過去日記目次へ
ばっくとぅとっぷ

今日も決戦日記 12月31日(金)


 …連続して決戦を挑み云々ってどこぞの海軍かなんかか、という感じですが、二日目がもはや完全に東方決戦の日として定着してしまった以上仕方がありません。二日目が決戦化したとはいえ、私にとっての投入戦力の比重が最も高いのは未だ、そして大幅に三日目ですからね。ええ、エロですがなにか。

 とはいえ東方の戦いを経験してるとなんか三日目が楽に感じてしまいますね、やっぱり。いや、別に三日目が以前からなにか目立って変わっているというわけではないはずなのですが(今年は西への大分散があったからそうとも言い切れないか)、こう、天ぷら油でカラッと揚げられる経験をした後に湯掻かれても熱さの感じ方が、みたいな。そんな調理されたことないけど当然ながら。

 ともあれ今年も戦果は上々。それはもうついに後方(戦闘終結後の会場から自宅までの撤退時)での運搬用にダンボール+キャリーカートの導入を決断するくらいに(作戦行動を集結させてから一旦宿に戻って改修してきた)。会場で売ってるヤマトのダンボールの収容能力はさすがだなあ。紙袋なら3袋くらいいるところを中一つで処理できたぞ。

 そんな感じで例によって当日のうちに新幹線で真首都に退却。例年通り新幹線終電での帰還の予定で席もとっていましたが、若干早めに駅につけたので予定を繰り上げて少し早めに戻ることに。 …したら、同じ列車に九条水音さんが乗り合わせていることがTwitterで判明。これはお会いするしかないなあ、ということでご挨拶。いっやー、今回もコミケには来たけど知り合いと、もしくは参加したことのある飲み会に出ただけで新しい出会いとか全くなかったなーと思いきや、こんなところで逆転ホームラン(ただしソロ。いやそれ逆転ちゃうやん)が出るとは、と感激しつつ。年が終わるくらいには本拠に到着。ああ、今年も終わってしもうたわ…

今日の決戦日記 12月30日(木)


 二日目といえば東方。いつの間にかそうなった。うっひゃー、この人間密度がたまんねー!!(ややヤケクソ)

 …で、昨日もだった気がしますが今日も某所に紛れ込んで飲み。コミケ的にはある意味正しい行動であると思って恥じることはありません。

今日の初日日記 12月29日(水)


 会戦の火蓋は切って落とされる。 …でも初日はいつも通り肩慣らし。

 むしろ初日あたりは景気づけに飲む事のほうが大事なのは多分お約束。アン中尉さん主催、a−parkさん、MURAJIさん参加でトルコ料理。ラクっていうトルコの酒うまいなあ。

今日の移動日記 12月28日(火)


 バスで東京に移動→今回は蒲田のホテルに布陣。このパターンだとほんとに一日誰ともしゃべりませんね。いやまあ、一人旅の時は大体そうっちゃそうなんですが。

 というわけでここでメールフォームより。maroさん、ありがとうございます。

たぶんお会いすることはないと思いますが、健闘をお祈りしております。 では、よいお年を・・・あと二日は今年は労働か(遠い目

 お会いすることはなくても、もしあの場にいらっしゃるのでしたらすれ違ってはいるかも知れませんね。それだけでも十分、面白いことだなあと。 …願わくば私の眼の色が必要以上に変わっていて突撃吶喊体当たり当たり前みたいな無様な状態でなければいいのですが、名前分からないにしても(笑)。

 それでは、良いお年を。

今日の出撃日記 12月27日(月)


 例によって明日から東方へ出陣しますので、今日が最後の正規更新。皆様、今年もお付き合いいただきありがとうございました。来年もよろしければお願いいたします。 …多分、次の正規更新は4日くらいですかね? 日記くらいは適宜上げていこうと毎年のように思ってはいるのですが。実行に移せるかどうかはまた別問題(開き直るなよ…)。

 では皆様、良いお年を。私と同じ場所に赴かれる方はこれまた例年通り、私と競合しない範囲においてご健闘を。

今日の掃除日記 12月26日(日)


