駄文置き場トップに戻る
D.B.Eトップに戻る


※なお、以下の内容は全てこじつけであり、実際にゲームのキャラ名が軍事ネタに由来しているというわけではありません。詳細説明については駄文置き場トップを参照してください。

 第四十五回(2006.3.5)
あるとにみる帝國海軍



ネタ要目


タイトル:あると
発売日:06.2.24
メーカー:Purple software
総プレイ時間:18時間弱
傾向:AVG
お気に入り:加賀美翔子
評価:B

「慣例通り」両親が海外に赴任して広い家に独りになった主人公が、食事のためにファミレスでバイトすることになり、「慣例通り」鈍感なのに学校・バイト先トップクラスの美人複数に惚れられ、「慣例通り」無駄に何でも知ってる悪友なんかの助けを借りつつハッピーエンドに向かうという…まあ、基本的に「慣例通り」なエロゲー。

 ということで、あとは告白のタイミング、学校の大きな行事が絡んでくるか否か、ヒロインに複雑な家庭環境があるか否か、突然噛ませ犬が出現するor親友か噛ませ犬化するか否か、ラスト直前の障害イベントの強度、気がつけば戦乱の異世界にいるか否か、等の要素によってお話のバリエーションができてくるわけですが(私見:というか最後のは一体なんなんだ)。

 …そうですね、そんなに強度の修羅場、障害もなし。学校イベントも球技大会・教育実習程度。話の流れとしては最も起伏が少ない部類に入るのではないでしょうか。ただひたすらまったりしているように見えなくもないレベル。悪い意味で言えば盛り上がりに欠ける、というか。
 もっとも、折角ラブラブしだしたと思ったら唐突無理矢理にわけのわからん巨大な闇が迫ってきて、しかもなんか最長1週間程度で努力と根性と仲間の応援と運によって解決できてハッピーエンド、というのもそろそろいかがなものかと思わないでもないので、たまにやる分にはこの程度の平坦なシナリオもまあいいかなあと。まったりは出来たわけですし。…ただ、途中まであまりに主人公が鈍感だったりと本当にまったりできたか、といわれるとトーンダウンせざるをえない気もしますが。

 …なお、三年殺しジェットコースターことオルタ終了直後にプレイしたから、こんな平和すぎる日常を許容しているような気はしなくもないです、我ながら(苦笑)。

 CG。…普段ここら辺の項目で文句つけることのあまりない私ですが。

 発売前から某スレで話題になっていたわけ、背景CGがちょっと、その、ありえない風景を描いていたりするのは言われている通りだったり。流石にあの校門はどうかと思ったりしますが、いかがか。他にも確かによく見たら家の前景やら公園やら、色々おかしいところがありますし。

 しかしまあ、皆さんよく見つけるもんですよねえ…

 お気に入りは加賀美翔子。ヴィオーラの先輩ウェイトレスにして超童顔大学院生。いやー、ちびっこいお姉さんというのもいいですよね?そんな事言ったら多分噛まれるけど。

 総合評価は中。プラス点はまったりできたこと、マイナス点はあまりにまったりしすぎていたこと。便利な情報屋としての親友(+委員長)がその域を通り越して世界をまったり寄りに完全固定する役割を果たしていたこととかは、この相反する評価の象徴とでもいえるでしょうか。得体の知れない面白いキャラと見るか機械仕掛けの神様と見るか、といった感じで。とりあえず、名作良作ではないと思いますが駄作でもなく。凡作…よりも少し上出来、といった部類でしょうか。秋色恋華系列に比べるとちょっと弱かったかなあ、という程度の出来。

 キャラ的にはなかなかいい娘が揃ってますし。えてぃシーンの長さもそれなりにありましたから地雷認定するほど酷い出来ではないのは確かです…背景以外は(苦笑)。

 …ところで、タイトルになってる「あると」…恵エンドにしか出てきませんよね?





 あるとと帝國海軍

 メインヒロイン全員、軍艦名が!? …と思ったら、「加賀・美翔子」でなくて「加賀美・翔子」さんだったという罠。…んー、惜しいのか?わざとか?(多分惜しいだけ)

・駆逐艦橘(初代、二代) 橘沙織、橘恵

 橘姉妹。妹は主人公のクラスメート、姉はバイト先の先輩にして主人公達のクラスに割り振られた教育実習生。姉妹揃って割とやきもち焼きだったり。…なお、激辛スキーの私としては矯正前の沙織さんの料理にも興味があったりします。

 駆逐艦橘は頻出艦。二代は大戦末期の改「松」型、終戦直前の津軽海峡攻撃で米軍機により撃沈。

 初代は12年竣工の「櫻」型…って今気づいたけど、今まで四回書いてて初代の方への言及すっかり忘れてますね(汗)。日本初の大型駆逐艦「海風」型を建造した帝國海軍が、やっぱり予算的な問題からその数を揃える事は出来なかったため建造した中型駆逐艦。大型(一等)駆逐艦とは違い堅実な技術でまとめられています。

