駄文置き場トップに戻る
D.B.Eトップに戻る


※なお、以下の内容は全てこじつけであり、実際にゲームのキャラ名が軍事ネタに由来しているというわけではありません。詳細説明については駄文置き場トップを参照してください。

 第四十七回(2006.4.26)
ななついろ★ドロップスにみる帝國海軍



ネタ要目


タイトル:ななついろ★ドロップス
発売日:06.4.21
メーカー:UNiSONSHIFT
総プレイ時間:約15時間
傾向:恋愛初心者どきどき★ADV
お気に入り:八重野撫子
評価:B-

「灼眼のシャナ」「涼宮ハルヒの憂鬱」と、イラストを手がけたライトノベルが次々にアニメ化されたりと、気がつけば旬っぽい感じのいとうのいぢが原画を手がけたゲーム。つか、本職は原画のほうですか…このご時勢ではなにが本職かはあんまり関係ないですけど。考えてみれば駄目な時代だ…

 さておき、広義の魔法少女もの…になるのかなあ。主人公がお供の不思議生物(つかぬいぐるみ)になってしまっていて、元に戻るためにヒロインに手伝ってもらう話。

 まず、全体…攻略ヒロイン3人は最近のゲームでは結構少ないほうですね。その割にサブキャラが滅多矢鱈に多いような気も。でもって、その少ないヒロインにつき、えてぃシーンはメイン2人が3回。準ヒロインが1回。但し、メインの2人も未遂(脱がせるまでとか)含めての3回な訳で…
 率直に言うと、少な! …んー、最近のゲームとしての水準を満たしてるか、というと…ちょっと物足りないですねぇ。話自体もそんなに長くないし…

 ストーリー的にはかなり不器用な主人公とメインヒロインの初々しさとかはいい感じではありました。
 が、魔法少女もの的な盛り上がりには欠けたかなあ。いわゆるところの「回収系」な話ですが、別に回収物が変身してて倒さなきゃいけない訳でもなく、かといってライバルとの勝負がそこまで白熱する訳でもなく。メインヒロインなすももルートでは回収後にちゃんと一捻りありましたが…それもまた、「ありがち」だったしなぁ… つか、魔法少女ものにそこまで白熱したバトルを要求するのもなんかおかしいんですけどね。なのはとかの悪影響だよなあ、この点(苦笑)。
 というわけで、個人的にはそこまで傑出したものがあるとは言い難いかなあ、程度。

 その他。CG。いやまあ、原画買いという側面があるのを否定できない訳で。システムは…必要最低限は揃っているものの、メッセージ表示速度に瞬時表示がなかったり、非アクティブ時に動作しなかったりと操作系でプラスになりうる要素はなし。エキストラモードでシナリオチャートと各話別リプレイがでてくるのは加点してもいい要素といえます。音楽とかもまあ、並。

 お気に入りは八重野撫子。ほら、黒髪ロングはお気に入りと推定すという私内法規がありますから?

 総合評価は中の下。可もなく不可もなく…致命的に駄目な点はないですが、それ以上のものはないし…若干分量が少なかったのでその点があるからBそのものとはいえないかなあ…
 良きにしろ悪しきにしろ時機を捉えた発売時期だった、という感は無きにしも非ず。話題になってるから買い的なところはあったんで、むべなるかなといったところですか。





 ななついろ★ドロップスと帝國海軍

・駆逐艦撫子 八重野撫子

 八重野撫子。メインヒロインなすももの親友にして、親友の想い人に心を寄せてしまって友情との狭間で苦しむ黒髪ロングクール系。というわけで、上述どおり一番を選ぶならこの子かなあ。惜しむらくは、攻略可能ヒロインの中ではただ1人(母数が3人しかいませんけど)、格下と言うか準ヒロイン扱いなのが実に残念…

 ナデシコ。ネルガル重工が開発した相転移エンジン搭載の宇宙戦艦。艦長ミスマル・ユリカ以下一癖も二癖もあるクルーが乗艦。主兵装はグラビティブラスト、後には相転移砲(つかYユニット)も搭載。なお、名前を継承した艦が2隻存在したり漫画版だとまた違った設定があったりしますが、そこまでは私はよく知りません
 …バカばっか…懐かしいフレーズですなぁこれも。

 さておき、帝國海軍の「撫子」は1918年計画の二等駆逐艦。ただし、建造予定中に計画が中止されており、実際には建造されていません。なお、海上自衛隊草創期には「ゆり」級警備艇の一隻(元LSSL80)が「なでしこ」として米軍より貸与されています。56年に貸与され、63年除籍、翌年返還。

・駆逐艦如月(初代、二代) 如月ナツメ

 如月ナツメ。生物の先生…ですが、実は異世界ともかかわりのある人間だったりする相談役。…はじめはラスボスかと思ったような怪し爽やかさがステキ。

 駆逐艦如月は秋色恋華、あやかしびとで既出。初代は日露戦争終了後竣工の「神風」型。二代はウェーク島攻撃時にF4Fの機銃掃射で爆雷が誘爆して爆沈した、実に不幸な「睦月」型。

・駆逐艦弥生(初代、二代) 雨森弥生

 雨森弥生。クラスメート。時々現れてボケ発言を残して去っていく…いわゆる天然。

 駆逐艦弥生はまじれす!で既出。これも初代は「神風」型。戦歴も大体似たようなもので(なにしろ名前からして同グループ)、目立った戦歴はなし。

 二代も「如月」と姉妹艦の「睦月」型。こちらは「如月」が沈められたウェーク島攻略では損傷で終わったものの、42年9月にニューギニア沖で空襲により沈没。長生きしたほう、とはいえませんね。