・境掃除しないと年内掃除できる日なんてない(そろそろ東征するし)ので大掃除。棚の裏や上とかベッドの下に潜んでいた不用品を処分したのでゴミは結構出ましたが、部屋のレイアウト等的にはさほどすっきりしませんでした。というか、物が多すぎて家具の配置とか今更いじる余地が無いだけなんですけど(苦笑)。

・坂の上の雲。旅順閉塞失敗で来年へ引きかーなんか不完全燃焼だなあ、というか日本海海戦以外だいたい不完全燃焼かどこで切っても日露戦争、と思ってたのですが、実際流れた絵を見てみるとなるほどここで切るのはありかなあ、と。なまじ結果を知ってるから単なる失敗したあの手この手の一つ、と片付けてしまいますが、これだけ金と時間をかけて再現してくれると色々と込み上げてくるものがあります(もっとも、あまり見た目とエピソードのインパクトに引きずられてしまうとそれはそれで困りものなのですが。まあ、ドラマですしね)。これでまた1年待ちかあ。今度の大河はどうも… っぽいし、待ち遠しいなあ。

 しかし、まだ戦争始まってすぐ、陸軍なんか殆ど動いてない状態から最終年なんですね。来年も4回だけだとしたら尺足りんのかなあ。旅順と日本海と奉天でそれぞれ1回ずつくらい使うよなあ。それとも、陸戦は見ててなにがなんだか分からんから結構大胆にバッサリやっちゃうのか…?

今日の返信日記 12月25日(土)


・メールフォームより、NANASIさん。ありがとうございます。

どこ歩いてもカップルばっかりでした( ^ω^) リア充爆発しろよ

 あんな日に必要以上に出歩くその勇気、賞賛に値します。ということで脇目もふらず帰宅した私は、一晩家で妹が焼いてくれたバースデーケーキ食って過ごしたのでしたふはははは。 ……ええねん、例年のことやから。

 あとなんか弟がプレゼントにカニくれたのでチキンなどというありふれたものは食わずにひたすら甲羅や脚ををバキバキと。ありがとう弟、かにみその中にほぐした脚の身ぶち混んでポン酢で混ぜて食うの超うまいよ。 ……けどなぜ誕生日にカニ? いやいいけど。うまいし。

・俺妹。ああ、ルート分岐ってそういう事なのな。まあ、これならこれで。 …というか最後の黒猫が全部もってった。あれは強すぎる。

・イカちゃん終わってもうた…

今日の降誕日記 12月24日(金)


 奉祝某氏節。これ以上歳を重ねるのは本意ではないとはいえ、ともかくまた一年なんか知らんが生き延びてしまったことについては祝わにゃなりません。

 というわけで誕生日でございます。例年のことではございますが、クリスマスに諸般の事情により参加できない皆様は是非、真首都の方角を向いて祝福もしくは憐れみの視線、万歳三唱令に準拠した万歳三唱、おひねりプレゼントなどを送りつけていただければ幸いかと存じます特に後者二つ。

 …「じゃあ僕達の幸せをおすそ分け〜」とかそういう連中はクリスマスに帰れ。そして北欧に飛んでいけ。

今日の聖夜日記 12月23日(木)


 誰がなんと言おうと今日こそが聖夜であり祈りの日であり私は静かに主イエスキリストの生誕に想いを馳せるのです。メリークリスマス。 ……ラブプラスのイベントがあるから、ちゃうで?

 ……とか言いながら結局キリスト誤降誕祭記念活人画にも行かずラブプラスの中継見てたという。なんか、こう。負けた……

今日の返信日記 12月22日(水)


 メールフォームより、HUNTER.jpさん。ありがとうございます。

4年ほど前からここのサイトを拝見させてもらっていますが今回初めてメールします。先日、寺町通りのツートップの帰りに、とらのあなの横を通ったのですが、平日の夜とはいえ客がオッサンひとりだけでした。あまりのガラガラ加減に入るのが憚られてそのまま横を通り過ぎました。かつて寺町通りにはファースト、コンプロ、ジョーシンそしてキッズランドがありましたがすべて消え去りました。とらのあなも同じようにならなければいいのですが・・・。最後まで寺町通りで生き残るのは信長書店だと思います(一階を除く)w それでは失礼します。