「橘」は「鳳翔」のトンボ釣りなども務めた後、33年に除籍。 

・水雷艇鴻(初代、二代)、水上機母艦瑞穂 鳳瑞穂

 鳳瑞穂。生徒会…じゃなくて学生会の会長さん。おっとり系ショートカット。

 水雷艇鴻は春恋*乙女で既出。初代は日露戦争期の、二代は軍縮条約の産物としての水雷艇。のはずが友鶴事件で無茶な詰め込みを緩和された結果、駆逐艦並みの排水量(公式発表から当社比1.5倍)になってしまっているという、条約破りの典型のような艦。似たような排水量の二等駆逐艦「若竹」型と全長全幅も大体同じなんですよね…
 そんな、「どう見ても駆逐艦です。本当にありがとうございました。」な艦を「いや〜これ水雷艇っすよ。排水量?やだなあ規定どおり規定どおり」と発表するあたりが、もう。…発表された側の諸外国も似たようなことやってるので、別に一方的に責められるいわれはないですけど。

 水上機母艦瑞穂は処女はお姉さまに恋してるにて既出。準姉妹艦の「千歳」「千代田」は空母に改装されて大戦後半まで(というか大戦後半に)活躍していますが、「瑞穂」は搭載したディーゼルエンジンが不調だった上開戦僅か半年にして潜水艦の雷撃により沈没。日本最初の戦没軍艦として名を残してしまっています。

・防護巡洋艦千歳、航空母艦千歳 若菜千歳

 若菜千歳。学生会書記。恵と一二を争う程度にストレートに行為をぶつけてくる感じの後輩。や、それに気づかないのがエロゲ主人公クオリティですが。…それでもまあ、この作品は気づくの早い方か。

 防護巡洋艦千歳、航空母艦千歳は花咲くオトメのための嬉遊曲で既出。初代は米国製の防護巡洋艦。英国製「吉野」の準同型艦ですが、外交上の配慮から米国に発注、更に同型艦の「笠置」は東海岸、「千歳」は西海岸で建造と神経質なまでにバランスをとっている感があります。日露戦争では第三艦隊所属艦として黄海海戦、日本海海戦に参加。31年、実艦標的として佐伯湾で撃沈処分。

 水上機母艦→航空母艦千歳は「瑞穂」の準同型艦。日本でも随一の多目的艦でしたが、ミッドウェー海戦の後航空母艦に改装。ついでながら改装完了日が44年1月1日だったり(書類上の類別変更は43年12月15日)、名前といいなかなかおめでたい感じの艦です。
 …戦歴の方はそんなおめでたいことを言える状態だったわけではなく、エンガノ沖海戦で小沢囮艦隊の一隻として姉妹艦「千代田」ともども沈められてしまうわけですが…


 でもって、その多分偶然。

・航空母艦加賀 加賀美翔子、加賀美京佳 

 加賀美姉妹。攻略可能は翔子さんのみ二周目から攻略可能な童顔小型噛み付きお姉さん。姉の京佳さんもなかなかいい性格をしているのでエンディング後を想像して一番楽しそうなのはこのルートだったり。

 航空母艦加賀。もとは、八八艦隊計画の「長門」型に続く3番艦。常備排水量39,900噸、主砲40糎砲2×5の大艦として進水…はしたものの、ワシントン条約締結で廃棄される運命に。実際同型の「土佐」は後に実弾射撃実験の標的として海没処分となりますが、「加賀」は同条約により改装予定であった「天城」が関東大震災で大破したため、その代艦として空母に改装され、廃棄の運命から逃れます。

 改装後は「赤城」とともに帝國海軍機動部隊の中核として君臨。もっとも、生まれが戦艦だけに足が遅かったり、煙突の取り付け方式が居住区をサウナ室可してしまうようなものであったり、そもそもが今にして思えば非常にアレという評価を下される三段甲板であったりと、初期の空母だけに様々な問題点が建造後露見し、後に大改造で近代的空母に生まれ変わっています。なお改装前に参加した上海事変で、「加賀」所属の三式艦戦が米国人パイロット登場の中国軍機と交戦しこれを撃墜、日本軍初の撃墜戦果を記録しています。

 太平洋戦争では南雲部隊の一角として真珠湾攻撃に参加…しますが、印度洋方面の作戦にはパラオでこすった船底の修理のため参加せず。ここら辺と足の遅さとかがあいまって、ミッドウェーで沈んだ四空母の中では最も巷の扱いが悪いような…ともあれ、そのミッドウェー海戦で「赤城」他と枕を並べて討ち死に。進水から21年、本来ならたった数年の命であったところをよく生きたともいえますが、状況が状況だけにやはり大往生とはいえない最期でした。