最近の日記へ

ばっくとぅとっぷ

工作船レポ 6月6日(金)


 唐突ですが、お台場は船の科学館にて晒しageられている北朝鮮工作船を見物してきました。よって今日はやたら画像を多用します。お覚悟。
 
  
  
 船の科学館といえば愛しのエミリー。でもごめんよ。今日は君に会いに来たんじゃないんだ。

 10時30分くらいには到着したため、事前に聞いていたように一時間待ちとかそういうことはなかったですが。それでも30分は待ったかなー。エミリーとは反対側の敷地内の屋外(ややこしい)に、奴は展示してありました。館内に入る必要はないのでお代はいらないです。屋内では工作船関係の映像を展示しているので結局入りましたけど。
 
 入ってすぐに撮れる画像。で、すぐに
 
 連装14.5ミリ機銃。続いて
 
 内部格納の小舟が。
 
 
 スペックなんぞ貼ってありました。しかし50ノット・・・ベラボウだな・・・
 
 正面から。ちょっと破損。
 
 船首。巡視船からの銃撃の弾痕があります。
 
 反対側。こっちにも弾痕。ここから階段があり、船体上側を見ることができます。
 
 自爆による?内部構造物が曲がっています。
 
 船首、上から。
 
 説明が貼ってありますな。操舵室です。
 
 
 
 スペック三連発〜。しかし、33ノット・・・帝国海軍の中型駆逐艦、初春型や白露型が34ノットということを考えると・・・
 
 船尾、上から。結構人が並んでいるのが見えるでしょうか。
 
 観音開きの船尾から、船内部を見る。件の小舟がここに収納されるわけですか。
 
 弾痕もうひとつ。
 
 で、最後に中国漁船に偽装したと思われる「石」の字。石浦の石らしいです。

 不審船より回収された武装などは、元青函連絡船羊蹄丸内にて展示。ここも不審船フロアだけなら無料です。
 
 宗谷たんを見つつ移動。うしろのJNLと描いてあるのが羊蹄丸。
 
 
 出た!!金日成バッジ&肖像画!!多分最強の動かぬ証拠。
 
 肖像画のみアップ。ちょっと光が入りましたが。
 
 日本製の缶飯とか、向こうの菓子とかタバコとか。・・・ってこの缶飯、自衛隊のヤツでは?
 
 擬装用の名板。「明成丸」の明ですね。
 
 無線機とかに混じって
 
 携帯電話が混じってるのが21世紀。
 
 
 
 
 
 機銃やらロケットランチャーやら対戦車ミサイルやら無反動砲やら自動小銃やら。もうやる気満々。携行火器を30ノットも出すような小舟の上で使っても、果たしてどれくらい命中するものなのかははなはだ疑問ですが。
 
 なんかブリキっぽい手榴弾とか、
 
 展示してある唯一の防具が鉄兜だったりするのはお約束ですか?
 
 お前らがそれを言うかと小一時間(略
 
 回天とかそういうわけじゃなくて、水中スクーター。どこがスクーター?
 
 で、将軍様が着ておられるようなジャンパーで締め。

 ・・・ひたすら撮った写真に解説つけただけですな・・・80枚くらい撮ってるし、自分・・・あ、それとこの日記は名古屋旅行記と同様に特設ページにしようと思うのでひとつ。

 しかし、なんか戦時中に体当たりで撃墜したB29と体当たりした三式戦を日比谷かどっかで公開した、とかいう話を思い出したりして。やってることは戦時中と変わってないですか。というか四条河原に首を晒したあたりから変わっていないような気がしますな。人だかりができるとこまで。

 見てきた私が言うなって。