 私が行った時も1階は客より店員のほうが多い感じでしたが、2階より上にはまあそこそこ程度には入っていたように思います。とら以外でも買える一般書籍フロアが単にスルーされているだけ… ……だと、いいんですが……
 いわゆるコミケ4日目とかであまりに大混雑されるのも困りものではありますが、せっかく来たのにあっさり撤退されてしまうと本気で元も子もないですから程々に繁盛してなんとか生き延びてもらいたいものであります。

 しかし、仰るとおり寺町も寂しくなったものですねえ…… 厳密にいえば対岸ですがソフマップも地味に携帯専門みたいになって、ゲームとかの取り扱いをやめちゃってますし。一時期はメイドカフェ(と言っていいのかどうかわからんがあれは)まであったのになあ。

 …と悲観的なことばかりいってても凹むだけなのですが、何気に六角麩屋町にらしんばんができてたりあの目立たないゲーマーズがまだ潰れてなかったり(ひでえ言い草だ)、なんだかんだでそれなりの需要は維持できてるのかなあこの街、という気もいたします。その中に一等抜けた規模のとらができたのだから、年末戦線を経て定着すれば、きっと。

 …らしんばんとか場所が目立たなすぎて気づかなかった? ゲマのそれはプラス要素じゃないよね? まずメロンが競争に耐えられなくなって潰れてその上でとらが撤退したら悪夢? ……おいちゃんそない難しいことようわからんわ。わかりたくもないわ。

今日の暴君日記 12月21日(火)


・農業やってる従兄から、試しに作ってみたという生ハバネロを分けてもらう…… が、さてどうしようなこれ。

 本体そのものを唐辛子と同じように食べるのはかなり危険っぽいってか従兄一家では誰も食べられず従兄自身が半泣きになりながら処理したとのことなので(…ってかあんた俺にも同じ目にあえとかそういう意図じゃないよな? っておいなんだその目は)、とりあえずウォッカと醤油とオリーブオイル(これはにんにくとかローリエとかも適当に放り込んでみた)に漬け込んでみることに。さて、どんなもんになるやら。

 しかし、ネットでレシピを検索するとほとんど必ず「素手で触るな! ビニール手袋必須!」「くれぐれも目に入らないように!」なんかの注意書きがついてくるんですね、ハバネロ。さすが暴君の礎。礎ってかそれ基礎として普通に欠陥工事だけれども。

・月食? ……真首都、めっちゃ雨でしたが何か?

今日の百合日記 12月20日(月)


 百合星人ナオコサン3巻。本体もだけど特典のアニメが面白いなあ。新井里美声、というのは想像してなかったけど聞いてみると実にハマっている。テレビには… いや、今さら何がアニメ化してもおかしくないから、あるいは、というか、どうか…

今日の所用日記 12月19日(日)


 所用があるから名古屋に来た、つってるのにただ遊んで食って帰ったら話になりませんわな。というわけで本来の目的を処理。  

今日の名古屋日記 12月18日(土)


 所用で名古屋に。昼間はテックジャイアンでマヴラブオルタ、あくしずで枢軸の絆などを連載しておられる内田弘樹先生とお会いして名古屋城近辺を散歩したり、名古屋コーチンのお店に連れていっていただいたり。名古屋城、久しぶりに行ったのですがなんかやたらめったら若い女性が多いぞ…?

 …どうやら、丁度かのおもてなし武将隊の撮影会の時間帯だったようで。すげえ。人気がある、というニュースは見たことあったといえ、ほんとにこれほどのものだったとは……

 途中からはなんかゆるキャラも3体ほど参戦してもうなんかカオス状態に。まあ今更ですが、小学校の時から城巡りしていてこんな時代が来るなんて夢にも思っていませんでした。いいですけど程々に賑わうなら。

 連れて行っていただいた名古屋コーチンの店は刺身、焼き鳥、鍋雑炊と実に美味でした。ありがたやありがたや。

今日の温情日記 12月17日(金)


 髪など切りに美容院へ。店内はクリスマスソングヘビロテにクリスマスデコレーションてんこ盛り、隣の客の女の子と美容師のお姉さんはクリスマストークを延々してたりする中、私との会話をラーメントーク一本で盛り上げてくれた担当のあんちゃんは客を見る目があるというか、情けをかけてくれたのですか。身にしみるや。

今日の独言日記 12月16日(木)


 内部抗争するだけの利権も人材も他国とのしがらみもない中小勢力って考えようによっては天国だよね。天国万歳。

今日の返信日記 12月15日(水)


 メールフォームより、NANASIさん。ありがとうございます。

この頃の図書館は、普通にラノベ置いててびっくり
いつも歴史小説借りに行くけど、ホロ様に誘惑されそうだ


 以前中学生くらいのお嬢さんがシャナとかを10冊(貸し出し限界ぎりぎり)まとめて借りている姿とかを目撃しましたw 

 さておき、少なくともうちの街についてはラノベどころかCD・DVDまで置いてるわ、しかもそれらが市内のどこの館にあっても家に居ながら、あるいは携帯電話を通じて出先からですら即座に検索予約できるわと、ネットの普及に伴う図書館の利便性の向上には眼を見張るものがあります。それぞれの館を巡って、各館バラバラの蔵書検索カードを必至に繰りながら目当ての本を探してた時代とか今となっては割と信じがたいものがありますよね。

 …まあ、その分中の人の負担は激増してたり(元が軽かったんじゃあ、とは言ってはいけない)、人気作・話題作の競争率が異常なことになってたり(ヘタすりゃ半年待ちとかザラですしね。「話題になってるからとりあえず読もう」程度の本わざわざ買うまでもないという判断は十分合理的ではありますが、そのことが却って別の不合理を生み出しているという。例としては水嶋さんだか齊藤さんだかの最近出た… いや、推測ですけど大筋で外れてはいまい)、特殊例ですが三河のあの市みたいな間抜けなことも起こったりと問題っぽいものもないではないですが。あと、蔵書検索とかしてるとこの館はミリネタ関係を結構置いてくれてるとか、すごい勢いでラノベを引き受けてるなあとかそれぞれの館の…… というか中の人(こうにゅうたんとうしゃ、と読み仮名)の判断基準、あるいはその地域に強力にリクエストを送ってる人がいるんじゃないかなどの特徴が見えてくるのは面白いですね。我らが真首都だと南東の方の(以下ローカルネタ略)。

今日の重複日記 12月14日(火)


 普段驚くほど暇なのに重なるときは重なるな。いやそれが年末か。

今日の雑記日記 12月13日(月)


 帰りに図書館で借りてきた本:「足利尊氏と直義」「足利直冬」「宗教で読む戦国時代」「図解戦国武器甲冑辞典」。
 尊氏&直義、やる夫鎌倉幕府読んだ直後とかだといろいろにやっとしてしまいます。あと宗教で読む戦国時代に、「島原の乱の時、宗教的熱狂の中で「自分たちには鉄砲の弾が当たらない、または当たっても死なないかそのうち生き返る」という信仰(こういうのは清国の義和団とかアフリカのマジ・マジ反乱なんかでもあったので割と普遍的な迷信っぽい)が広まり、それを信じたある若者が非キリシタン側の庄屋に「撃てるもんなら撃ってみい、俺にはそんな弾当たらん」と啖呵を切ったので庄屋が撃ったら当たって死んだ」という記述があって大笑い。まあそれは置いとくとしても当時のキリシタン、やっぱり碌なもんじゃなかったなあと改めて。信念に忠実で滅私の精神を持ってればなにしてもいいってもんじゃない、ということの例ですよね、正直……

今日の電波日記 12月12日(日)


 ノーベル平和賞に対抗した孔子平和賞にさらに対抗する某氏平和賞を設立するのがこのHN兼あだ名を用いている私の天命なのではなかろうかとかそんな事を受信したり。

 …受賞拒否→無関係の女の子に渡すのコンボにさらに渡そうとした女の子に不審がられて事案になって終了、という結末が明白ですけど。

 ……というわけで、誰かそんな賞いりませんか? なお、受賞者にはわずかながら賞金など振り込もうと思いますので、当方との連絡の後お近くの口座のある銀行のATMから引き出していただければと思います。なあに、ATMにてこちらの指示に従っていただければ簡単に引き出せますよ(思いっきり詐欺である)。

今日の型録日記 12月11日(土)


 カタロム買いに京都に先週できた虎へ初めて行ってみる。 …おお、でけえ! まるごとビル一個でフロア四つ! ってかこれ面積で行ったら在来のメロンアニメイトゲマズすべてあわせたのに匹敵するんじゃなイカ!? …と、ついにこの街にもこのクラスの重大拠点ができたかと感慨深いとともに、京都メロンやら新宿とらやらの御世辞にも広いとは言えない店舗に慣れていた身としてはこれからこんな広い店で果たして目的物の捜索とかできるんかいなと妙な心配もしつつ(笑)。

 で、行きのバス(結局降らなかったけど雨模様だったので)が四条通の混雑によりやたら遅かったので帰りは御所突っ切って歩いて帰ったら、だいたい同じくらいの所要時間だったり。がんばれ京都市バス。チャリはまだしも徒歩に負けてるようではあかんで。

今日の返信日記 12月10日(金)


・メールフォームより。理性全壊さん、ありがとうございます。

今気付いた事ですが、侮日.jp(ママ)はいつの間にか右クリック禁止になったんですね。
昔右クリック禁止になってた日刊スポーツでさえ解除したってのに時代の逆行じゃねーか(゚д゚ ;)


 あれ? うちの火狐さんだと今のところ普通に右クリック使えますが… 特に設定いじったりしてないはず、だけどなあ。IEでも確認しましたがやっぱり大丈夫っぽいです。更新の際に設定ミスでもやらかしたのでしょうか。だとしたらサイト管理人的にはあまり突っつくと全部華麗に返ってくるので温かくスルーしてあげるべきところ、かもしれません(笑)。

・今年の漢字は暑。大きく見れば異常気象なんてそうそうないという立場からすれば陳腐なものだが、人類最後のフロンティア・グンマラントで予想最高気温56℃が出た記念とみれば大いに首肯できる話ではあります。

今日の些細日記 12月6日(月)


 カレーに入れる肉が切り落としなのはありというか基本切り落としで作るけれど挽肉だったりしたら大いに違和感を感じる、そんなある日の夕食。

今日の適当日記 12月5日(日)


・昨日のハイキングによる筋肉痛… はちゃんと昨晩には訪れていて一安心(老朽化具合の確認的意味で)なのですが、なんか今回は足腰だけじゃなくて一部腕の筋肉にも来ているような。最後の斜面降下の影響?

・坂の上の雲、第二部。やっぱ面白いなあ。そして今回は結構背景に軍艦が登場して嬉しい限り。

 しかし、この時代の軍艦って戦艦だと三笠、装甲巡洋艦はギリシャに1隻、防護巡洋艦はアメリカとロシアに1隻ずつくらいしか残ってない(アメリカのオリンピアは見た)んですよね。あとの時代の弩級戦艦に至っては1隻も残っていないわけで、強大ででかい割には、というかだからこそ(最前線で殴り合いもすれば維持費の問題で解体もされますし)儚いものであるなあなどと思ったり思わなかったり。そう考えると第二次大戦時の記念艦だけで機動部隊を編成して当時の中小国なら灰燼に帰せうるだけの艦艇を保存しているアメリカというのは、やはり凄い国です。仮に皇国が大勝利していたとしてもここまでの量保存するかというとそうはいかないでしょう。 …いやまあ、米帝の場合そもそもの母数からして変態的なのですが。

・結局この週末のヤクルト絡みの誤報騒ぎはなんだったのか。ただの馬鹿飛ばしならいいんだけど、変な意図とか思惑が裏で色々絡んでのことだったらすげえ嫌だなあ。

今日の城跡日記 12月4日(土)


 …ってここんとこ週末ほとんどそれかよ、と思われること必至ですが今週も軽く城巡り。単純に藪とか下草が適度に枯れてたりするのでシーズンではあるんですよね。 …まあ、最近は各地で熊が里山に出没していますから一概にいい時期かと言われると難しいところではありますが(笑)。さておき、今回は近場、大絶賛紅葉中の観光地嵐山…… の山の上にある嵐山城へ。明応6(1497)年に香西元長が築城、戦国前期の畿内がわやくちゃだった時期の城。



 登り口は阪急嵐山駅を出て左側。いきなり微妙に不安になる突入口ですが、街の裏山に登る道なんてだいたいこんなもんか。



 入ってすぐにこんないい感じの廃屋があったりしますが、そこからしばらくは竹林→広葉樹林の登り道。そしてなんか名指しで注意されてる京都バス。雉撃ちをしてる現場でも押さえられたことがあるのでしょうか。そらあかんて、こんな人家の近くで撃ったらいろんな意味で。

 登りの道自体は普通のハイキングコースなのでエンジンさえかかれば問題は特にない(言うまでもなく普段運動不足の私にとってエンジンをかけるのが大変なんですけどね:苦笑)ですが、一本道じゃなくて分岐が結構多く、城跡方面はメインルートじゃないので事前に下調べがいるかなあと(私はいつもどおりこのサイトなどを参考に)。



 この天然の障害物みたいな大岩(左側の少し抉れてるとこから登る)とか鳥獣保護区の標柱があるルートが正解。この標柱あたりから遺構っぽいものが出てきます。



 表中から右手の山肌に入ると竪堀… それも複数あることから(7条くらいは確認できるっぽい)畝状竪堀らしき跡。




 竪堀の上の曲輪。現状では一番見晴らしがよく、渡月橋や洛西方面を眼下に見渡せます。



 この曲輪の山頂側にある土塁と堀切。



 堀切を登った上の曲輪が多分この城で一番大きな曲輪(山頂部が主郭と思われますが、そっちは面積も狭く特に何があったでもないっぽい)。一面林になってはいますが、かなり広いです。都の直近のくせに、というか都への最前線基地(というには若干奥まっているが)だからこその規模、といえましょうか。曲輪全体に石が散乱していて、かつては石垣があったか、あるいは建物の礎石だったのかどうかといった感じ。というか実は石垣も少し残っているようなのですが、見通しの悪い中をうろうろ歩きまわっているうちに気がついたら山頂まで登り切ってしまったのでスルー。残念すぎる。 …もっとも、「石垣が残っている」といっても例によって石垣というか土留めの石組というか石積みというかレベルのものではあるようですが(苦笑)。

 帰路は烏ヶ岳を経てJR保津峡駅方面に突破。



 基本的にはこんな感じの尾根道で、晩秋午前の空気(登り始めが8時、城跡を出たのが10時くらい)と相まって大変に爽快なハイキング。ただ、やっぱり道の分岐は結構多め。道しるべというか向かう方向を書いたビニールテーブなどは各地にあったりしますが、何箇所かはそういうものもなかったような……

 …で、案内のない場所で間違った選択をしてしまったのか、いよいよ最後さあ尾根道も終わってあとは山肌を下るだけ、というところでいきなり道が途切れる。いや、そこにいたるまでの一本道でおっちゃん数名のハイキンググループを追い抜いてはいる(ちゃんと「これ保津峡へ下りる道ですか」と確認もした)ので間違いではないはず、なのですが、そうはいってもどう見ても斜面に道らしきものが見えません。ただ、一応立ってる杉の木に点々とビニールテープが巻いてあったのでそれを目印に強襲滑落。 …してみたら今度はそのビニールテープが斜面の途中で消失しているという。えい南無三と右側の斜面をさらに下ってみたりなば、その先はもう山肌っつうか崖だよねこれとも思える急斜面。あ、やべえこれ無理に下りたら進退窮まる。

 …結論からいうと、慌てず騒がず最後のビニールテープのところまで引き返してそこから左に少し移動したらかろうじて人の踏み跡らしきものを見つけて道に復帰できたのですが。そこからしばらくは細いなりに道があってほっとしたものの、今度はこの道の路肩が全体に渡って崩壊寸前で、堆積した落ち葉と相まって何度か足を踏み外しかける。途中まで快適だったのになんだこの最終盤…



 そんなこんなでトロッコ保津峡駅が眼下に見えたときは結構本気でほっとしました。「JR」保津峡駅へ向かう道しるべを伝って、地図上でもそのように動いていたはずなのにトロッコ保津峡の真上に出てしまったことなんかについてはもうこの際気にしません(笑)。

 ……いや、気にしません、というか、この最後の最後の斜面でまたしても一部道が消滅していたり、道の続きを探す過程で茨に思いっきり絡まって手と腕が血まみれになったりしてそんな些細な事気にしてる余裕なんてなかった、というのが正しいのですが……



 やっとたどり着いたホームではホームで狸さんたちがお出迎え。間違いなくこいつら「とーちゃん、変な人間が変なところから降りてきたよー」「あんな消えかけの道を突っ切ってくるなんて、馬鹿な人間だねえ」的に思っているでしょうが、なんとか離脱できた安堵感で一杯の私は寛大にもそれもまたよしとします。



 コンクリートの切れ目が降り口。下りだったから良かったものの、今日のルートを逆走してここから登れと言われたら少なからず躊躇ってしまいます。



 保津川の絶景を眺めながら、JRの方の保津峡駅へ移動。



 天下之秘境、保津峡駅。橋の上がすなわち駅のホーム。京都市(正確な所在地は亀岡市ですが、取扱い上並びに一部区域は京都市にまたがる)に存在する秘境駅として知る人ぞ知る駅ですが、久しぶりに訪れたら(簡易)自動改札どころかICOCAにも対応。おそるべし、アーバンネットワーク。



 駅舎なんていうものはないに等しい(当然無人駅)ですしホームの幅も橋の上ゆえ狭いのですが、同時に橋の上であるため少なくとも見かけ上はやたら長く感じるホーム。



 そんな感じで二条に出て今日のお散歩終了。最後が若干きつめだったので無駄に疲れましたが、まだ実は12時過ぎくらいだったりします。でも今日はもう帰ってお昼寝(笑)。

今日の駄話日記 12月3日(金)


・強風豪雨のち小春日和。わけわからん。

・あ、コミケカタログ発売もう明日か。数回前から完全にROMにシフトしたので冊子版は買いませんが。

・あくまでアニメとかゲームとかの話に限れば、人型兵器の利点って「結構重大なダメージだけど撃墜までは至らず、逆転の一撃を放てる程度の戦闘能力は残っている」みたいな演出をしやすい点にもあるのかなあと思ったり。具体的には腕脚一本とかメインカメラこと頭をやられる、みたいな。航空機タイプや戦車タイプだとそういう状況の描写ってしにくい、ですよね。例えばガンダムのラストシューティングって人型兵器の利点を最大限活用した描写なのかなあ、などと。あれと同じ程度ズタボロの状態での最後の一撃を戦闘機。戦車形態のメカで表現する方法がちょっと思いつかないといいますか。その点宇宙・海上問わず軍艦はでかい分冗長性とでもいうべきものがある(最悪艦橋と砲塔一基でも残ってれば逆転できなくはない)からまだ時に主役を張ったり重要な脇役として扱ってもらえるのか、とも。

 …結論? 原作未プレイ者完全お断りアニメことスパロボOGを見ながらボケーッと呟いたことの改修転載に結論を求めるんですか? それは考え違いというものでしょう?

今日の雑記日記 12月2日(木)


・12月に突入したわりには暖かかった、ような。

・amazon発注の天空少女騎士団、到着。

・なんか前歯の裏側の調子がおかしいというかなんというか。 …歯医者、行くべきだよなあ……(別にドリルが怖いんじゃなくて単に面倒くさいだけ)

今日の師走日記 12月1日(水)


 え゛……
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO