駄文置き場トップに戻る
D.B.Eトップに戻る


※なお、以下の内容は全てこじつけであり、実際にゲームのキャラ名が軍事ネタに由来しているというわけではありません。詳細説明については駄文置き場トップを参照してください。

 第二十三回(2005.4.9)
パルフェにみる帝國海軍



ネタ要目


タイトル:パルフェ〜ショコラ Second Brew〜
発売日:05.3.25
メーカー:戯画
総プレイ時間:10時間程度
傾向:メイド喫茶ADV
お気に入り:カトレア、涼波かすり
評価:A-

 メイド喫茶ADV「ショコラ」の続編。続編というか、舞台は前作の舞台をパクッた喫茶店「ファミーユ」。でもって出だしでその前作のキュリオ(の3号店:前作の舞台は直接には出てこない)打倒が目標に掲げられるという、続編だかなんだかよくわからない話。
 まあ、実際には打倒とか言ってもそんな殺伐としているわけではなく、両店の関係も良好なんですけど。一部を除き。本店もチラッとしかでてこないので、前作をやってなくても特に問題はないかと。

 感想とか…は…独り言以外の何か(仮)さんが凄い気合の入った感想考察を書かれているので、ネタ系駄文書き、というかそれはそうとから軍事ネタにつなげるしか能がない(しかも内容は薄い:薄い、ですよね?)リアルでんきやみたいな私には書くことがないなあ。重いシナリオから軽い(というか甘々)シナリオまで、それぞれ非常によかったと思います。…かすりTRUEエンドのアレとか、ちょっと疑問は残りますが。
 あとHシーンの台詞が非常に甘々で破壊力満点。邪悪なのにも弱いけどこういうのにも弱い自分。…弱点だらけ?

 お気に入りは直球ツンデレなカトレア、あるいはかすりさん。まー姉ちゃんや里伽子たち主力級もいいとは思うのですが、ちょっと私には合わない部分があった…かな。

 総合評価は上の下。意地っ張りヒロインとかいいなあ、とか全員のシナリオが水準以上というのも珍しいとか。ただ、やっぱり攻略順には注意したほうがいいよなあとも。まー姉ちゃんと里伽子は後ろに回すべきかと。
 あと一シナリオはかなり短いですね。スキップが速いせいもありますけど、6×2シナリオあってゆのはなと同じくらいのプレイ時間。ちょっと物足りないかも。





 パルフェと帝國海軍

・戦艦香取、練習巡洋艦香取 花鳥玲愛  

 花鳥玲愛。パルフェのライバル(いや、格が違うのですが)、qurio3号店のチーフ。ツンデレ金髪ツインテール、の一言以外に何か説明って必要ですか?

 戦艦香取。日露戦争直前に英国に発注された最新鋭戦艦。当時建造中であった「キング・エドワードVII世」の準姉妹艦ということになります。「三笠」などに比べ、主砲、副砲の砲身延長、25センチ中間砲の搭載など、火力面で大幅な増強がなされています。また、火砲自身もそれまでのアームストロング式からヴィッカース式に変更され、発射速度、性能が向上しました。
 起工から2年(それまでの艦は大体3年かかっていた)で竣工したものの、残念ながら日露戦争には間に合いませんでしたが、日露戦争終結時の稼動戦艦はわずかに「富士」「敷島」「朝日」のみ(「三笠」は爆発事故を起こして使用不能)であったため、本型の存在はかなり心強いものだったと思われます。
 その後の戦歴はシベリア出兵くらい。日本海軍の一番地味な時代を支えた後、ワシントン条約で解体されました。

 練習巡洋艦香取。練習艦任務にはどこの海軍でも通常、旧式艦とか第一線には立てない艦が当てられます。しかし、その旧式巡洋艦群が練習任務にも大変なほど老朽化(なんとか練習艦任務につけるのが「八雲」「磐手」のみ)し、また海軍の規模も拡大して人材育成が急務となったため、37年第三次補充追加計画で練習巡洋艦の建造が決定しました。
 なお、他の国ではフランスが練習巡洋艦「ジャンヌ・ダルク」を31年に建造しています。
 建造は決定したものの、同年の計画で「大和」型や「翔鶴」型も建造しているわけで、一線級艦艇でもない練習巡洋艦に割かれた予算はかなり少なく、一隻につき「陽炎」型駆逐艦3分の1隻分(「大和」の約40分の1)の予算しか割り当てられませんでした。このためもあって、船体は商船式で非装甲、機関もタービンとディーゼルの併用でしたが、武装は練習用に各種のものを取り揃え、練習航海で外国で式典を開いたりするために、長官室の内装には金がかけられ、また任務の性質上居住性にも配慮がなされていたといいます。
 しかし、竣工した時点で既に40年。華やかな遠洋練習航海なんかできる状況でもなく、「香取」「鹿島」は大陸沿岸の練習航海どまり、「香椎」に至っては練習巡洋艦任務に就くことなく戦争に突入。開戦後はその艦内スペースを生かして潜水艦隊旗艦などに利用されることになります。
「香取」は潜水艦隊である第6艦隊旗艦として転戦、海上護衛総隊に編入された44年2月、トラック出航後にトラック空襲に遭遇、雷撃を受け航行不能に陥ったところを米重巡「ミネアポリス」「ニューオリンズ」の砲撃を受け、撃沈されました。

・駆逐艦涼波 涼波かすり  

 涼波かすり。パルフェのパティシェ見習いにしてフロアの仕事もこなすマルチプレイヤー。実家は和菓子屋で、そのためパルフェにくるときに主人公と駆け落ち騒動を起こしたり起こさなかったり。…気さくな性格をしているのですが、実はパルフェ店員で一番まとも…?胸は小さいけど。

 駆逐艦涼波は「夕雲」型。本型はその前の「陽炎」型の改良型(船体延長、主砲の仰角引き上げによる「一応の」対空射撃対応)。「陽炎」型とともに甲型駆逐艦と総称された日本駆逐艦隊の精鋭でした。精鋭ゆえに第一線に投入され、竣工19隻全艦が喪われています。さらに、建造が戦争突入後44年くらいまでということもあり、開戦と敗戦の混乱で計画建造数や建造中止艦数などが今ひとつはっきりしていません。なかには「秋雲」のように最近まで「陽炎」型か「夕雲」型かわからなかった艦すらあるくらい(今は「陽炎」型に分類されている…はず…今ひとつ自信が…)。
 「涼波」は43年7月31日に竣工、すぐさま前線へ進出するものの、11月のラバウル空襲で早々に沈められてしまいました。


・特設水雷砲艦飛鳥 雪乃明日香  

 雪乃明日香。パルフェの最年少店員にして、主人公の家庭教師の教え子。実は各キャラの中で一番アグレッシヴだったり、由飛いびりが結構激しかったり小悪魔で策士で最年少にして最巨乳だったり。…じょしこーせーって怖いなあ…

 特設水雷砲艦飛鳥はIZUMO2で既出。元中華民国の砲艦「永健」。上海で沈んでいたところを鹵獲され、以降支那方面艦隊で活動。45年5月に爆撃を受け、着底。


・航空母艦葛城、海防艦葛城 桂木美鈴  

 桂木美鈴。明日香のクラスメート。

 「葛城」はFate、花咲くオトメのための嬉遊曲で既出。空母のほうの「葛城」は機関の製作が追いつかなかったため「陽炎」型駆逐艦2隻分の機関を流用しています。