちという比較例からすると、とは思っていましたが…

 ……ところで、なんとか話題をつなげたい一心でうっかり「ちょうどこの春から日本ではマジンガーのリメイクが放送されてますよ」とか口を滑らせちゃって、それを聞いた旦那がなんだかものすごく喜んでおられた(ワンダフルとかグレートを連発していた)のですが、はたしてこの事は教えてよかったんでしょうか。いや、もちろん私は大好きなのですが、アレ。ほら、やっぱり昔のと比較すると様々な衝撃があるだろうなあと。まあ出発前に見た海外の反応まとめなんかを見てると結構好評みたいだから問題ないのか。うん、問題ないと思っておこう。そうしないと胃に悪いし。

 今日はそんな感じで、平和かつ静かに過ぎつつ。いいよね、目ぇ血走らせてミリ系の博物館や観光地を駆け巡るか、宿に引きこもってネットしてるかの二択以外の選択肢も。

今日の空軍日記 5月2日(土)


 デイトンの目玉、というかむしろここだけのためにこの町に寄ったところの空軍博物館、一日目。いやあ、凄いところでした。天国で地獄、開館から閉館までいて結局明後日に再攻撃をかける必要があるくらい素晴らしいところであるものの、同時に写真の枚数がとんでもないことになってしまっているという。

 しかも、今回はここだけじゃなくてこの後の日程にもキチガイじみた大物が二つ三つ控えているわけで。 …というか容量的に大丈夫なんでしょうか、このサイト。 ……有料版? 今更移行するのか?

今日の移動日記 5月1日(金)


 サンフランシスコからオハイオ州デイトンへ。詳細は旅行記に回すとして。
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO